ユニフォームも手に入れた。
勝ち点3のお守りも買った。
新しいスカートを買って、ユニフォームと合わせてみた。
ビールを飲もうか迷った。
お昼ごはんは全部食べれなかった。

実は、昨日からドキドキしてた。


ちょっと調子良すぎると思った。
TG勝ちすぎだと思った。
宏太が期待させすぎて、社長も期待させていた。

とはいえ、PSMは面白かったのは確かで。


サカダイの予想では玉乃氏だけが2位にしてくれた。
ちょっとそれもなんだかなあ、だった。
マッチデーではみんながみんなプレーオフ圏外だった。
ちょっと悔しかったけど、期待されないなら暴れまくってやろうと思った。





そんなこんなで開幕戦は始まる。




年齢層の高いスタメンで、進藤のつやつやしたお肌がその中で目立っていて。

「どんなサッカーになるかなー?」とウキウキわくわくの私を
始まって10分で「(゚⊿゚)ツマンネ」→こんな顔にさせた。

動かん。
動かん。
全然動かん。
前日に見たJ1と比べると比べ物にならないくらいに動かん。
ボールはとれんし、シュートにも行かん。
相手はバタバタ倒れるけど、それをどうにかする術がない。
ベテランが揃っているのに落ちついた状態とは程遠い。
動かないサッカーを見せられた、見せつけられたという感じ。


もっさり。


そう、一言で表すと「もっさり」
ちょーどよい言葉「もっさり」
もっさり感満載のサッカー。
それが、2月28日 北海道コンサドーレ札幌のサッカーだったと思われる。

もっさりしながらも、偶然勝てるときはある。
今日はそれさえも無く、どっこいどっこいのヴェルディさんに
交代選手の助っ人さんにカウンターでやられた。
ベテランがいたにもかかわらず、だ。
(*´・д・)(・д・`*)ネー


もっさり感は選手自体がもっさりした動きしかできなかったからではないべか?
本当にこのスタメンで行けると思ったのだろうか。
なんだかなあ、と思うところはあるけれど・・・・・



でも。
でもさ。

きちんと負けたことにより、きちんとした危機感を抱けたような気がする。
昨年の福岡みたいになれるかどうかはともかく、
危機感を持って、次の試合に向って行くことができるのではないかなー、
なんて思っている。実はね。


勝ち点「1」を連ねるよりも、負けてもいいから「連勝」を。


これ、今年のわたくしの基本コンセプト。
コンサに対する基本コンセプトである。

今年の必須事項は「連勝」
2連勝はデフォで。
3連勝以上を複数回絶対に。


だから、今日は下手に同点になって「負けなくて良かったあ」と安心しなくて良かったと思っている。

「負けなくて良かったあ」を続けると
気がつけば「実は勝ってない」ということになる。
「負けてない」に隠れて「勝ってない」ことに気づかなくなる。



いいですか?



勝つか 負けるか
それが男じゃ!



そうやって昇格をつかみ取れーい!




と、いうことでよろしくお願いいたします。









で、本日の試合。
唯一、光り輝いていたのは、石井ちゃんこと石井謙伍である。
もさもさしているところに、しゅるしゅるしゅるとボールを奪い、
さらにしゅるしゅるしゅるしゅると駆け上がっていた。
テレビを見てると突然画面にカットインしてくる石井ちゃんに
2,3度驚かされたのも事実である。

たぶん、公式サイトの選手一覧に忘れられた事が「何ですと?」となり、奮起したに違いないのである。
(※違う)


次の試合は石井ちゃんに期待するのでございます。









がんばれ。




ではでは。
( *・ω・)



[PR]
by keme-0619 | 2016-02-28 19:46 | サッカー | Comments(0)

