この間、テレビでやすきよの漫才を見ました。
30年前の漫才ですけど、今見ても面白い。
すんごく面白い。
ほんと、面白い。


やっぱり頂点にいた人たちは違うなあ。


天才やすしを操縦していたきよし師匠。
さすがだな。さすが、「小さいことからコツコツと」の師匠だな。

小さいことからコツコツと。
コツコツ。コツコツ。コツコツ。

10位。
9位。
そして、8位。

コツコツコツコツコツコツコツコツ・・・・・。






コツコツコツコツ上がっていく。






コンサドーレ札幌 対 湘南ベルマーレ


昇格が決まってからのチームとの対戦といいますと
昨年の神戸戦を思い出すわけです。
昇格が決まったばかりの神戸のみなさんが
モチベーションを保つことが難しかったらしく
わたくし達のコンサが勝利したわけですね。

しかし。
湘南ですからね、あのスピード感あふれるサッカーをやられると
こっちは太刀打ちできないと思ってました。
それに、前節負けているらしいので、「なにくそ!」状態で
挑んでくると思われました。

ただ、
少し。ほんの少し「もしかして・・?」なんてことを思ったわけです。




試合開始。
選手たちは走ります。

ん?
湘南ってもっと走ってたよね?
調子悪いの、今日は?

いや、きっとそれ以上にコンサが頑張ってるに違いない!

ん?
ウェリントンは?ウェリントントントン?
いないの?だから?

いや、いないけど、きっとそれ以上にコンサが頑張ってるに違いない!


すると、ホスンが蹴ったボールが都倉に渡って、どおおおおおおおん!
ヽ(^◇^*)/

祈りながら残りの前半を見ていたら
奈良さんからのボールが上里に渡って、どどどどどどおおおん!
ヽ(^◇^*)/


まさかの2-0で前半を終わる訳です。
そりゃ、信じられませんてさ。
で、一番怖い2-0ですから、
この後が怖くなってきました。


後半の長かったこと。
45分が1時間くらいに思えました。
その間、わたくしは祈りっぱなしです。
AT3分はカップヌードルです。
現地参戦でしたので、カップヌードルは作りませんでした。


終了の笛が鳴ったとき、わたくしも倒れこむかと思いました。




こんなに疲れた試合はない。
こんなに気分のいい疲れる試合はない。
けが人もでたけど、
うっちーは決めれなかったけど、
荒野も決めてくれなかったけど、

それでも今年一番の充実した試合でした。

試合前のビールも
帰宅後のビールも
それはそれは美味しく、
自分で作ったキムチ鍋は絶品で、
お腹いっぱいでした。


コツコツ勝つ。
コツコツ勝って、
コツコツ上がる。

小さいことからコツコツやっていくのさ。



ん?
もっと早くにやってれよ。
と、いう声が聞こえてきますが気にしない。
コツコツ勝って、POに行きませう!


















で、
土曜日にレバンガの試合を見て
一体感のある応援が素敵だと思ったら

この日の試合で実現しました。
残り10分くらいかどうかはわかりませんけど
「行けさ~っぽろ!」からのスティング。
ドーム全体で大きな手拍子。
すべての人がコンサを一緒に応援している。
ものすごい一体感。

しびれました。
こりゃ、しびれました。
本当にしびれました。



残りの試合は
私たちも一緒に戦いたい。


そんな札幌ドームでした。







次は、東京ヴェルディ。
がむしゃらにやってくる相手ですから
わたくし達もがむしゃらで返しましょう。

コツコツと。
コツコツと。

















勝つぞ。

















ではでは。










※補足事項

 湘南のベンチから出るA4ぐらいの紙が
 フリップ芸のごとくに見えまして
 「トツギーノか?」
 「トツギーノなのか?」
 「4,5年前のバカリズムなのか?」
 と思ったりなんだりかんだりラジバンダリ。










全部が古い。
(・ω・)
















[PR]
by keme-0619 | 2014-10-27 18:24 | サッカー | Comments(0)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ



昨日、中学校時代の同級生との飲み会がございました。
旧女子会ですね。
現婦人会ですかね。
(・ω・)




ま、とにかく。
楽しかったんです。
本当に中学校の友達って気の置けない仲間なんですわ。

他の友達からは「珍しいねえ」と言われますけど。
中学校時代の友達とずーーーーーーーーーーっと定期的に会っている人は少ないみたいですな。

そんな金曜日をすごして、本日土曜日。


コラボチケットでレバンガ北海道のホーム開幕戦に行ってきましたの。

レバンガ北海道 対 千葉ジェッツ
   @ケーズデンキ月寒ドーム


奥さん、ご存知でした?
月寒ドームって「ケーズデンキ」が頭についたんですよ。
あ、名前にね。
一瞬どこだかわかりませんでしたよ。

昭和の人間ですから、新しい名前にはついていけません(号泣)

