525600分。

Five hundred twenty-five thousand

Six hundred minutes

Five hundred twenty-five thousand

Moments so dear

Five hundred twenty-five thousand

Six hundred minutes

How do you measure – measure a year?





先日見た「glee 5」の1話目冒頭で歌った歌です。
最初の部分の歌詞です。
ドラマの中では亡くなったフィンのために唄ってたんですけど、
やっぱりいい歌だなと思って。




1年間は525600分。
それぞれの計り方がある。
どんなふうに君は計る?
愛で計れるよね。
愛で計ってみようよ。

という感じの内容で、
この世から去った友人に向けての唄でもあるらしいです。




そんな歌を聴きながら、
わたくしは2014年の残りを過ごしていくことにします。











今年の目標は二つありました。

コンサのJ1昇格と
作品をひとつ完成させること。

残念ながらどちらも達成できず。
ま、コンサはしゃーないとして
自分自身のことについては
わたくしの怠惰な性格が要因と思われます(笑)


心を入れ替えたんですけどね、色々。







2014年の525600分はもうそろそろ終了ですが、
2015年の525600分はすぐに始まります。

少しでも目標に近づけるために2015年も生きていく予定です。









2014年
家族3人無事に過ごせました。
初の家族3人での海外旅行も行きました。
4泊6日の間、3人でずーっと時間を過ごすなんて(笑)
毎日の生活ではそれぞれの時間があるのに
4泊6日一緒だったんですよ。
娘が小さい時以来ですね。

意外に一緒に過ごせて、ハワイを堪能できて楽しかったです。
しばらくはこんな旅行はできないというか
もしかしたら、最初で最後になるかもしれませんけど(笑)。

2015年、娘は新しい人生が始まります。
わたくし達はバックアップ部隊として生きていきます。






2014年
今年は特に新しい出会いがありまくりで。
コンサのサポさんたちとたくさんお会いすることができました。
他チームのサポさんたちともお会いすることができました。
数年前のわたくしに言ってたら、かなり驚いているかと思います。

また、哀しいお別れもありました。
短い付き合いだったけど、本当に楽しい時間を共有できました。

そう思うと、コンサのサポで良かった良かったとしみじみ思う今日この頃です。


みなさんに感謝です。







2014年
仕事もとりあえず頑張りました。
同じ毎日ではありますが、
この歳で働いて稼ぐことができるんですから
お仕事に感謝するしかないですね。
来年もとりあえずは頑張ります。
日本語ムヅカシイデスケド、ガンバリマス。













自分は若くはないので
使える時間はどんどん少なくなってきています。
挑戦できることとか、新しいことには躊躇してしまうけど
それでも、自分にできることを探したり、今できることを全力でやるつもり。

2015年は目標を継続して、大切に時間を過ごそうと思います。












525600分間、ありがとうございました。
次の525600分もどうぞ宜しくお願いいたします。













それでは、みなさま
良いお年をお迎えくださいませ。







[PR]
by keme-0619 | 2014-12-31 06:38 | Comments(0)

「まだまだコンサドーレでやり残したことがたくさんありますが、厳しい世界に挑戦してきたいと思います。」


と、奈良さんは私達に残し行ってしまいましたとさ。










我が職場のクライアントは新しいサービスを始めた。
「レンタルPC」である。

電話対応の時にはオススメするのである。

売り言葉は、
最新のPCがすぐに使えますよ。
サポートも充実ですよ。
レンタル期間満了後には買い取れますよ。
格安で。



と、きたもんだ。




すると、XP利用のおばあちゃんとかが食いついてくる。


ちゃんと買うよりお得感があるらしい。
「レンタルしてみようかしら」と話は進む。





ちょっと試してみる感。
レンタルにはこの意味が充分すぎる位に含まれている。


XPならサポートが終わる前に量販店で買えたはずだけど、そこまでして必要ではないらしい。


おばあちゃんは思ふ。
どうしようかなあ。
本当にPCが欲しい訳じゃないんだけど…。

でも、メールするのに新しいPCの方がいいのかもしれないわね。
毎月の支払いもそんなお高くないわね。




で、契約となる。













奈良さんのレンタルとかぶるんだなこれが。








ちょいとしたお試し感が。
本当に欲しいなら、すぐにでも使いたいなら、お金を払ってでも手に入れるはず。

だって相手はお金のないチームじゃないんだもの。


でも、レンタル。
お試しレンタル。
リースとの違いはわかりませんが 笑(^◇^;)

レンタルはレンタル。



それが奈良さんに対する相手の評価。

厳しい場所に飛び込んでいく勇気は褒めてあげる。



とはいえ、目の前の河合を越えられない男が覚醒するには1年で足りるのかい?

それとも、すぐに試合に使って貰える程の自信があるのかな?