ども。
わたくしです。
(´・∀・)ノ

函館方面行ってました。
一泊二日道南の旅。



「北海道新幹線開業試乗会」
 木古内 - 新函館北斗



年末に応募したんですよ。
くじ運の悪い我が家ですから、ダメ元で応募しましたの。
したっけ、まさかの大当たり!
ヽ(。・∀・)ノ

急いでホテルを予約して、1泊2日で行ってきました道南の旅。







試乗会は初日2回目の木古内発ー新函館北斗。

木古内駅15時15分発 → 新函館北斗駅(折り返し) → 木古内駅16時12分着(木古内駅集合・解散)

往復1時間の予定です。
ま、実際に乗ってるのは片道10分ちょっとですね。
木古内までは札幌から車で行きまして、なんだかんだで新しい木古内駅へ到着しました。


わくわく感がダダ漏れしているわたくし。
笑顔で受付をして今回の4人分の乗車パスを受け取りました。

b0006798_20572776.jpg
6号車です。
新幹線は10両編成でしたね、たぶん。
で、普通車ですね。普通の席。
今回は、グリーン車とグレートなグランクラスは見ることができませんでした。

15時15分発車なんですが、車両がやってくるのは14時42分ごろ。
木古内駅で受付終了したのは、14時20分くらい。
「おや?やってくるところが見れる?写真撮れる?」
と、いうことでホームでじっと待つことにしました。

写真撮影ポイントを探し、担当のお姉さんに聞いたり、周りの動向を確認したり、
そんなこんなで待っていましたらやってきたんです。緑のあいつが!

b0006798_19444993.jpg
かっこいいです!
ピッカピカです!
シュッとしてます!
触りたいです!
でも、だめです!
(*´・д・)(・д・`*)ネー

大撮影会が開催されてます。
あちこちでカメラがパシャパシャいってます。
私たちも新幹線をバックに写しまくりましたww

b0006798_19444837.jpg
車体には北海道のまーくっ!
パープルの線はライラックを表現っ!

b0006798_19444914.jpg
グランクラスは入口のみっ!



そして、6号車に乗りこみ出発を待ちます。
待っている間、この車両「H5系車両」について説明のアナウンスがありました。
なんだかんだ説明してから
「窓のブラインドはアイヌ文様や縄文時代の文様をデザインしてます。ぜひ、引いて見てください」
と言うものですから、ひっぱってみましたよ~。

b0006798_20253679.jpg
素敵な文様のブラインド。



そのほか、座席にはコンセントが付いてたり、
ヘッドレストが動いたり、前後の座席間は余裕たっぷりで座りやすかったり、
ひと通り車内を堪能しましたら、15時15分となりました。

出発の時間です!



すぅ~。
そう、すぅ~。
すぅ~っと動き始めました。
それはそれはスムーズなスタートでした。

「これが新幹線なのねっ!」



思えば、高校の修学旅行で乗ったのが最初で最後。
新幹線とは無縁の生活でございました。
それが、北海道の新幹線に一般人として一番乗りできるなんて嬉しいじゃありませんか(号泣)

そしてこの日の最高速度260kmは乗って数分で出ました。
入口の表示板に出るかと思ったら、アナウンスで「今、260kmが出ました」と。
カメラを表示板に向けていた旦那はちょいとガッカリしてました。
体感的には全然わかりませんでしたww

「じゃ、外の景色でも」と思いましたら、カメラを向けるたびにトンネルに入りまして(爆)
天気も悪かったですし、絶景を撮影することはできませんでした。
これが、限界。
b0006798_20253697.jpg


10分ちょいとで新函館北斗駅に到着。
ここで30分の休憩です。
駅の構内をめぐります。

ところが、この新函館北斗駅、駅前はこんな感じなんです。

b0006798_19444843.jpg
なんもない。
なーんもない。
3月26日には賑わうのでしょうかね?
さて、どうなるのでしょ。

でも、駅舎はりっぱできれいですよ~!