そんな月寒ドーム。
ほんと、お久しぶりです。10年以上は来てないかも。
しかも、福住からなんて初めてですわ。

意外に近いのね、福住から。








さて。
本日の試合は娘と参戦。
娘は元バスケ部。
しかし、バスケから離れてかなりたつので
そんなに娘が盛り上がるとは思えませんでした。



ははは。
やはり、中学時代に刷り込まれたバスケの血。
沸々と湧き上がって、爆発したようです。


第1第2クウォーターまでは普通に見ていた娘。
ところが、第3で様子が変わり、第4で狂喜乱舞。
試合終了時には立ち上がって喜んでおりました。

楽しそうだったし、わたくしも楽しかったわあ。



だって。

76 対 74
あと1ゴール、しかも3ポイントなんて決められたら逆転されてたんだもの。
もう、どきどきでしたよ。
良かったよお、レバンガ!



さて、このぎりぎりの点差。
最初は結構点数開いて勝ってたんです。
ところが、どんどん追いつかれ、逆転されてた時間帯もあり、
「あ~、もしかして勝てないのかああああ」
なんて思ってたら・・・・。


ベベこと阿部ちゃんが大活躍ですよ。
そう、スキンヘッドの阿部ちゃんです。
レバンガで唯一わかる選手。
その昔、ゴルマのイベントで古田君たちと競演した彼。

めっちゃカッコよかったっす!
ヽ(^◇^*)/


シュートは決めるし、
相手のボールを奪うし、
どどどどどって走って決めるし、

きっとレバンガの中心選手、なくてはならない選手なんですよ。


娘は「ヤバイ、ヤバイ」の連続で興奮気味で
阿部ちゃんがボールを持つと「行け行けえええええ!」と叫んでいました。
ふむ。わかるよ。
叫ぶ気持ちはよ~くわかる(笑)












で、
すごくいいなあ、と思ったんです。
観客全員で応援するのが。
エスポの時のように、試合中もMCがつきます。
で、オフェンスとディフェンスで応援の言葉が決まってるんです。
それを観客全員で叫びますのです。

月寒ドームに響く「がんばれ!レバンガ!」の声。
一体感を感じました。

ああ、こういう感じをコンサでもやりたいなあ。
ドームで一体感あふれる応援をしたいなあ。
やってできない事はないけど、普通に見ている人も多いからなあ。

全員がコンサの勝利を願っていれば、一体感はでるかなあ、
なんて思いましたとさ。








とはいえ。
僅差で勝利したレバンガでしたが、
正直、危なかったと思いましたねえ。
思いっきりの逆転負けも頭にちらつきました。

だって、決めれるところで決めれないんだもの。
シュート打っても入らないんだもの。
どこかのチームかと思いましたよ。

勝利のためには最後の精度が大切。
そんな感じでした。
今日は勝てたけどね。
後半、相手側のシュートの精度が良くって、追いつかれた感じだったもんね。




うん。決める力が大切なのよ。
きっとね。












それからそれから。
意外に試合が止まるの。
ファール取られるとフリースローになるんだけど、
ものすごい頻度でファールを取るの。

娘、激怒ですわ。
審判に激怒。
「くそだな。止めすぎ」
と、暴言吐いてました。

バスケの楽しいところって、
ま、サッカーも一緒ですけど、
ゴールに向かって、相手をかわしてシュートを決めに行く。
それだと思うんだけど、いいところで審判がファールを取って試合を止めるの。
こっちはもっと相手との駆け引きとか見たいと思ってるのに。

ちょいと厳しくファールを取りすぎなのかなあ、なんて思ったりして。


サッカーも止めすぎると面白くないもんね。









そこらへんが勿体なかったですけどね。
でも、なんだかんだで面白かったです。
また、行くと思います。
12月だけどね(爆)














あ、コラボチケットでトートバッグをもらったんですけど
使っている人が他に見当たらなかったんですが・・・。
コラボチケットは売れたのかい?
限定100枚はさばけたのかい?