ま、私の感情には悔しさも含まれているんだけどね。色々とね。












て、ことで。
コンサドーレをJ1に上げたるでえええ!
という男気満載の皆さんに頑張っていただいて、いろんな方面に「ざまあミソラシド〜( ´ ▽ ` )ノ」と叫ばしていただきたい。


と、思った美容室の待ち時間で( ̄ー ̄)








ほらもう、待ち時間長いからブログ仕上がっちゃったべさ( ̄ー ̄)










まだ呼ばれない( ̄ー ̄)









待つわ。
( ̄ー ̄)










ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2014-12-29 15:22 | Comments(0)


答え「元気になる。」









ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


イベントは23日で終了していたと思ったら
サポ仲間さんとのクリスマスパーティが実はありましてね、
25日は楽しんできました4(よん)。

平成では「クリパ」というのね。
おばちゃん、初耳ね。
そのクリパでも最年長でしたけどね。
とりあえずは、歳は関係なく(・ω・)
仲間に入れてもらえましたからね。

あ~、ほんと楽しかったっす。
o(*’▽’*)/









そんな楽しい余韻に浸りながら、金曜日の「ウィークリーコンサドーレ」を見たんです。
いや~、楽しかったです。
そして、泣けました。
なんだかんだいっても日高はコンサに必要なんじゃないかと
あらためて思いましたよ。いろいろな面でね。



で、全裸になったときには鼻血でそうになりましたけどね。







そんなウィーコン。
ん?ウィーコンでいいのか?省略形はこれでいいのか?
この番組にかかせない人物が吉原宏太でございますね。
わたくし年代の奥様方に
「コンサドーレといえばっ?」と聞くと、
100%「吉原宏太!」と答えます。
  ※知り合いの奥様8人中


そんな宏太がMCをつとめるウィーコン。
今週の温泉編は特に宏太だからこそできた企画と番組内容。
選手達をリラックスさせて、良さを引き出す。
そして、笑いも引き出す。

さすがですわね。


だって、温泉に浸かりながらトークをする場面見てたらさ。

「曽田さんじゃ、無音になるわね」
「大森じゃ、すべりまくるわね」
「芳賀さんじゃ、放送禁止になるわね」

つまり、
安心安全笑いあり涙ありを引き出せるのが吉原宏太、ただひとりなのだと。






芸人にたとえると・・・
  ライセンス井本ですかね(微妙)

だって、「意外にMCが上手」なんだもの。


くりーむ上田やネプ名倉まではMCが上手とは言えないし、
ロンブー淳のようではない。
有吉的でも、ザキヤマ的でもない。

いやいや待てよ。宏太は日本代表にもなった選手だからな。
ライセンスはメジャーな賞をもらってないしな。

おぎやはぎ矢作じゃ、大阪弁じゃないしなあ。



(・ω・)



あ!
いた。
いたいた。
ちょうどいい芸人がいた!


チュートリアル徳井でどうでしょう?




吉原宏太はチュート徳井と同じ立ち位置である説。
(^◇^;)







何が言いたんだかわかりかねますが。





とにかく。
コンサを世間に広めるためには
もっともっと道民に理解してもらうためには
吉原宏太のチカラが必要なのでございます。








そして、
もっともっと若手選手たちを鍛えて
鍛えて鍛えて鍛え抜いて

Twitterで滑らないようにしていただきたいですな。
 (※強く希望する)










宏太様
どぞよろしくお願いいたします。
<(_ _)>










じゃ、年賀状でも作るかな。
(・ω・)






できるかな。
(・ω・)







でっきるかな?
(・ω・)








はてさて?
(。´・ω・)ん?










ではでは。


[PR]
by keme-0619 | 2014-12-27 15:18 | Comments(2)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


先日見た夢ですけど。
ええ。
そうです。
実家の母が首吊り自殺する夢。
(● ̄  ̄●)

母からその後電話がありました。
「なんかねえ、人生が変わるっていう意味があるみたいだよ」
「ほほ~、なるほど」
「悪い夢じゃないみたいだね」
「人生の転換期ってことね」
「そうだねえ」
「で、誰の?」
「ん?」
「誰の人生が変わるの?」
「・・・誰だろうねえ」

つまり、
夢を見たのはわたくし。
でも、
夢の中で自殺したのは母。

だから、誰の?



と、思っていたら判明いたしました。

まず、自分が自殺する夢は
「自分の現状が嫌いで、現在の自分を捨て、
 新たな自分に生まれ変わることを暗示している」
と、いうことです。

で、夢の中では検閲が起こるため、自分の代わりに近親者が
自分の代役として自殺する場合もあるとのこと。


と、いうことは。
やはり、母=わたくし
であるため、わたくしに新たな人生が始まるんですな。
(● ̄  ̄●)

ほんとか?
















