「普通に死にたい」

と、突然娘が言った。
驚いた私は彼女に理由を聞く。

彼女が見つめる先にはテレビ。
そう、テレビには



「クリミナルマインド シーズン6」



わかるよ、娘。
母ちゃんはわかるよ。



だって。

拷問されたり、
ナイフで全身刺されたり、
エチルアルコールに生きたまま漬けられたり、
普通にコンビニで買い物してるのに拳銃で撃たれたり、
手足を縛られて、恐怖におののきながら、口をふさがれたり、
生きてるうちに皮をはがされたり、
乗ってる車が爆破されたり、



そんな状態で死にたくないよね。
普通に死にたいよね。
普通に死ぬのが一番だよね。








普通が一番だよね。
普通に生きているのが一番だよね。
そして、普通に大好きなチームを応援したいよね。

普通に大好きなチームがあって
普通に一喜一憂できるってさ、







本当に幸せだよね。







そんな日曜日の夜ですが、みなさまいかがお過ごしですか?












ここ最近、
試合前には熱が出ます。
子供のように熱がでます。

本日は、試合開始時に37度1分でした。


頑張ってるようでしたが、なかなか京都をかわすことができず。
ボールを取られてばかり。
京都の細かいパスがすんごく繋がって
いつものコンサのいいところが出てない感じ。

したっけ、
奈良さんのミスからの失点。
あああああああ。
熱が上がったと思ったら
少々具合が悪くなってきました。

心臓がバクバクバクバクと。


洗濯物を干して、
おでんの用意して、
なんだかんだしてたら、
PKになってました。

( ̄▽ ̄)


ははは。

したっけ、熱が37度5分まで上がりまして
具合は完全に悪くなってきました。









後半が始まり
体調の悪さはMAXになり、

「駄目だ。寝る」と横になりました。
茶の間のテレビの前で。


あ~、もどかしい。
ほんと、もどかしい。

気持ちは見えるけど、スキルが付いていかない。
そんな感じで。

京都は、気持ちもあるけどスキルもある。
ここというところのスキルが違う。
そんな感じでした。

気を失いそうになりながら
寝ながら、水分補給しながら
80分まで見ていましたが
急に元気になって、その後終了までは
部屋の中をウロウロしながら見る事ができました。



そう、熱は37度に下がっていましたとさ。









試合終了。
完敗。

完敗でしたわ。





でも、何故か悲壮感がなく、
まだまだ諦めることはできないと思いました。

そう、まだ先がある。
なんだかんだの先がある。


私を国立に連れてってくれる
なんだかんだがある。
そんな気が凄くしています。


色々意見はあるでしょう。
来年に向けての試合をした方がいいとか
さっさと諦めて次へつなげろとか。

でもね。
まだ、次を見る段階じゃないと思うの。
次にはつなげるけどさ。

うちのうっちーが言ってたっしょ。
月刊コンサドーレで。
みんな読んで。
本当に読んで。

だから、最後の最後まで
諦めずにみんなで応援するの。



それが一番必要。




本当に必要なのは今諦めない気持ち。





諦めない気持ちが来年、その先へつながる。







うっちーの記事を読んで
絶対的な確信を持つ。











11月3日は絶対に勝つ。




そして、私を国立に連れてってくれる。







と、いうことで。
どぞ、よろしく。
(・ω・)ノ


















人間とは
諦めの悪い生きものである。

ジョナサン・CS・ケメロフスキー。








ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-27 20:10 | サッカー | Comments(4)

「内村圭宏」を考える。

夜中の1時半過ぎ。
明日は仕事なんですよ。
土曜日、仕事なのにまだ起きてます。


いいかげん寝なさいよ、あんた。
(゜レ゜)




と、言う声が聞こえたり聞こえなかったり。














金曜日の仕事帰りに、本屋に寄って買ってきたのは
「月刊コンサドーレ」

年間契約をしていないので、発売日にいつも購入するわたくし。
新聞の広告を見たら、うちのうっちーが表紙とな。


こりゃ、いつもより張り切って買わねば!