おばちゃん、ちょいと心配になったよ。
(・ω・)









明日はこのトートバッグでコンサの試合に参戦いたしますけど。
(=゜ω゜)ノ





今日の勝利の勢いをいただいて
明日の湘南戦で勝ちますから。




ええ、
コンサは明日勝ちますから。













@札幌ドーム

















勝つぞ。















ではでは。
(・ω・)ノ


[PR]
by keme-0619 | 2014-10-25 23:10 | なんだかんだ。 | Comments(0)

野沢尚をふたたび。

大片付け大会を開催していたら
懐かしい本を見つけました。


野沢尚 「ひたひたと」



わたくしの大好きな脚本家は

 三谷幸喜
 宮藤 官九郎
 野沢尚

いや、まだたくさんいるけど。
櫻井武晴とか古沢良太とか。


ま、とにかく。野沢の話。








10年前に自殺した野沢の最後の本。
「十三番目の傷」
「ひたひたと」
まずは、2つの短編。

あらためて読むとやっぱり彼の才能が惜しくなる。
これだけ引き込まれながら、わたくしが読むんだもの。

この、あきっぽいわたくしが。
この、根性なしのわたくしが。


野沢の小説は読まさるんだもの。




で、さらに。
野沢尚の書き下ろし小説のプロットが掲載されてるのね。

「群生 GUNJOU」

「群青」ではなく「群生」
     「仏教用語で、たくさんの生きもの、すべての生きもの、一切衆生、の意」

じゃ、「一切衆生」とは
 「この世に生きてるすべてのもの」だそうだ。


「群生」のプロット。
そう、あくまでも構成表というか、ざっとした内容をまとめたものなんだけど。
これが、すごい。
何がすごいって、ほぼ小説として出来上がっているから。
引き込まれ具合は「ひたひたと」以上。

このあとどうなるんだ?
この娘の思いは?
彼はどうするんだ?
結局どうなるんだ?



これがプロットなのか。
小説はこれから更に膨らむのか。
完成形になると、心に届くものが違ってくるのか、倍増するのか。


完成した小説を読みたかった。
これでも十分だったけど、
もっともっと複雑になって
もっともっとドキドキしたんだろうな。

きっと。
きっとさ。





10年後に読んでも新鮮な文章。
いいなあ。
こんなに書ける野沢尚が羨ましいなあ。




なんで死んじゃったかなあ。





と、悔しい気持ちが蘇ってきた。










したっけ、
もっと野沢尚を読まねば!
なんて思ってきて、
調べたら結構読んでた本ばかりで。
全部おさらいしようかなと思ったその時。


見つけた。
読んでない小説を見つけたのだ。






龍時(リュウジ)」

これ、実はサッカー小説。
「日本初の本格サッカー小説」と銘打って発表されたらしい。
野沢尚に嵌っていた時、コンサとは縁がなかったから
て、いうか、サッカーにそんなに興味がなかった時代だったから
この小説はみごとにスルーしていた。

そう、本屋で見つけても手にとってすぐに戻していたのだ。

「なんだ、サッカーの話か」と思って。




が、しかし。
時は流れ。
わたくしはコンサドーレ札幌にどっぷりつかり
サッカーとは切っても切れない状態になった。



野沢尚とサッカー。



すごいじゃん。
わたくしの大好きなものが同時に楽しめるなんて。
気づかせてくれてありがとう。


と、いうことで。
本屋行ったらこの本を買うの。
そうすることにしたの。
でも、

『龍時 01-02』

『龍時 02-03』

『龍時 03-04』

と、3巻あるんだけど、これも未完なの(号泣)






もう、なんで死んだんだよおおおお。
野沢尚いいいいいい。












とにかく、
前に進むためにこの本を読むことにした。







感想文は気が向いたら書くからね。













ではでは。
(・ω・)


[PR]
by keme-0619 | 2014-10-24 01:01 | | Comments(0)

お久しぶりの宮の沢。

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


日本人って
下克上が大好き。
海外のみなさんも
ジャイアントキリングが大好き。

それだもの、
CSやらPOやらがわらわらとやってくる。

CSの正式名称を考えれば考えるほど
コンサドーレ札幌になるわたくし。
夕べず~っと考えていたんだけどわかったのは
夜中の12時過ぎ。

クライマックスシリーズね。
ボケ防止ね。
思い出す行動がボケ防止ね。
(・ω・)


おい。








ま、盛り上がるけど優勝感が薄れるわねえ。
巨人ファンの旦那は
「日本シリーズはオプション。オプションに出れないだけだ」
なんて強がり言ってるけど、がっかり度は半端ないわね。

恩恵を受けるJ1昇格プレイオフも、本来であれば3位のチームが行くべきなのよね。
でも、盛り上がるからやっちゃうし、チャンスがあるから狙うし。


ん?待て。
CSとJ1昇格プレイオフは若干意味合いが違うか。






ま、いいか。











そんなこんなの月曜日。
お久しぶりの宮の沢へ行ってきました。
練習試合を見に。

本当に久しぶり。
屋根をはじめて見たし、座席は赤いし、ゴール裏開放してたし。
月曜日なのにたくさんの人たち。



だって。
だって。
キャプテンと小野伸二が出場してましたからね。

あ、うちのうっちーもね。
(・ω・)ノ



結局2-0だったんですけど、そのうちの1点がうちのうっちーだと知ったのは
家に着いてからだという事実。
ヘナンのゴールは確認できたんですが、
1点目のゴールがわちゃわちゃ~となってからのゴールだったのでね。

