ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ





25日から聞きまくってます。
ええ。
あれですよ。
あのCDですよ。
KANちゃんの最新シングルですよ。


桜ナイトフィーバー!
(●>ω<)ノ゙



思えば。
最後のシングルは2011年の「Listen to the Music」
2011年・・・コンサがJ1昇格を決めた年でしたね。

ん?
じぇいわんしょうかくぅ?
(●´З`●)


もしや・・・これは・・・伏線?













【桜ナイトフィーバー】

初めて耳にしたのは、去年のライブ。
KANちゃんのバンドツアーで。

新曲作りました~!
はい、踊ってください~!
ぱんつまるみえ~。
 ※詳細についてはDVDをご覧ください。


懐かしい80年代っぽいディスコのリズム。
クラブではなく、ディスコ。
わたくし達年代には懐かしいけど、若いみなさんには新しく聞こえるんじゃないかという可能性もあるかもしれないような気がする今日このごろ。



ま、それはさておき。



好きだ。愛してる。
会いたい。会えない。
ふるえる。震える?


と、いうような恋の歌が多い世の中。
そんな世の中を逆行するかのごとく、
いや、100m先を突っ走るかのごとく、

桜の気持ちを歌ったこの歌。



社会派ディスコソングでございます。




そうだよね。
夜中までどんちゃん騒ぎして、
ライトつけられて、
眠れないよね。




そりゃ、夜は眠りたいよね。





今年の桜はいつもとは違う目線で見るかも知れない。







しかしながら、
52歳にしてこの歌を作り歌いまくるKANちゃんは
やはり天才だと思う。











【表参道】

「桜ナイトフィーバー」のカップリング曲。
そして、「オーシャンゼリゼ」が原曲。


だから、

「お~もってさんどお~」と歌う。



アレンジはビートルズの「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」
最後の最後にあの歌を歌ってる。
「All You Need Is Love」では「She Loves You」を歌っているように。
よ~く聞いてみて。
耳をすませて聞いてみて。

ヽ(≧∀≦)ノ



そう、「表参道」は
この1曲でさまざまな曲を楽しむことができる。
という、かなりお得感満載の曲なのである。



で、歌詞だ。歌詞。


「東京に来い」のあの店が出てくる。
カフェオレ飲みまくる。
韻を踏みまくる。
かわいい女の子が出まくる。



あ~、KANちゃんらしいねえ。
と、思わさる。








東京に行ったら表参道をこの歌唄いながら歩くんだ。










【桜ナイトフィーバー 表参道 instrumental】

歌なしの曲のみ。

KANちゃんのアレンジを楽しむことができるインストはわたくしの大好物。
桜も表参道もインストだけでも十分楽しめる。

オーケストラのアレンジをやっちゃうくらいのKANちゃんだから
非常にレベルの高いインストになっている。と、わたくしだけが思っている。


もう、ね。
わたしくの大好きなフレーズだらけで
心わしづかみ。



つかんで離さない。




ああ、離さない。




離れたくない。




そばにいて(違う)




















あ、昨日のSTVラジオでは
吉原宏太と夢の競演!
わたくし得!


KANちゃんは野球好きなのでね、しゃーないけどさ。
野球の話になっちゃったけど。
コンササポにはKANちゃんファンが多いのよ。ホント。

宏太に事前に教えてあげれば良かった(爆)



コンサの応援歌でも作ってくれないかのう。















「桜ナイトフィーバー」絶賛発売ちう。
(・ω・)ノ

どぞ、よろしく。
(・ω・)ノ


ではでは。
(・ω・)ノ









[PR]
by keme-0619 | 2015-02-26 22:15 | 音楽 | Comments(2)