そして、復路です。
新函館北斗から木古内に帰る時は「あっ!」という間に到着しました。
同じ10分ちょっとなのに速いわねー(´・3・`)










と、いうことで。
実際に乗っていたのは25分もなかったと思われますが
とてもとても楽しい試乗会でございました。

で、帰りにはこれ。
b0006798_19444802.jpg
証明書をいただきましたよ。
ストラップですよ。
うふふふふ。
(n´v`n)





あ、受付時には重い紙袋をいただきましたの。
したっけ、中にはいっぱいのグッズ。

b0006798_19444896.jpg
今見たら、結構オークションに出てましたね。


あたしゃ、出さないよぉ!
自分のためにとっとくよぉ! @けめよ。








新幹線の試乗会に参加できて本当に楽しかったですわー。
開通後に乗るかどうかはまだ不明ですけど(爆)
ちょいと東京まで行ってみたいかも。新幹線で。

グランクラスってなんぼするんだべ?















では、最後に木古内駅で出会ったみなさんを。

b0006798_19444971.jpg
b0006798_19444956.jpg
b0006798_19444922.jpg
シュールだね。
( ´・∀・)(・∀・` )ネー











ではでは。












[PR]
by keme-0619 | 2016-02-14 22:12 | なんだかんだ。 | Comments(0)

ども。
わたくしです。
(。・ω・。)ノ


今年はサカダイの選手名鑑を買いました。
うん、こっちの方が見やすい。
字は小さいけど。
小さいけど。
小さい。
小さ。

(。・ω・)(・ω・。)ネー


色々なコメントを読んでいくのがまた楽し。

金山には「とにかく明るい金山」
イルファンのお勧めスポットは「suage3」
suageのスープカレーはわたくしも大好き。


だが、しかし。
進藤は「グラウンド内外と問わず、常に冷静」だと?
・・・
そうなのかい?( ´゚д゚)ン?
知らなかった(。・ω・)(・ω・。)ネー








それはさておき。



ここ最近、ゼロックス杯にあわせて「Jリーグマスコット総選挙」てのをやってます。
当日は、各チームのマスコットが大集合して、センターポジションを争います。
われらがアイドルドーレくんは、もちろん毎回参戦しておりますの。
センターポジションはサポーターの投票で決まるのですけど、
今年はその方法が「?」な感じでございました。


昨年は、公式ページからポチっと投票。
1日1回という制限がありましたが、IPアドレスを変更すればなんぼでもOKだったので、
裏わざ的にどんどこ投票する人がいたり、全く投票できない人がいたり。
不公平感が否めませんでした。

それに気づいたのかどうなのか。
今年はレギュレーションを思いっきり変更してきましたの。
それも思い切った内容で。

-------------------------------------------------------------
投票方法1
「Jリーグマスコット総選挙投票ページ」の各マスコットごとの投票ボタンを押してTweetをする!

投票方法2
Twitter上で指定ハッシュタグを含むTweetをする!
-------------------------------------------------------------
これだけだと、Twitterを使うのねえくらいにしか思わないんですけど、
「注意事項」が問題でした。

「指定ハッシュタグを含むツイートに対する“リツイート”も投票としてカウントされます」


リツイートがOK。
本当にこれって大丈夫なのか?
知らんぞ、どうなっても知らんぞ。

だって、リツイートしまくりでしょう。
どうすんだこれ、と。
何考えてんだ、と。
あー考えてないんだ、と。

たぶん、この方法を考えた人たちってTwitterをあまり使わない人だったんじゃないか、と。

と、いうことで。
わたくしは、1日1回~2回。
リツートは公式アカウント、または気になるやーつのみ。
そう決めてドーレくんに投票してました。

したっけ、途中で、なんだかコンサのサポーターをぶっ叩いているアカウントがあることを知りまして。
なんでしょ。機械的に投票して卑怯だ的な。
いやいや、うちだけじゃないべ、と思いつつ。
でも、そんな風に言われるとちょいと考えちゃって。

ま、機械的なbotはカウントされないはずですけどねー。

けどけど、他の人から「不正や!不正!」と言われると、こっちも躊躇しますわね。
もしかしたら、敵はそれが狙いだったのかもしれませぬ。
だって、1回目の中間発表で2位だったドーレくんが、
騒ぎ出してから4位に下がったんですもの。
1位はドロンパ。
何故だ?何故にドロンパが1位なんだ?