わたくし確認できず。


後半の途中で交代したうっちーの姿がちょいと哀しく見えて
帰りの地下鉄でどよ~んとなってしまって。
なんでだか、わからんけど。
ほんと、なんでだかわからんけど。

ちょいと哀しかった。

きっと。
リーグ戦の試合で決めて欲しいんだよね。
うっちーのゴールを試合で見たいんだ。
それに繋がる今日の試合だったらいいんだけど。


まだ、ちょいとわからない。








なんか、わからない。



















河合キャプテンの気迫はすごかった。
相手の学生さんたちを本気で潰すんじゃないかとビビッた。
次の試合はきっと大丈夫。
湘南相手にやってくれる。


小野伸二は率先して声をだし、
試合をまとめていたような気がして。
湘南相手にチームをまとめてくれるに違いない。







で、
ヘナンだ。
あたしゃ、今日はヘナンに首ったけだった。
自分でボールを持ちすぎるけど、がつがつ感は半端ない。
あの気持ちと、勢いを試合で見たいなあ。

シュートは良かったよなあ。




ヘナン、スタメンで出ないかなあ。
細いけど。
(・ω・)

ほんと、細いけど。
(・ω・)

細いわ。
(・ω・)
















さて。
試合前半に昨日の試合に出たみなさんがリカバリーしてました。
終了後も小野伸二が出ているせいなのか、残って見ていたようです。
いつもなら、すぐにクラブハウスに入るのになあ。

したっけ、
赤い帽子の都倉と他2名。
誰なのか見えなくてわからなかったんだけどさ。


踊ってた。
踊りを踊ってた。




そう、あの踊り。
キングオブコントでバンビーノが踊っていた踊りに違いないっ!
狩りの踊りに違いないっ!

見てたのかっ?
あんたたち、キングオブコント見てたのねっ!






あたしゃ、リンゴスターの初々しさに心躍ったけどね。
(● ̄  ̄●)









優勝については何も言うまい。

















と、いうことで。
なんだかんだ頑張るか。

内村圭宏を諦めないわたくしであった。













ではでは。
(・ω・)ノ


[PR]
by keme-0619 | 2014-10-20 22:30 | サッカー | Comments(4)

わたくしが一番好きなコンサの歌は
「世界を切り拓け」


ラララララーラ
ラララララーラ
俺らは知ってるぜ
仲間信じ ひとつになって 戦う強さを
さあ 行こうぜ 道は険しくても
突き 進め 世界を切り拓け

特に
「さあ 行こうぜ 道は険しくても」
という歌詞が好き。
道は険しくても行くんだぜ。
俺らコンサドーレは行くんだぜ。


険しい道ばかりだけどさ。
それが、コンサの生きる道。


でも、勝って良かったホッとした。

コンサドーレ札幌 対 カターレ富山



土曜日に サガン鳥栖 対 セレッソ大阪 を見ました。
スピード感あふれる試合。
ゴリゴリの選手が走り回る試合。
でも、パスも繋がっていたサッカーだと思ったんです。
そのパスの繋ぎ方も早い。
だから、スピード感あふれる内容になったような。

この試合を見て、判断力の早さが必要だと実感しました。
スピード感のある試合って、判断が早いから次にボールがまわる。
それぞれの判断力とリズム感とコンセプトの共有力。
それがガチっと嵌ると見て楽しく、感じて楽しく、勝利で楽しい試合が実現するんだな、と。


で、
今日のコンサの試合を見たら前半のつまんなさが哀しかったですね。
富山だからあの試合ができたようなもの。
て、いうか。見事に相手に合わせて過ぎのような気がしました。
前半は本当に気持ち悪いリズムで、ボールをもらってから考えてるように見えて
もどかしい試合でした。

でも、後半からはいいリズムになって2得点できて
今日の勝利はある意味ラッキーな部分があったような・・・。
J1に行くにはまだまだ厳しいです。
J1で戦えるコンサにならないと厳しいような気がしました。



とはいえ。
勝つということは本当にうれしい。
勝つまでは苦しいけど、
勝つとその苦しさから開放される。
その開放感が気持ちいい。

コンサドーレ札幌の試合を見るときだけに感じるこの気持ち。
だから、やめられないのでございましょう。


この開放感を感じることができるような試合を
1つでも多く見たいですな。
試合数は少なくなってきたけど、
おまけの2試合が欲しいですな。

PO行きたいな。
やっぱり、行きたいな。

去年は私を国立に連れてってくれなかったからなあ。
今年こそ、私を味スタに連れてって。
て、言ったらヴェルディ戦になるわな。
(・ω・)