福祉保育科に通う娘が帰ってくるなり
この著者のことを話し出しました。

東田直樹さん。
彼は自閉症。
跳びはねるという独特の行動をし、
奇声、独り言、雄叫び発する。
だから、
普通の「会話」というコミュニケーションは困難。


この本は、その東田直樹さんが書いた本なのです。

「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」






たぶん、この本を読んだ人の殆んどが驚くに違いないでしょう。
私も驚いた。娘も驚いた。

何故なら、「まともな文章」だから。
非常に失礼な言い方になるかもしれないけど。
自閉症の人が書いたとは思えないくらいだから。


豊富な語彙。
感性あふれる文章。
自分に対する冷静な分析。

この本を読んでると、「本当に彼は自閉症なのか?」という疑問が湧いてきます。



が、しかし。
彼はれっきとした自閉症者。
この本を読む前に、youtubeで上がっていた
彼の特集を見たので、実際の状況を確認できました。


そう、画面に映る彼は、私達が想像する自閉症者そのものだったからです。












では、何故、彼はこれほどの文章が書けるのか。
ま、詳しくは本を読んでいただきたいですけど。


彼は自閉症ではありますが、知的障害ではありません。
でも、その見た目、コミュニケーションの取れない状況から
知的障害と判断されてしまいます。

彼の母親は、文字に固執する彼を見て、どんどん言葉を教えていったようです。
それにより、彼には思考する力がついたのでしょう。

しかし、身体は「壊れたロボット」。
自分の思い通りにはならない。

そんな彼の思考を表現するきっかけを作るために、母親が色々な工夫をしました。


それが、文字盤を使った「ポインティング」です。
文字盤を指差しながら、言葉を発すると他人との会話が可能になります。
ロボットとの会話のようにも見えますが、会話です。ちゃんと会話ができます。
自分の頭でいつも考えていることを表現できるんです。


自閉症という見た目と、会話の内容にギャップがありすぎて・・・。
本当に驚くばかりです。






そんな彼の著書である「跳びはねる思考」は、
自分の自閉症を冷静に分析し、私達にもわかりやすく解説してます。
ま、いろいろな症状があるので、一概に全部の自閉症が同じだとは思いませんが、
少なくとも、私達と同じように考えることができる人がいる。
それを知ることができました。






そして、一番大切なことが
「刺すような視線」をしないようにするということを。




彼が一般社会に、つまり家の外に一歩出ると
「刺すような視線」がたくさんあり、
それが一番の恐怖だということで。


自分におきかえると、そんな視線の中で暮らしていけるのか疑問に思います。

だから、彼の恐怖を想像すると、心が痛くなりました。





でも、
そうは言っても、
私はやっぱり、人としてまだまだです。
私はやっぱり、非情な人間です。

正直、
帰りの地下鉄にいつもいる知的障害っぽいおじさんが近づくと怖いです。
帰りのバスにたまにいる、エア友達とずーっと会話している青年が隣に座ると怖いです。


彼らが、実は思考的には正常であっても
見た目で判断してしまう私は優しい人間ではありません。




それでも、そんな私ですが
「刺すような視線」だけはしないようにします。
「刺すような視線」だけはしたくないです。





頑張ります。







と、いうことで、
目からウロコが落ちまくります。
ぜひぜひ、読んでみてください。











ではでは。
(・ω・)ノ








[PR]
by keme-0619 | 2015-02-23 17:28 | | Comments(3)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


昨日、休憩時間に携帯を開いたら
娘からのLINEが来てました。
「はて?」と思いつつ開いてみると、
テレビ画面の写真が送られておりましてね。

で、そのテレビ画面に映っていたのは・・・。



まさしく、わたくしと娘でございました!


番組は夜中に録画した「Get Sports」
稲本の特集があるので録画していたんです。
したっけ、あーた。
ファクトリーで会見を見てた私たち母娘がバッチリと!
ええ、わたくし、全国でびゅうでございます(笑)

帰宅後、即効で録画を確認したのは言うまでもございませぬ。










2月も後半に入り、自分の座っている周りを見てみると
紙が溢れに溢れていました。
本やら雑誌やらノートやらコピー用紙やら。

で、突然思ったわけです。
「片付けよう(・ω・)」

月曜日の夜に。



わたくしは、大好きな物を自分のそばに置きたがります。
と、いうことで、わたくしの周りはコンサコンサコンサ関係が主。
新聞の切り抜きとか、MDPとか、月間コンサドーレとか。
で、次に、サカダイとかJ2マガジンとかサッカー批評とか。