さて。
昨日23日は娘の誕生日でした。22回目の。
親子3人でおでかけいたしました。
娘のお祝いに。


まずは、
「パンケーキが食べたい」というリクエストに応えて
行ってきましたパンケーキ。


「Lanai Cafe」

桑園のジャスコの1階にあるCafeでございます。
桑園ジャスコ、しばらく行ってなかったんですけど変わりましたねえ。
食べ物系のお店が増えました。
そのひとつのCafeです。

ハワイアンの雰囲気が漂う店内。
11時すぎに着いたらほぼ満席。
かろうじて座れたわたくし達。
メニューを見ると思い出しました。

そう、ハワイで食べたパンケーキ。
まさに、そのパンケーキだったんですよ。
ぶふふふ。


b0006798_23485117.jpg





















わたくしが食したイチゴとバナナのパンケーキ。
娘はアップルのや~つ。
旦那は食事パンケーキのや~つ。
写真はな~い。


ハワイアンですから、コーヒーはコナコーヒー。
注文するたびにドリップしてくれます。
美味い。美味いコーヒーです。

b0006798_23484918.jpg





















「コナコーヒーだよ」という印とともに。






ボリュウム満点。
ふわふわのパンケーキ。

ハワイ万歳。
o(*’▽’*)/☆゚’









じゃ、次です。

「財布がほしい」というので誕生日プレゼントを買いに三井アウトレットに行きましたの。
思ったより混んでなくてね、ゆっくり買い物ができましたわ。
わたくしの服もついでに。
だってね、奥さん!
ショートコートが1800円だったんですよっ!
買っちゃいましたよ!結構かわいいんですよっ!


三井アウトレットといえば、その昔に横野と古田のトークショーがありましたね。
わたくし見に来ましたよ。
したっけ、その後に山下がブログで自分も見に行ってたことを書いてましたね。

あ~、懐かしいですなあ。

その3人とも今はいな・・・(爆)






財布も無事に購入し、札幌に戻りました。




最後はこれ。
誕生日ケーキを受け取りに。

b0006798_234852100.jpg





















ケーキが売り出されたときから絶対に買おうと思っておりまして
予約できたときには嬉しくて嬉しくて。
本当はドーレ君の配達を希望したかったんですけどね。
(^◇^;)





ただ。
家に着いて開けてみたら・・・。


b0006798_2348531.jpg





















雪だるまさんが倒れてチョコと赤いのが付いちゃいました。
まるで、流血したような雪だるまさん。



・・・・・。






でも、美味しかったです!
石屋製菓さまの本気を感じたケーキでございました!
o(*’▽’*)/☆゚’
















と、いうことで
天皇陛下と同じ誕生日の娘。
今年も無事終了したのでございます。







が、しかし。
ふと思いました。

「22歳の年頃の娘が、22歳にもなって、22歳にもかかわらず、
 彼氏とではなく、親と誕生日を過ごすのはどうなの?」と。

ああ、逆に泣けてくる・・・。



来年はぜひ、彼氏と誕生日を過ごしていただきたいと思う今日この頃でございました。










そんなリア充な娘は今日も明日も友達とクリスマスパーティです。




わたくし達はカレーでした。
(・ω・)














じゃ、明日もがんばろ。




ではでは。
(・ω・)ノ



[PR]
by keme-0619 | 2014-12-25 00:46 | おたのしみ | Comments(0)

笑いっぱなしの2時間半!
笑いっぱなしってどういうことだ?
これがライブなのか?
もはや、お笑いライブなのか?




いえ、違います。
KANちゃんのライブです。
ピアノ1台で繰り広げられる

「弾き語りばったり #19 今ここでエンジンさえ掛かれば」


で、ございます。
ナンバリングは素数です。
実際の回数は各自ご確認ください。







演奏曲は頭で覚え切れなくて
他会場のなんだかんだを参照したら
やっぱり同じだったので(爆)
それを基に記憶を蘇らせてみました。
(・ω・)ノ







≪0.開場≫
6時ちょっと前に会場についたら、結構並んでおりました。
その間、ピンクの紙を渡されます。
そう、アンケート。
ライブの感想を書くアンケートではなく、
ライブ中にKANちゃんへの質問コーナーがあるため
その質問アンケート。

わたくし、「コンサは来年J1にあがれますかね?」的なことを書いたんですけど
スタッフに渡すのをすっかり忘れてしまいましたとさ。
(・ω・)

で、会場は開場となりドアが開きます。

聞こえてくるのはピアノの音。
生ピアノの音。

「あ、そうだった」

中に入ると、すでにKANちゃんがピアノの前にいらしゃいまする。
この弾き語りばったりでは恒例のKANちゃんのピアノ練習タイムでございます。


お客さんは、KANちゃんのピアノ練習をBGMにそれぞれ好き勝手しています(笑)