ヴェルディ戦は行けん。
その次の味スタに連れてってくれ。
(・ω・)ノ















さて。
次の相手は湘南。
湘南は優勝しましたが本日は負け。
すると気を引き締めてくるから
私たちはもっともっと危機感を持って試合に挑まなきゃいけん。


ドームでガッツリ応援して、残り少ない生試合を楽しもう。


あ、湘南ですけどね、いいんですかね。
今日のホームでは観客が8千なんぼでしたよね。

J'sGOALのページ

優勝報告をやるっていうのに
今の湘南なら勝ってからの優勝報告になるってわかってるのに。
いや、負けたけどさ。
でも、優勝してJ1に上がってサポーターと喜びを分かち合う試合に
8千なんぼってのはどうなの?

と、思わさってしまった。
余計なお世話ですけどね。
老婆心ですかね。わたくしも歳取ったもんですからのう。



もっと盛り上がってもいいと思うんだけどねぇ。







なんて、ことを思ったりして。








あ、
タイトルですけど。
2回です。すんません。2回しか着てません。
スカパー観戦で着るのは2回目です。
でも、2回とも勝ちました。
次回のスカパー観戦時にも着ます。

半そでだけど。
(・ω・)













明日は久しぶりに宮の沢に行きまする。
練習試合を見に行きまする。
いつぶりの宮の沢だべ?
HTP以来?

楽しんできます (=゜ω゜)ノ









ではでは。










[PR]
by keme-0619 | 2014-10-19 23:46 | サッカー | Comments(0)

私は飛びこんだ。
勇気を振り絞って飛び込んだ。

飛び散る水しぶきが空と海との境目。
息。
息が。
息ができない。

慌てる私はパニックになる。
足と手をバタつかせ、叫ぶ。
ハワイの海で恐怖を叫ぶ。
が、叫べども叫べども言葉にならない。

「私はここで終わるのか?このハワイの海で人生を終えてしまうのか?」

そのとき、私の目の前に赤い浮き輪が飛び込んできた。
その浮き輪を差し出してくれたのはイケメンのスティーブだった。





ん?(・ω・)


違うな(・ω・)

イケメンの名前はスティーブじゃないな (・ω・)

イケメンの外人はみんなスティーブになるなぁ。
だから、スティーブじゃないって。















ハワイ滞在4日目。
わたくし達はオプショナルツアーに申し込んでおりました。

名門イルカ大学

旅行の日程が決まり、スケジュールをつめているとき
「このオプションに行きたい」と娘が言ってきました。
今回の旅行に足りかなったもの、それはアクティビティ。

わたくしも旦那も全くアクティビティのことは頭になく
言われてから初めて「あ~、なるほどねえ」と。
とはいえ、体力がなくなってきているわたくし達夫婦。
全行程6時間のマリンスポーツに参加できるのか不安でしたが
娘は若い、若いので「やっぱアクティビティよね」ということで
申しこんだのでございます。

名門イルカ大学。



当日はなんだかんだあったようで、ワタワタした始まりでしたが
無事に現地に到着。
船に乗ってイルカ探しの旅へ出発です。

ここで、わたくし思いっきり勘違いをしていたことに気づきました。
水族館的なところで、イルカと戯れると思ってたんです。
説明をよく読まなかったんですな。
(・ω・)

したっけ、野生のイルカに近づいてシュノーケリングとな。

さらに、わたくし恐ろしいことに気づくんです。
「そういえば、泳げないんだ」
そう、わたくしちゃんと泳げません。足の着くプールで5mくらいの平泳ぎ(犬掻きに近い)。

ここは海。
足はつかない。
救命胴衣はつけるけど、初めてだ。
しかも、シュノーケリングなんて本当に初めてだ。

よくこんな状態でシュノーケリングをやろうと思いましたねえ。






さて。
泳げないわたくしはスタッフに「泳げない宣言」をし
先に海に飛び込みました。
「早く飛び込まないと後の人が続けないからね!」という厳しいお言葉のおかげで
わたくしは飛び込むことができました。

が、しかし。
前述のとおり、溺れたのでございます。
軽く、あくまでも軽く。
軽く溺れる感じで。

スティーブ的なイケメンインストラクターが助けてくれて
その後はずっと付きっ切りではございましたのですが、
スティーブ厳しいんです。

「ヒザオ マゲナイ!マゲナイ!マッスグ!」と。
足ひれつけて前に進まないんですもの。
しゃーないっす。

それに、口で呼吸することがこんなに難しいとは思いませんでした。
あせって呼吸するから余計に苦しい。
慣れるまでに時間がかかりましたよ。

そんな中、イルカは近くを通ったようで、スティーブはなんだか叫んでいたので
海の中を見たらイルカが泳いでました。
ちょいと遠くに。
でも、海の中からイルカを見ることができて嬉しかったですねえ。