と、いうことで。
古い雑誌を別な場所に移して、2015用のスペースを確保しようとしたんです。

したっけ、奥さん。
ある意味「お片づけあるある」ですわよ。
本を片付ける時に、思わず読み込んでしまう。
その状態に陥りましたとさ。

出したはいいけど、進まない。お片づけは進まない。

2011年からの公式グラフとか見てたら、懐かしさに涙しそうになりましたよ。
ユースっ子の成長度合いも面白いし。
子供の顔から青年の顔になっていくのね。

うちのうっちーや日高はおじさんになっていくし(爆)
みやざーや慎也くんは大人になっていくし
時の流れは面白いわ。

ま、それだけわたくしも歳をとる。



うきゃきゃ!うきゃきゃ!としていたら
はっ!と気づく。
「片付いてない(・ω・)」

本棚も足りなくて、どこにしまおうかなあ。
小説やらなんやらもたくさんあるし。
足りない。本棚が足りない。

「壁一面が本棚だったらいいのにねえ」と思わず言ったら
旦那が白目になりながら、わたくしの後方を指差しました。



あ!



そうです。
あったんです。本棚。
天井まで収納できる壁の本棚。

わたくしの後ろに。


(・ω・)



10年前に家を建てたとき、
唯一、わたくしがオーダーしたのは本棚。
据付の本棚。天井まで届くくらいの。
本棚というか「A4サイズの紙が収納できる大きさで」と言ったので
結構大きめ。

ところが、その本棚には本は一部しか入っておらず
後は飾り物だとか、化粧品だとか、文房具だとか・・・。

収納場所を間違えましたな。



本は本棚へ。
その他の物はその他の場所へ。





基本よね。
(・ω・)






と、いうことで。
本棚を本棚として使うべく、わたくしは本日も片付けを実施しています。



がんばれ!わたくし!
o(*’▽’*)/☆゚’













あ、レイソル勝って良かったね。
本当は5-2くらいで勝っても良かったのにね。




ACL優勝目指してっ!













ではでは。
(・ω・)ノ








[PR]
by keme-0619 | 2015-02-17 23:55 | なんだかんだ。 | Comments(0)

【2月8日(日)】
既出ですけど、エスポの試合に行きましたね。
そこでもらったMDP。
「これ持っていくと、14日のレバンガの試合が無料で見れますよ」

「何ですって!」

ここから1週間が始まったのでございます。







【2月9日(月)】
仕事帰りに娘とおそばと食べに行きました。
鴨せいろ大好きです。






【2月10日(火)】
仕事帰りにいとこのお家に遊びに行きました。
昨年生まれた赤ちゃんが1歳になったので、プレゼントを渡しに。
めんこいですな。
男の子なので、元気いっぱいで動きまくってました。

で、ちょうどそこに
別のいとこも来てました。
「久しぶりだね~、元気だったかい」と話しながら思いました。

イケメンになったなあ、と。
思わず言ったんです。「かっこいいねえ」

彼女に。そう、彼女に。
本当にかっこいいんだもん、彼女。
(・ω・)







【2月11日(祝水)】
8日にエスポを見て帰宅してから、レバンガのことを調べるのにサイトを開きました。
したっけ、トップページに現れたのは田臥でした。
そう、あの田臥 勇太です。
その昔、バスケ部だった娘は田臥のバスケクリニックに参加したことがあるんです。

「娘!田臥が来る!」

そして、急遽、この日レバンガを見に行きました。

リンク栃木ブレックスの田臥。
ど素人のわたくしが見ても上手でしたねえ。
そして、ちょいと宏太に似ていて。動いてるとほんとに似ていて。
二人で「コータに似てるよねえ」と話してたら・・・。

ほんとのコータ。つまり、吉原宏太もこの試合を見に来ていました!
あらびっくり。
そして、夢の競演ね。わたくしの脳内で(爆)