≪1.世界でいちばん好きな人≫
2006年のアルバム「遥かなるまわり道の向こうで」の1曲。
安全な曲だそうです。
いや、安全で良い曲だそうです。



≪2.カレーライス≫
2006年のシングル曲です。
たしか、KANちゃんがフランス留学から帰ってきてからの最初の曲。
日本が恋しかったのか、カレーが大好きだからなのか、
すっかり忘れたけど、久しぶりに聞いたらめっちゃいい曲だと気づきました。
カレーが食べたくなったけど、まだ食べておりません。



≪3.GOOD NIGHT≫
1枚目のアルバム「テレビの中に」に収録されております。
タイトルだけ聞いても「さて?どんな曲でしたかの?」となってしまいますが、
聞くと「おおお~」と思い出す曲。
歌詞はKANちゃんではなく、他の作家さん。
1987年のアルバムだから、歌詞の中に「ステディ」という死語が。
「ステディ」・・・今は使いませんなあ。



≪4.桜ナイトフィーバー≫
今年のバンドツアーでお披露目された新曲でございます。
バンドツアーの際はノリノリのきゃぴきゃぴのウハウハだったので
「これをピアノ1台で?」と思ったのですが、意外や意外。
カッコいいJAZZになってます。
で、演奏前に歌詞を朗読という名の解説を行ったのですが
細部にわたって考えられた歌詞に脱帽状態です。
桜目線のこの歌はサイコーです。

そして!
来年2月25日にシングルで発売ですってよ!奥様!
桜競争に参加ですわよ!奥様!

わたくし、プロモーションのテレビ出演を切に希望いたしますっ!
ヽ(^◇^*)/ ワーイ



≪5.ひざまくら≫
大変申し訳ございませんが、このタイトルを聞くたびに
まず思い出すのは、長渕剛の「ひざまくら」

お前のひざまくらがとってもおおおお。

と、唄わさるのでございます。
それを、すぐに修正してKANちゃんの「ひざまくら」にいたします。
酔っ払いの唄ですけど、酔っ払いながら彼女への思いを伝える歌詞ですね。
いい感じです。ピアノでさらにいい感じです。



≪6.ローラ≫
傷だらけではありません。
弾き語りばったり恒例の洋楽です。
KANちゃんが影響を受けている洋楽であり、
それを基に自分の曲を作っているので
次の曲とセットとなっております。

で、今回は崇拝するビリージョエル氏の「ローラ(Laura)」でございます。
ジョンレノンが死んだ後に作られてい、ビリーには珍しくジョンレノンの要素を
取り入れている曲。と、いうことで。

ええ曲ですわ。
ジョンレノン的なフレーズが出てきますわ。
そして、これが次の曲へと繋がります。



≪7.MAN≫
1996年のアルバム「MAN」、つまりアルバムタイトルにもなっている曲でございます。
ビリージョエルがジョンレノンを思いながら作ったローラにあやかって作った曲。
ジョンレノン要素満載の曲でございます。

わたくし的には「でも君がもし君が~」からのフレーズが好きで
KANちゃんらしさが詰まっていると思う曲でございます。
見た目の強さではなく、心の強さ、心の広さを感じさせる男性像ですね。
KANちゃんらしいですわ。



≪8.なんか新曲、まだ歌詞は無い≫
最新も最新。
曲しかできていない。
だから、「ららら~」で歌い上げました。
このツアーは来年3月まで続くということで
ツアー終了時までには、歌詞つきでお披露目できることを目標としているそうです。

来年、ライブに行くみなさんは楽しみにしていてくださいな。



≪9.アイ(秦基博)≫
他のアーティストの曲を演奏するのもこのライブの吉例。
今回は秦基博で、ここ最近KANちゃんとの競演が多いですな。
「愛」かと思ったら「アイ」だったようです。



≪10.よければ一緒に≫
さすが、KANちゃん。
わたくし達の気持ちをものすごくわかってらっしゃる。

たしかに、
たしかに、「またこの曲か・・」となっていた。
歌えば楽しいけど、やはり飽きてきたのは否めない。
そんなわたくし達のために、KANちゃんは「更なる上」を提供してくれました。

この曲のアレンジですがね、高度らしいのですわ。
スタレビの要さんは「覚えられない」というくらいに。
その細かい部分を教えてくれたので、ピアノに集中して聞くことができました。
「ほほお、なるほど。いやはや、難しいって」とね。

初めての人も、毎回来ている人も、みんな楽しめるKANちゃんのライブ。



≪11.愛は勝つ≫
定番。
もう、定番中の定番。
聞くたびに良い曲だということがわかる曲。



≪12.東京ライフ≫
1989年「HAPPY TITLE -幸福選手権-」というアルバムの曲。
イントロが好き。歌詞も好き。
若いときの声で歌ったときも良かったけど、
歳を重ねたKANちゃんのちょいとハスキーな声で歌うこの曲はもっと好き。



≪13.まゆみ≫
わたしは「まゆみ」になりたい。
と、聞くたびに思う。
この曲の中の「まゆみ」は、彼に想われていて、大切にされていて。
恋人ではなくて、それはたぶん友情を超えているものだろうけど、見守られていて。