その後、何度かイルカを見るために皆さんは海に入ったのですが
わたくしは疲れ果てずっと船からみなさんの様子を楽しんでおりましたとさ。






さ、イルカの後はウミガメです。
イルカより見やすいということと
ゆっくり泳いでいいということと
少しシュノーケリングに慣れたので
わたくし再び海に入りました。

今度、浮き輪担当になってくれたのは娘でした。
水泳を習わせて良かった~!と、心から思いましたよ。

みなさん、子供には水泳を習わせませう!(・ω・)ノ




海の中をのぞきながら泳ぐと別世界のようでした。
海なのに宇宙を感じたり、空を感じたり、死んでないけど天国を感じたり。

寄ってくる魚にわ~わ~言いながら、ウミガメにわ~わ~言いながら
さっきとは全然違う余裕のあるわたくし。

「シュノーケリングって楽しいいいいいい!」


ええ、楽しかったんですもの。
本当に楽しかったんですもの。





また、行きたいなあ。イルカ大学。




では、担当の美女カメラマンが撮ったこの日の様子をご覧ください。



b0006798_21174800.jpg















この日のイルカのみなさん。





b0006798_21183648.jpg















ウミガメを見ると幸せになれる。






b0006798_21195768.jpg















オアフ島の西海岸らしいっす。



b0006798_21220799.jpg















海の中からわたくし達親子3人。
真ん中がわたくし。
旦那も浮き輪が必要だった(・ω・)
右はわたくしが命を預けた娘。




b0006798_21233550.jpg















最後に記念撮影。











あ~、本当に楽しかった~!
ヽ(^◇^*)/ ワーイ









[PR]
by keme-0619 | 2014-10-06 22:23 | おたのしみ | Comments(0)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ



金土日と3連休でした。
10月のシフトはなんだかめちゃくちゃで。
とはいえ、お休みはお休み。
ログイン時間が足りないなどという
戯言が発生したら完全無視しようと思ってます(笑)







〔金曜日〕
台所大片付け大会を開催しました。
いらない食器やら、いらない細々したものやらを処分し
レイアウトを変え、すっきりさせました。


気分がすっきり。
これが継続できればの話ですがね。



ま、気にしない気にしない。



1日中やっていたので、かなり疲れました。



〔土曜日〕
したっけ、起きたら10時でした。
ヽ(;▽;)ノ

あら?なんで?なんで10時?
と、不思議に思いながらも、試合までに
家のことをやりました。

あっという間に4時になり、
ピッチの悪さに愕然としながら見たわけです。

コンサドーレ札幌 対 水戸ホーリーホック

思えば、初めてのアウェイが水戸。
水戸駅からバスに乗ってスタジアムに行ったとき
震災後の様子に驚いたのと同時に

遠い事に驚きましたとさ。


とはいえ、このときは
勝ったのでいい気分でした。
帰り際に宏太のキーホルダーを買いました。
水戸の9番。

そんなことを思い出しながら前半見てたんですけど
なかなか点が入らず、隣で娘は「つまらん」と。
結局はどろどろのどろーで。

う~ん。勝ちたかった・・・。
本当に勝ちたかった。




ちょいとテンション低くなりながら参加したのが・・・。
そう、セカンドサポート「ナマーラ北海道」の飲み会ですな。

委員会のお友達に誘ってもらって参加してきました!
芳賀さんが代表を務めるセカンドサポート。
その活動のひとつが「ナマーラ北海道」
ブラインドサッカーですね。

その支援している皆さんが集まる飲み会に行ってきたんですよ。
人数がたくさんいるので、なかなか芳賀さんとはお話できない状態ではありましたが
他のコンササポさんがたくさんいたのでとても楽しかったですね。

しかも、娘のお友達が二人もいて
「娘、顔広いな(● ̄  ̄●)」と感心いたしましたわ。
どこにでもいる娘のフォロワーのみなさま。


で、
芳賀さんとお話するチャンスがあったときに
甥っ子の話をしました。
去年、U5の短期スクールで芳賀さんに教わってたんです。
したっけ、覚えてくれてましたよ。

「サッカー嫌いでしたよね」

ええ、そのとおりです。
二度とやらんといってます。
ピッチ内に入るときには芳賀コーチに連れていってもらってました。

ええ、贅沢な甥っ子です。


覚えてくれていて嬉しゅうございました(笑)