さて、この結果をあなたはどう見る?



リツイートがうざーい、とか
早く終われー、とか。
そんなつぶやきも徐々に増えてきました。
わたくしは、スタンス変えずに1日1回~2回。
このペースで最後まで行くと思っておりました。



投票の締め切りは2月12日(金)17時59分。

洗濯が一段落すると時計は17時20分を過ぎていました。

おや?もうすぐ締切ね。
ちょっと力入れてみましょうかしら。

ソファに座り、スマホを手に取り、BGMにはKAN「6×9=53」
「scene」を歌いながらドーレくんのハッシュタグつけて、
のんびりツイートしてました。

したっけ、残りの時間が少なくなってくると同時に
わたくしのTLはリツイートの嵐となってきました。
わたくしの投票つぶやきがあちこちに回りまくっています。
通知欄には「7」とか「8」とか、数字が続けて表示されます。
画面をスクロールしていくと、タグの嵐。ドーレくんのタグの嵐で
流れてるというより、激流のようでした。



そして、残り10分。
わたくしのツイートも、一言+タグの組み合わせで
今までにない量と速さのツイートで。
そして、それをリツートしてくれるみなさん。

終了の時間が迫ってくるのと比例して、リツイートの数は増えていきます。
どんどこどんどこ増えていきます。

戦っている。
みんなで戦っている。

そんな気分になってきました。
ドーレくんをなんとかセンターにしたい。
それは、AKBのファンがCDを100枚も200枚も買って、
投票券をGETする気持ちと全く変わりはないのです。


「ドーレくんをセンターにっ!」
というみんなの気持ちが一つになって、
私たちは戦っているのだああああああ!



ま、大げさに聞こえるかもしれませんけど、
ホント、そんな気持ちでございました。

17時59分が過ぎ、18時ちょうどを迎えたころ
投票大会は終了いたしました。



なんでしょ。
逆に清々しい気持ちになりましたよ。
やりきった感と一体感。

楽しかったです。
正直、この10分間がこの大会の一番の盛り上がりポイントだったのかもしれませんね。



あとは、結果を待つだけですわ。



ドーレくんが1位だったら、本当にうれしいなあ。












とはいえ。
来年もこの方法で・・ということは無いでしょ。
投票方法は変更していただくことを希望いたします!
(`・д・´)キリッ






10分間の幸せをありがとうございました。
(。・ω・。)ノ











ではでは。
(。・ω・。)ノ


















[PR]
by keme-0619 | 2016-02-12 22:52 | なんだかんだ。 | Comments(0)

6×9=54ではない。
実は、6×9=53なのである。








2月4日(水)発売のKANちゃんのアルバム。
「6×9=53」
すっかり注文したつもりで、家に届くのを待っていたのですが
フラゲも当日も来ない。
来やしない。
当り前ですわ。だってネットで注文してなかったんだもの。

で、慌てて本日仕事帰りに買いましたよ。
残り1枚でした。ま、きっと入荷数が少ないのでしょうけど。
発売3日目で残り1枚というのは、良い傾向かもね。


雪まつりで冷え切った身体がお酒で温まり始めたころに
CDを聞いてみました。



結論。
「ぜひ聞いてくれ!ほんと、聞いてくれ!」









それでは、順番にご案内いたしましょう。




【Listen to the Music ~Deco☆Version~】

あら?なんで今頃この曲がアルバムに?
なんて思ってたら、最後のアルバムが2010年で、この曲は2011年12月。
そりゃ、アルバムに入れますわなあ。

で、アレンジを若干変えて収録ですね。
ストリングスから始まってます。
クラシックみたいです。

ストリングスから、通常のイントロに入ります。
「でっででっででっででっ」というところが何故か好き。


やっぱりいい曲ですねえ。




【胸の谷間】

「丸いお尻が許せない」を彷彿とさせる曲が出来上がってました。
潔くエロを題材にした曲。
かえってすがすがしく、カッコいい曲に仕上がっておりまして。
ライブじゃ大盛り上がりでしょうな。