とにかく、大好きな曲なのである。
それがピアノ1台で唄うたびに、更に好きになるのである。
「まゆみ」っていい名前だ。
決して、わたくしの名前では歌にならん。
(・ω・)



≪14.今年もこうしてクリスマスを祝う≫
2001年のアルバム「Gleam & Squeeze」のラスト曲。

とはいえ、
わたくしの中のクリスマスソングは
「KANのChristmas song」なのである。
今回はこの曲にしてくれるかなあ~、と思ったけど
ピアノ1台ですからなあ。
聞きたかったなあ「KANのChristmas song」



≪アンコール.君が好き胸が痛い≫
エンジンさんの装いで登場したKANちゃん。
つまり、さるのかぶりもの、さるのシッポをつけて再登場。
シッポがあるため、ピアノの椅子は背もたれの無い椅子に替わり
ことごとく細かい演出に脱帽なのである。

そんな格好で「君が好き胸が痛い」

ギャップをお楽しみください。














と、いうことで
ライブの半分はトークです(爆)
ピンクカードタイムも盛り上がりました。
歌詞の朗読で大笑いし、
曲の説明で大笑いし、
雑談で大笑いし、
笑いっぱなしの中で、上記の曲を演奏し、

いつもの天才っぷりを発揮したわけです。




ピアノが弾ける男っていいわあ。









では、最後に
KANちゃんが、遅れてきたお客様に対して発した一言を。





「オープニングは全裸でバク転したんですよ」









来年のライブでは、全裸のバク転を希望いたします。






ではでは。
(・ω・)ノ

[PR]
by keme-0619 | 2014-12-21 11:50 | 音楽 | Comments(2)

新しい人生が始まる春。
卒業して、社会人1年目のスタートとなる春。
不安と希望の入り混じった春。

そんな社会人1年目は、とにかく一生懸命になる。
仕事を覚えて、先輩に近づいて、学生とは全然違う生活で。
慣れない生活に戸惑いながらも、その先には自分の未来があるから。
だから、一生懸命な1年目になる。

そして、1年目の終わりには、次の年に向かっていろいろ考え始める。
1年目にできなかったことを反省し、2年目の新たな目標としていこうと。






でも、2年目は来なかった。
思いもよらず、2年目は来てくれなかった。












今朝、本屋に向かい「コンサドーレ札幌公式グラフ2014」を購入。
いつものごとく、その本を持ってスタバに行く。
コーヒーを飲みながら読む。

引き分けが多いなあ。
この引き分けの半分でも勝ってたら違ったのになあ。
いい写真だなあ。戦う選手の顔はやっぱりいい顔してるなあ。
都倉はいいこと言うなあ。若手に対していいこというなあ。
もっと、もっと刺激を与えて欲しいなあ。


なんてことを読みながら思った。






したっけ、ある選手の笑顔の写真を見て胸が苦しくなった。

上原拓郎である。







蒸し返すようだけど、やっぱり色々考えてしまう。
契約満了からずっと気になってきていた。



で、今日やっとわかった。
せつない。
せつないのだ。
本当にせつない気持ちになるのだ。


プロのサッカー選手として、希望に満ち溢れたスタートを切り
自分でも1年目としては頑張ったという手ごたえがあったに違いない。
シーズンが終了し、初めての契約更新に心躍らせていたのかもしれない。
どんな感じなのかな。
どんな評価をしてくれたのかな。

それは、2年目があるという前提のもと、きっと楽しみにしていたに違いない。



でも、答えは違った。
自分の想像する答えとかけ離れた事実が突きつけられた。

希望は絶望に変わり、気持ちを抑えきれず、号泣したに違いない。
そんな気がするのだ。






このせつない気持ちは何故だろう。







そう、私はいつの間にか「母親としての目線」で見ていたからだ。
同じ年頃の娘を持つ身。
娘の就職が決まり、4月からは社会人。
自分の希望する仕事につき、不安と希望の中
社会人1年目を過ごすはず。