試合は残念ながら負けてしまいましたが、楽しかったですな。
で、演出がクラブっぽいですな。
ええ、クラブには行ったことないんですけどね。







【2月12日(木)】
この日は、キャッツを見に行ってきました。
その昔、札幌駅構外にあったJRシアターで見たんですよ。20年以上前に。
面白くて3回も見に行きましたよ。
だから、今年キャッツを上演すると聞いて、「絶対に行く!」と。

そして、行ってきましたわ~。
したっけ、すっかりストーリーを忘れていて、ほとんとが猫紹介だとは思いませんでしたが
楽しいミュージカルでした。

でね。舞台はゴミの中という設定で、ご当地ゴミがあるんですよ。
その中におハムのユニがあるらしくて、後ろの席でキャッキャキャッキャと探していて。
わたくしもコンサユニを探したけど・・・無かった。

そこで、わたくし考えた。
「コンサドーレのユニフォームは大切だから投げてないんだ」

そうに違いない。







【2月13日の金曜日】
前日に「明日早出できる?」と連絡が来たので
しゃーないから1時か早く仕事に行きました。






【2月14日(土)】
仕事は2時まで、試合は3時から。
「研修あるけど、今日残業できる?」と聞いてきたSVに
「今日はムリっ!」ときっぱりと断ったわたくし。
最後の案件をスパッと終わらせて、即効でビルを出ました。

間に合ったあ。
ヽ(≧∀≦)ノ

したっけ、あーた。
MCは潮音でしたわ。はりきってましたわ。
でも、何言ってるかわかりませんでしたわ。
マイクを通すと全部ガザガザガザガザ~って音になる。

それはさておき。

この日は、
和歌山トライアンズとの試合。
で、コカコーラプレゼンツだったので、ユニフォームが赤黒!
そう、レバンガが赤黒でした!
ん?黒赤かな?

で、レバンガはいい動きでどんどこ点が入ります。
和歌山は決めきれない。
ええ、やはり勝利には決めきる力。
そう、決定力ですよ。
エスポ見て、レバンガ見て、そしてコンサと。
最後に決める力の差で試合は決まる。

と、言う結論に達しました。

そして、レバンガの勝利!
o(*’▽’*)/☆゚’

ちなみに、タイムアウトとかハーフタイムにTLを。

0-5で名古屋に負けたコンサ。
変わらんのか?コンサは変わらんのか?







【2月15日(日)】
エスポラーダ北海道の最終節。
対 アグレミーナ浜松。

浜松は最下位なんです。
だから、楽勝で勝てると思ったんです。

したっけ、開始15秒で浜松ゴール。
(・ω・)

おい。おいおい。

そのあと、2分くらいでまさかの浜松ゴール。
(・ω・)

おい。おいおいおい。

下位に負けるなんて、どこのコンサドーレだ?
と、思いながら試合を見てました。

が、しか~し。

じゅんせいさんが1点を返し、1-2
室田兄がゴールを決め、2-2
あれですな。気持ち的に0-2と1-2は全然違いますな。
特に、フットサルだとゴールが決めやすいというのがあるのか
コンサの1-2よりも、気持ちが楽になってました。

だから、2-2になったときには「こりゃ、逆転だな」と。

で、後半に鈴木選手が逆転ゴールを決めるのでございます。

うひょ~!と小躍りするわたくし。

とはいえ。
終わるまでわからん。
だって、先週の名古屋オーシャンズ戦は残り5秒で同点にされたのですぞ。

終わりまでわからん。
わからん。
本当にわからん。


しかも。
残り「0.8秒」で浜松がタイムアウト。
ええええええ!
さらに、それはFK的なやつ。

ね?終わるまでわからないでしょ?



でも、終わったの。
ええ、無事に終わったの。
FKは枠を外れて、終わりのベルが鳴りましたとさ。


あ~、良かった良かった。
楽しい試合だったわあ。















と、いうことで。
きたえーるに通い詰めた1週間でした。










明日からは・・・。
メインは仕事だな。
がんばろ。












あ!
そだ!
荒野の2ゴールは素晴らしかったぞ!


