が、しかし。
よくよく聞いてみると、対象者の女性の年齢が・・・。
KANちゃんもいいオジサンだからねえ。
年相応とみてあげましょう。




【ポカポカの日曜日がいちばん寂しい】

佐藤竹善さんがコーラスで。
非常に心地よく、そして英語のように聞こえる歌でございます。
歌詞の中にポールサイモンが出てくるから、
テイストはサイモン&ガーファンクルなのかな。

とにかく、二人のハーモニーは必見ならぬ、必聴ですな。




【安息】

歌詞はミスチルの桜井さん。
KANちゃんとの夢のコラボという感じでございますね。
ミスチル的ではありますけど、桜井さんの基礎の中にはKANちゃんがいますからね。

きっと何度も聞いていくうちに、侵食するように心に入ってくる曲なのかもしれません。







【どんくさいほどコンサバ】

この歌ね、
「どーんくさーい」
「ほーどー」
「こーんさー」
「バーティーヴぅ」

と、いう感じで歌うの。
だから、
「どーんくさーい、ほーどー、こーんさー」
「どんくさいほどコンサ」と聞こえたり聞こえなかったり。

そんな私はコンサ脳。


とーにーかーくー。
めっちゃかっこいいから!この曲もっ!








【scene】

LIVEですでにお披露目している曲ですよ。
新曲としてお披露目している「スキマスイッチ的な曲」
と、いうことで、ご本人様にも許可を得てたはず。

CDとなった完成品を聞きますとね、さらにスキマスキッチ感満載。

「君ならばできるって」
「今がその時だって」
「世界は開けるって」


今度のLIVEでも絶対に聞きたい!
よろしくっ!







【ブログ!ブログ!ブログ!】

個人的イチオシの曲でございます!
ピースv(゚∀゚ ≡ ゚∀゚)vピース

Perfumeです。
これ、完全にPerfumeなんです。

前回のアルバム「カンチガイもハナハダしい私の人生」では、
「REGIKOSTAR ~レジ子スターの刺激~」がPerfume枠として収録されておりました。

で、今回はこれ。
ブログを通した恋の話。
それをPerfumeっぽく作ってます。

ん?それとも、きゃりーぱみゅぱみゅ?

ま、どっちでも良いです。
大好きです。この曲、大好きです。
カラオケに行ったとしたら、歌います。絶対に歌いますのでよろしく。





【桜ナイトフィーバー】




だれが何と言おうと名曲!









【寝てる間のLove Song】

ピアノの弾き語り。

ストレートに
素直に
君が好きと唄う歌。

LIVEの最後はピアノでバラードと決まってまして
この曲は今度のライブで最後にお披露目かな。



ただ。
たぶん。
J-POP史上初の「おしっこ」という歌詞が入った歌だと思うの。






【ロックンロールに絆されて】

ろっくんろーるにほだされて。

「絆されて」って「ほだされて」と読むのね。
この年で初めて知りましたわ(違)

佐野元春だよね。
これ、たぶん佐野元春。
佐野元春的な曲。

で、コーラスが馬場俊英くんなんですが、
彼の歌声からこの曲は始まります(爆)


そして唐突に出てくる「おっぱい」


ほんとにもおー(笑)
(ノω`*)アチャー










【<DVD> Recording Documentary〔6×9=53が成り立つまで〕】

おまけにDVDが付いてます。
このアルバムができるまでの制作過程が収録されてます。

これが1時間くらいあるんですけど、面白いです。
KANちゃんは凄い音楽家であることがわかります。

プロを目指している人、音楽が大好きな人、
自分で曲を作る人、KANちゃんの音楽が大好きな人、
そんな人たち必見のDVDです。










どうです?
聞きたくなったでしょ?
KANちゃんの素晴らしき世界へようこそ。













あ、KANちゃんは53歳。










ではでは。
(`・ω・´)ゞ














[PR]
by keme-0619 | 2016-02-05 22:30 | 音楽 | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29