それが、1年でクビになったとしたら
泣くに泣けないくらいになるだろう、と。
モンスターペアレンツのごとく、怒鳴り込みに行くかもしれない、と。


それもこれも母親目線として見てしまったからに違いない。






とはいえ。
プロの世界は厳しくて
大学出身は即戦力扱いだから
しかたないと言えばしかたない。









でも、
本当にこれでいいのだろうか。





もう1年、チャンスを与えてあげることはできなかったのだろうか。
新卒の選手を1年で切るのは酷ではないのだろうか。
















公式グラフの都倉の記事。
若手に対し「責任感」の足りなさを言及していた。

たぶん、危機感のなさが「責任感」を希薄にしているのかも・・・と思わさった。


もしかしたら、
いや、違うのかもしれないけど、
上原拓郎を1年で切ったのは、若手に対する「見せしめ」のような気もしてきた。

明日は我が身なんだよ、と。





いや、違うな。
見せしめじゃないな。
上手い言葉がでないな。
語彙の少なさに辟易だな。















こんなこと言ってるから「サポーターは甘い」なんて言われるんだろうな。
でも、いいべさ。
甘くても。
あたしゃ、あまあまなサポーターで行くわ。


毒舌は吐くけどね。
(・ω・)ノ









せつない気持ちの整理がつかず、
書くことで整理をつける。
そんなわたくし。
(・ω・)ノ













と、いうことで
上原拓郎にはこの歌を贈ろう。







どんなに困難で
くじけそうでも
信じることさ
必ず最後に愛は勝つ。






愛はサッカーだ。
この困難を
自分を信じて乗り越えれば
勝つのは自分なんだから。
自分のサッカーなんだから。








熊本で頑張れっ!上原拓郎っ!



















と、いうことで
KANちゃんの名曲で締めさせていただきました。

今日はライブだったの。
弾き語りばったり #19

それについては、また明日。













ではでは。







































[PR]
by keme-0619 | 2014-12-19 00:26 | Comments(0)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ



実は本日、仕事はお休み。
シフト休でございました。
「あ、吹雪だからちょうど良かった」となったわけですが
結局、吹雪かず。穏やかな水曜日の札幌でございました。
そのかわり、明日は吹雪くというか大雪のようで。
「仕事・・・行く?」








で、
網走の実家に電話をかけたんですよ、朝。
道東の方がひどいらしいから。
朝7時に電話したら・・・両親は仕事してました。
弁当屋ですが、店を開けようとしてました。
避難なんとかが出てたのに。

「そんな吹雪いてない」というのが理由です。
父は職人気質ですからね。
少しでも仕事できそうだとやっちゃうんです。
「今日は休んだほうがいい」という母とけんかしながら店を開けたようです。
昼までの営業にして。

したっけ、意外にお客さんが来て
完売したようです(笑)


店を閉めて自宅に帰るころには
網走中がホワイトアウト状態で
やっとこさ家に着いたようです。


やっぱり、雪を甘く見ちゃいけません。















わたくしは・・・といいますと。
これから降る大雪に備えて、家の前を少し雪かき。
するとこれが、水分含んだずっしりタイプの雪。
旦那のようにぎっくり腰でやられるんではないかと
思わさるくらいの重い雪。

鼻水たらしながら雪かきしましたよ。


疲れ果てて寝ちゃいました。





ちょっと気持ちも疲れてたのかも。





だってさ。
生足古邊が退団するから。
正式発表にはなってませんけどね。
決定ですわね。

生足古邊。
古邊の生足。

大声ツートップの片割れ。

前俊の調教師。

あ~あ。
もう見れないんだなあ・・・。
一緒に写真撮っておけばよかったなあ。
清水で頑張って欲しいなあ。











「責任をとる」

と、いったらしいけど。
責任ってなんだろな。
J1昇格できなかった責任なのかな。
それとも、けが人が多い責任なのかな。

どっちも生足古邊だけの責任じゃないよな、絶対。











特にさ。
怪我ってさ。
コンサの怪我ってさ。


何か根本的な原因があるような気がするんだけど。
どうなんだろね。

離れる選手、離れるコーチ。
彼らが離れていくことによって
残った彼らが、何かに気づいてくれるといいけど。

ま、それが何かは、わたくしにもわからんけど。



わからんけどね。















そだ。
コンサの女子チームの名前ね。
TLがみごとに 大喜利大会になってましたけど(笑)

ちょいと調べましたら
「レディース」をつけてるJのチームが10くらいありましたよ。
あとは「ベレーザ」「シーガルズ」「コスモス」ですね。
女子のチームとしてはね。



でも、やっぱり「レディース」て言葉には若さが足りん。
どうしてなんだべ?
と、思ったら・・・



「レディースアデランス」とかあるからだと分かりましたわ。
(・ω・)



イメージって怖い(笑)



あ、違う「レディース」もあった(爆)










いい名前ないかなあ。


















明日のために、今日はもう寝る。
(・ω・)ノ












ではでは。
おやすみいのしし。
(・ω・)








[PR]
by keme-0619 | 2014-12-17 23:26 | Comments(0)

今日は頑張りました。
仕事頑張りました!
昨日休んだ分、今日出社して頑張りました。
MPH2はいったと思います。
いや、2.3はいったと思います!