ではでは。
おやすみいのしし。
(・ω・)ノ










[PR]
by keme-0619 | 2015-02-15 23:55 | なんだかんだ。 | Comments(0)

まさかのあと5秒。

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


土曜日に雪まつりに行ってきました。
中学時代からの友人が誘ってきたので
二人で行ってきました。

ホットモヒートを飲んで
イカ焼き食べて
お茶漬けの素もらって
知らないグループのライブ見て
堪能してきました。

「お互い歳取ったよねえ(^◇^;)」と会話して
「じゃ、60歳になったらみんなで温泉に行こう!還暦の(笑)」
と、決まりましたとさ。
娘に言ったら「なんでそんな遠い約束を・・・」と言われましたけど、
いいんです。これでいいんです。

これが私達なのでございます。
(・ω・)









そして、日曜日。
「エスポ行こう!」と娘に誘われて行ってきました。

エスポラーダ北海道 対 名古屋オーシャンズ

7期連続優勝らしい名古屋。
今シーズンも現在1位。
強いイメージしかない名古屋。

爆発的なイベントはなかったにもかかわらず
お客さんは結構入っていました。
(・ω・)ノ

練習で出てきた名古屋のみなさん。
今までチームとちょいと違う感じが。
そう、ガタイがいい。
がっちりした体系の選手が多かったんです。
北海道民がほとんどのエスポと比べると良くわかる。

なんだか強そうな体。
ぶふ。
いや、そういう意味ではなく。

2年位前にユースとかU-15の試合を見たときにも感じたんだけど
北海道の子って体が小さいよね。
うん、絶対小さい。
ごはんはちゃんと食べてるはずなのにね。


そんな事も思い出した。



ええ、この体の違いが試合にも出てきたと思われます。
たぶん。
うん、たぶんね。







だってね、今日の試合は激しかったの。
じゅんせいさんがバッタバタと倒されて
名古屋のみなさんもバッタバタと倒れてて
ある意味迫力のある試合でございました。

ガタイだな。
だから、激しいんだな。


そう思いつつ時間は進んでいき、前半にエスポが1点。
そして、後半に名古屋が同点にしたとたん、エスポがすぐに逆転!
「おおお~!名古屋相手に勝ってますぞ!」

終盤に名古屋はパワープレーで攻めてきました。
したっけ、隙をついてエスポがゴール!
そう、3-1となったのです。
「こりゃ、勝ちだな。絶対に勝てる展開だな」


が、しかし。
世の中上手くはいかんものですな。

残り1分ちょっとで3-2となりましたよ。
(・ω・)

「あー、3点目入れといて良かったあ」
2点目を入れられても、先ほどの3点目が効いてきました。
そこで、ちょっと安堵してしまったんですね。
観客全員が勝利を確信したその時。
終了まであと5秒。
ええ、5秒のその時です。

名古屋の13番が同点ゴールですよ。
(● ̄  ̄●)




がっかり感が半端なかったっす。





人生ってきっと厳しい。




でも、楽しい試合でした。
いい試合を見れたな~、と素直に思って
来週も見に行こうと心に誓ったのでございます。











あ、ハーフタイムには子供達がたくさん出てきて
モー娘。の「恋愛レボリューション」を踊りましたの。
盛り上がったわあ。
しかも、MCの栗谷さんも一緒に!
ノリッノリのキレッキレのダンスで(笑)

コンサでもやって欲しいわあ。













さて。
この試合には続きがあって、
帰りにサツエキに行って買い物したんです。
したっけ、駅の構内にスーツ姿のガタイのいい
かっこ良い皆さんがいたんですね。
スーツケース持って。
そして、娘が騒ぐわけです。
「名古屋の人たちだ!」
そう、名古屋オーシャンズのみなさんだったんですよ。
わたくし達の他に気づいた女性もいて
その方と娘は彼らを追いかけて写真を撮ってもらいましたよ。

ええ、同点ゴールの13番、渡邊知晃選手に!
どのチームも13番はイケメンでございますなっ!
ヽ(≧∀≦)ノ








楽しゅうございました。










来週は勝利だぜ!エスポラーダ!












ではでは。
(・ω・)ノ





[PR]
by keme-0619 | 2015-02-09 00:09 | サッカー | Comments(2)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28