では、芳賀さんとケーキ。



b0006798_2327059.jpg






















セカンドサポートのHPは こちら。





〔日曜日〕

2年ぶりくらいにエスポラーダの試合を見に行きました。
娘も行くといいましたので、チケットを2枚。
したっけ、娘のお友達もご一緒。

ええ、昨日会った彼とご一緒に。


前回も思ったんですけど、やっぱり客層が若いんですよ。
並んでいる人たちを見ると、子供が多いし、そのお母さんたちが多い。
で、若い。
若い家族が多い。

コンサとは眺めが違うなあ~、と。

会場に入ると前座試合をやってました。
少年団とエスポ選手との試合です。

おお~。すごい!
何がすごいって、少年たちは点を入れてる!
で、エスポの選手たちがだんだん大人げなくなる(爆)

ゴメスのお兄ちゃんは前座試合に出場しておりました。




さて、本番。

エスポラーダ北海道 対 湘南ベルマーレ

勝手にコンサの前哨戦にしてしまいましたが、
力が入ったのは事実でございます。

湘南に負けてたまるかっ!
聞けばどろーが続いていたようです。
この試合で決着をつけ、コンサの湘南戦へとつなぐのだっ!

と、ひとり勝手に思っていました(笑)

フットサルは足元見るのが本当に面白いですねえ。
究極のパスサッカーみたいで。
狭い中で繋いでゴールみたいな。

で、当たったり
で、当たったり
ええ、当たったり。
ちょいと怖かったところもありましたが・・・。

あ、4-2でエスポの勝利でございました。

後半の最後の方では、負けていた湘南がパワープレイに行きまして
ゴールに誰もいない状態が続きました。
したっけ、隙を突きエスポの選手がゴールめがけて
ぽーん!とボールを蹴りますと、吸い込まれるように入ったんですね。

ええ、パワープレイはとてもリスキー。

それが、かなり面白かったです。


とにかく、勝って良かった!



b0006798_19464614.jpg






















あ、これはハーフタイムのPK対決です。
リスポくんのオヤジかげんが非常に良いです。
いつもキレッキレのドーレくんを見ているので
たまに、リスポくんのような子を見ると

楽しゅうございます。














エスポの試合を堪能したわたくし達は
琴似へと向かいました。

わたくし、お初の「SPOON」でございます。

コンサの永坂くんのお母様がやっているアイスのお店。
娘は行った事があり、以前から美味しいと聞いておりました。
Twitterでもサポさんやら、選手たちが通っているようで。
憧れのお店でもございました。


地下鉄東西線琴似駅5番出口を出てちょいと歩いたらございましたの。
かわいいお店のドアを開けると、数種類のアイスが並び
パフェなどのメニューがありました。

で、壁には一面コンサくんたちのサインがずらずらずら~と。

心の中で狂喜乱舞するわたくし。
(=゜ω゜)ノ

少々迷いながら「あんパフェ」を頼みます。
娘は「ブルーベリーパフェ」を頼みます。


b0006798_19464812.jpg






















諸事情によりブルーベリーパフェの写真がございませんが、こちらが「あんパフェ」

白玉もごろごろ入ってます。
かかっているのはあんこのソースです。
刺さってる細いのはたぶん春巻きの皮を揚げたものかと。

で、美味しいの!
皆さん言っているとおり、本当に美味しい!
基礎のソフトクリームが美味しいので
アレンジするともっと美味しくなるのですねえ。

最後の最後。
このパフェの底には恐らく水羊羹が入っていたと思われますっ!

あんこを堪能するなら「あんパフェ」をっ!






二人で幸せに浸りながら食べていると、永坂くんのお母様がやってきました。
娘のことを覚えてくださってたようで、声をかけてくれました。
娘、感激ですな。

で、写真を撮ってもらっちゃいました。

実は、お店の壁には来店した選手とかサポさんたちの写真が飾ってありましてね。
わたくし達はわいわいわいわいしながら見ていた訳です。


もしかすると、ここのわたくし達の写真が追加されるかも・・・。

そうだと、嬉しゅうございます。
ヽ(^◇^*)/


また、行かねばっ!


