そして、向かうは札幌ドーム。
そう、嵐のコンサートでございまする。



席に着いたら、あらびっくり!
舞台に近い、というかトロッコの出口がすぐそこにっ!
見える、見えるのね、嵐が見えるのね!
と、始まる前からテンションがあがるわたくし。


そして、手には団扇型のライト。
ええ、今年はペンライトではなく、団扇のライト。
しかも、無線機能付き。
なにやら松潤のこだわりだそうで。
最初は「いらんなあ~」と思ってたんですけどね・・・・。







そして、ライブは始まります。
ステージに現れる嵐の5人。
ステージもキラキラ。
5人もキラキラ。
んで、かっこいいっ!
(・ω・)ノ

アルバムは1.5回しか聞いてないけど、最初の曲からのりのりで楽しめて。
こりゃ、嵐。
嵐、やるわね。
今日のライブは只者じゃないわね。


わたくし、終始笑顔出しっぱなし。
わたくし、終始テンション上がりっぱなし。



曲が進んでふと横を見るとトロッコの姿がっ!
乗ってる!嵐が乗ってるぞ!
近いっす!本当に近くに嵐がああああ!

狂喜乱舞するわたくし達。
手を振るわたくし達。
うひゃうひゃ言ってるわたくし。

で、今日はわたくし達の唯一の男子が187cmの長身であるために・・・。
松潤が彼に向かって「うっす!」的な挨拶をしたような気がしたようなっ!
しかしながら、それが本当にその彼に向かってなのか
はたまた、他のみなさんあてなのか
わたくし含めその一帯は全員「わたしだけに手を振ってくれた!松潤!」と
なっていたのであろうと思われます。


だって、わたくしに手を振ったようにも見えたもん。
(・ω・)




その後、大野氏がトロッコでやってきたときに
「私に手振ってくれたあああああ」と娘泣きそうになってましたわ。


えーと。
そんなこたあないと思うよ。
(・ω・)








15周年なので、今までのライブ振り返りみたいなことも。
懐かしい曲に盛り上がり、歌いまくり、踊りまくった私でした。
年齢を忘れさせる嵐。








で、
一番感動したのはあの「団扇型ライト」
無線機能で自動制御。
つまり、曲に合わせてライトの色が自動的に変わる。
曲の構成の一部として、盛り上がる。

しかも、美しいのだ。
イルミネーションを思わせるような光の演出に感動するのだ。
いっせいに客席の色がかわると統一感がでて
それはそれは美しいのだ。


わたくし、心の中で謝りました。
「ごめんね松潤。あなたの演出は素晴らしいわ」




無線制御万歳。
(・ω・)ノ















今年のライブは
わたくしの中で1番でした。
3日間行きたかった。
そう思わせるライブだったんですよ。


本当に楽しかった~。
















でも、来年は12月のライブはやめてね。
(・ω・)













さ、明日からもがんばろ。











ではでは。







あ、タイトルですが今日のライブのある意味キーワード「オリジナリティ」
(・ω・)ノ





[PR]
by keme-0619 | 2014-12-15 00:38 | おたのしみ | Comments(0)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ




お寒うございます。




わたくし、行ってきましたよ。
有休出したかいがありましたよ。
ええ、そうですよ。

「2014クラブコンサドーレ・スペシャルパーティ」
ヽ(^◇^*)/ ワーイ






娘とともに到着したのはルネッサンスホテル。
前日からどうしようかと思っていた服。
結局はスカートを履いていきましたよ。

到着したらおなじみのサポさん達もいて、心強く感じた母と娘でございました。
5人で同じテーブルに着くことができましたの。



で、
12時半をすぎたころすぺっしゃるなパーティーは始まりました!

MCは栗谷さん。安心して聞くことができます。
そして、選手が登場です。
さてさて、誰がくるのかなあ?





みやざー。
慎也君。
石井ちゃん。
押さないくんではなく、小山内くん。
深井くん。
工藤ちゃん。
内山田こと内山くん。



ほほお~。
結構なイケメンをそろえましたわね。

ほくそ笑むわたくし。
(=゜ω゜)ノ



それから社長が登場です。
社長が「はんこ押した人~?」と聞いたんですけど
誰一人として手を上げる選手はいませんでした(笑)


これは・・?
もしや・・・?
全員最後の・・・?

なんてことを思ったりしちゃいましたわ。








乾杯が終わったとたん参加者はどどどど~という音と共に移動します。
食事を取りに。
ブッフェの食事を取りに。

わたくし、出遅れまして。はい。
料理を皿に盛るみなさんを横目にして、
まーぼーどーふだけを乗せた皿を持ってテーブルに。
(・ω・)

しゃーない。
(・ω・)





「選手が各テーブルをまわります」

と、社長が言ったんです。
まーぼーどーふを食べながら待ってました。

が、しかし。
待てど暮らせど私たちのテーブルには選手がきません。
一向に選手がくる気配さえありません。
二人目の選手が来ているテーブルもあるのに。

やさぐれるわたくしはビールを飲みます。
サポさんたちと愚痴りながらビールを飲んで少し出来上がったころ・・・。

やっと石井ちゃんが来ましたああああああ!
ヽ(^◇^*)/ ワーイ


石井ちゃん、顔小さいっす。
(・ω・)