そして、店内のBGMはわたくしを泣かせる。























濃密な3日間でした。

明日からまたがんばろ。















ではでは。

[PR]
by keme-0619 | 2014-10-06 00:10 | サッカー | Comments(0)

奥さん、秋ですね。
朝は寒いですね。
布団は普通のおふとぅんになってきましたよ。


ハワイの暑さが懐かしい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。




さてさて。
毎年モヤさまがハワイに行って、いろんなハワイを紹介してくれてまして。
「あ~、ハワイに行ったらここも行きたいなあ」
なんて事を常々思っていたわけです。

そして、今回のハワイ旅行では「モヤさまだ!モヤさま制覇だ!」という勢いで
わたくしはハワ大に行ったのでした。

すると、娘も行きたい場所があったらしく、このドライブDAYで実現したのでございます。







ドールプランテーションを後にしたわたくし達。
次に向かうはあのモヤさまで食べてた海老のプレートランチへと。


車で販売している海老のプレートランチで
車体にはたくさんというか、きったない位のお客さんたちの落書きが(サイン的なや~つ)

とにかく、その海老が美味しそうだったので、絶対に行きたかったんです。
とりあえず調べて向かうと、なんだか同じような車がたくさんあって
どれがモヤさまで行った海老屋さんなのかわからず。

でも、娘と旦那が「この車だ!」ということで行ってきました。
写真はえ~と。撮ってなかったね。

でも、プレートランチはこれよ。



b0006798_745223.jpg






















この日はなんだかんだ食べてるのでこのプレートを3人で食しましたとさ。
美味かったねえ。
海老とガーリックは合うねえ。


本当はビールと共に食べたかったねえ。














お次は、マツモトシェイブアイスでございます。

ここは昔から有名だったので、新婚旅行でも行ったんですけど
娘は初めてですからね。
行ってみました。

で、
ここのシェイブアイス、甘いという思い出しかありませんでした。
しかも、一口食べて地面に落としたという悲しい思い出とともに・・・。


お店に着くと相変わらず人がたくさん並んでいます。
娘と並びレインボーを頼みます。
しばらくして出てきたレインボーはあの懐かしい地面に落としたレインボーでございました。

懐かしさに涙するわたくし。
一口食べてみましたところ・・・「おや?前より甘くない」
いや、甘いんですよ。
シェイブアイスは甘いんです。
でも、昔感じた脳みそがとけるくらいの甘さではなく、
普通の甘さでございました。

これも1つを3人で食す。


したっけ、最後の方で激甘が襲ってきました。
底にたまったシロップが本領発揮したようです。




懐かしさにふたたび涙しました(笑)










そして、次に行ったのはサーフショップ。
マツモトシェイブアイスからすぐ近くのお店。
ここもモヤさまで行ってましてね、テンションの高いおじさんがいたんですよ。
「会えるかな~」と思って入ってみました。

残念ながらおじさんはいませんでしたが、
なんと!モヤさまのシールが張ってましたの!


b0006798_7454859.jpg






















で、お店のおねえさんが「こっちにもあるよ」と教えてくれました。
英語で。


b0006798_7454713.jpg
























ははは。
写真がぶれぶれですね。
すまんね。

このサーフボードは店の奥にあって、サーフボードと共に記念写真が撮れるように
スペースを空けてくれておりました。
わたくし、張り切ってこのサーフボードと記念写真を撮りましたよ!
ブログにはアップしませんけどねっ!


あ~、楽しかったわあ。
モヤさまを堪能しましたわあ。
















その後は海沿いをずっと走って、有名なビーチをめぐりました。





b0006798_7454966.jpg

















亀で有名なビーチ。





b0006798_7454917.jpg



















娘とビーチ。





b0006798_7455370.jpg

















素敵なビーチ。





b0006798_7455218.jpg

















素敵な海。
















そして、最終目的地の「カイルアナイトファーマーズマーケット」に行きました。

お祭り気分のこのファーマーズマーケット。
ショッピングモールの駐車場で毎週木曜日の夕方から開催されます。
ごはんや野菜やなんだかんだの出店がたくさんあり
晩ご飯はここで食べましょうということでスケジュールに入れておりました。

到着したらすでにひとひとひとでいっぱい。
本当に美味しそうな食べ物がいっぱいあって迷ってしまいましたが、
結局

娘がフォー。
わたくしがどこかの国のカレー。
旦那が肉系のごはん。


近くでは誰かが歌ってて、
金髪の赤ちゃんがめんこくて
おとなしい犬に癒されて

楽しい時間を過ごしました。




写真を撮るのを忘れたんですよねえ。
ごはんも場所も。

ん~残念。


あ、そうそう。
ここではジンジャエールも買って飲んだの。
したっけ、ジンジャー感満載で日本の甘ったるいジンジャエールとは大違いでした。

うん!美味しかったのだ!



カイルアファーマーズマーケットは ここ。














レンタカーは良いですぞ。
日本の免許書で運転可能です。
ホノルルの反対側とか行く場合は
絶対レンタカーが便利です!











ぜひぜひ!












そして、次の日は待ちに待ったイルカでございます。

















つづく。


[PR]
by keme-0619 | 2014-10-02 21:50 | おたのしみ | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31