わたくし達母娘は「チェキ」を持って行きましたのでね
写した写真にサインをもらいましたの。
ほほほほほ。

チェキ、いい仕事しますぜ。




さて、お次は深井くんですね。
おとなしい深井くんは写真の顔も緊張気味?
いや、これが通常のお顔ですね。
で、丁寧にサインしてくれました。
(=゜ω゜)ノ


途中でMC栗谷さんとも写真を撮りました!
だって、スタジアムDJの中で一番好きなんですよ、栗谷さん!
足が細いっす。
(・ω・)



それから、小山内くんですね。
首が太いですね。
笑顔がたまらんですね。
肩幅も広いっす。
(・ω・)


で、慎也くんキター!
これぞ、「The イケメン」ですな。
わたくし、舞い上がったのかチェキをOFFにしたまま撮ろうとして
慎也くんに指摘されてしまいましたよ(笑)
「必ずVサインしてくれるんだよ」と娘が言ってました。
ええ、そのとおりです。
カメラを向けるとVサイン。
つられてわたくしもVサイン。
身長差、半端なかったっす。
(・ω・)


そして、工藤ちゃん登場でございます。
奥さん!奥さんっ!工藤ちゃんイチオシですわよっ!
なぜかって?
ま~、笑顔がサイコー!そして、なんだか高感度アップ。
握手してくれる時も、ちゃんと目を合わせてくれるんですよね。
「頑張りますっ!」ていうから「頑張ってくださいっ!」て言っちゃいますよ。
ふむ、いい人だ。笑顔がサイコーだ。
o(*’▽’*)/☆゚’



で、大御所みやざー登場です。
大御所の雰囲気です。
ま、このメンツでの限定ですけど。
でも、意外にも笑顔で写真に写ってくれましてね。
「笑顔で接する時にも棘は出しますよ的」な雰囲気を想像していたんですけど
やわらかかったです。雰囲気が、丸くなるとは違うやわらかい雰囲気。
シーズンが終わったからかなあ。
そして、顔がシュッとしてました。シュッと。
(=゜ω゜)ノ


最後は内山くんです。
ま~、初々しいです。
慣れてない感満載です。
手がやわくてふわふわしてました。
一生懸命でした。
来年は頑張ってくれよっ!
ヽ(≧∀≦)ノ







チェキで写真を撮った結果、
わたくしが一番良く写っていたのは
ドーレ君と一緒に撮った写真でした(笑)












母娘だけど参加してたらこんなに楽しめなかったでしょう。
だって、だってね。


勝利インタビューに応えたり
本当の入団会見かと間違えそうになったり
あんな話やこんな話を聞いたり。

ご一緒させていただいたサポさん達が
本当に楽しませてくださいましたわ~!
ありがとうございましたあああああ!





コンササポ、恐るべし。
(=゜ω゜)ノ









あ~、楽しかった。
o(*’▽’*)/☆゚’














で、夜は手話サークルの友達と忘年会。
年末はやっぱり忙しい(笑)








明日は。

早朝に選挙に行って
仕事に行って
嵐のコンサートに行く!


と、いう状況となっております。


これは・・リア充?
それとも、ピカチュウ?
はたまた、モンテスキュー?


ピカチュウがんばれ。













ではでは、おやすみなさい。
(・ω・)ノ



















[PR]
by keme-0619 | 2014-12-14 01:23 | おたのしみ | Comments(0)

のんびりした一日。

なのかどうかはわからん。

そんなにのんびりもしていない。



と、いうのも。


年末なのでスケジュールが埋まる。
年末だからこそ、普段会えない友達から連絡がくる。
で、スケジュール帳に新しく書き込まれる。
お楽しみが増えまくる。


既に決まったスケジュールもある。
12月なのに2つもライブがある。
パーティもある。

お肌のお手入れに余念が無い。







明日というか今日だけど。
そのパーティがあるのだ。
本当は出勤だったのだ。

が、しかし。
どうしても出席したいから有休を出したのだ。

したっけ、わたくしが休むと部署は新人さんだけになるという。
「どうしても出れませんか?」と哀しい顔で問われる。
「ええ、出れないんですよ」とすまなそうに見えるように答える。



そんな中、わたくしは休むのだ。




2014クラブコンサドーレ・スペシャルパーティに行くためにっ!










こんな私を許して。










で、
選手は誰がくるのかなあ。
若手中心だとは思うけど
がっつり写真撮りまくってやる。
(・ω・)ノ













何着てったらいいんだろ。
「パーティ」と名のつくものに行くのはお久しぶりなんだもの。


いまだ決まらず。




しゃーないな。
















と、いうことで。
本日はこのへんで。



ではでは。
(・ω・)













[PR]
by keme-0619 | 2014-12-13 00:19 | なんだかんだ。 | Comments(0)

ただの感想文です。