そして、帰宅後。
昼ごはんがわりのドーナツとコーヒーと共に
「月刊コンサドーレ」を開く。






うちのうっちー。
インタビュー記事を読む。







思えば。

コンサの人気者ツートップ。
ゴールを決めるかっこいいサッカー選手。
いつも女子にキャーキャー言われて、
コンサの貴重なアイドル的選手。


正直、そんなイメージがあったのは確かで。



ところが、
時間を追うごとに、
うっちーに対するイメージは変わっていく。


実は熱い男で。


サッカーに対してストイックで。



そして、
2011年の最終戦。
あのゴールを見た時から
私はうっちーにくぎ付けとなった。










ただ。

そのストイックさは自分だけに向けられたもので、
チームより自分。
そんな感じを、そんなイメージを
うっちーに感じていた。


勝手なイメージですけど。
本当に勝手なイメージですけど。



ある意味、自由に生きる自由人。





それが、内村圭宏だと。
















ところが。

今年の始めというか、
去年の終わりというか、
コンサに残ると宣言してくれてから
少しずつ、今までのイメージがいい意味で崩れてきた。



実は、
「チームより自分」
ではなく、
「自分よりチーム」
になってきているのでは、と。

今までもそう思っていたのかもしれないけど、
今年に入ってから
チームを中心に、
チームを引っ張っていく、
札幌のため、北海道のため、コンサのために
頑張ってゆく。



そんな気持ちを「言葉」として表すようになった。





「言葉」は形となり、
形は現実となり、
副キャプテンとしてチームを引っ張っている。
ゴールが決まった時の笑顔も
本当に喜びにあふれた笑顔になってきている。




と、思ってきた。












そんな時に
今月の「月刊コンサドーレ」である。


うっちーの熱い想いが
コンサに対する想いが
サッカーに対する想いが
サポーターに対する想いが





本当に本当に心臓に突き刺さった。
具体的には、肺の下の左奥だ。






感激して涙が出た。
ドーナツ食べながら涙が出た。

ついでに鼻水もでた。





こんなにコンサの事を考えてくれて
現在も未来も考えてくれて
戦ってくれている。














これが、

うちのうっちー。
内村圭宏なのである。












だから、読んでね。
月刊コンサドーレ。




絶賛発売中。










「今月の月刊コンサドーレ、うちのうっちーの特集だよ」
と、娘に言うと


「あなたのうっちーじゃない」


( ̄▽ ̄)





ま、
「うちの」は「私の」ではなく
「コンサの」という意味ですからね。
お間違いなく。




ちょっと、「私の」が入ってるけど。





あ、ちょっとじゃなくて、結構入ってるわ。














じゃ、寝る。
おやすみ。
(・ω・)ノ








ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-26 02:27 | サッカー | Comments(2)

ドラフト会議の朝。
道内のマスコミは浮かれまくり
いつもの如く、ハムさん祭り。

それを横目にTwitterを見ていたら
「コンサのスポンサーに住友商事」

こ、こ、これは?
どーゆーこと?

記事を読んで、驚く。

広がっている。
ビンさん効果が広がっている。




これって凄いんじゃね?












で、思い出す。
あ、今日は朝からBSでビンさんのことやるんだわ。


住友商事の流れで、BSも見てみる。

ただ。
いつものことだから、そんなに内容は期待せず。
きっと、ベトナムのみなさんが試合に来てる様子とか
ビンさんの初ゴールとか、そんな感じでお茶を濁すのかなあ、と。


したっけ、期待は逆に大きく裏切られる。



ビンさんがコンサに入団した経緯はもちろんのこと、
札幌の様子からはじまり、
まさかのクッシーのインタビューもあり、
しまふく寮のビンさんもあり
自転車で宮の沢に来るビンさんもあって
それはそれは内容盛りだくさん。


で、
この朝の番組の素晴らしいところは
ベトナムの様子も教えてくれたこと。

ビンさんの活躍がベトナムの人たちに
どのように映っているのか、

そして、ビンさん奥さんもっ!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o




ベトナムの盛り上がり方を見ると
ビンさんが本当にベトナムの英雄だということが良くわかる。

そんな素晴らしいビンさんが
我がコンサドーレにいる。
頑張ってる。
みんなと頑張ってる。
チームにちゃんと貢献している。



うん。
素晴らしい。
素晴らしことだ!




朝のBSの番組は、
ベトナムのみなさんと北海道が色んな意味で
繋がり始めていることを教えてくれた。



そして、サッカーは世界のスポーツだということがはっきりと分かった。














で、はたと気が付く。



「北海道とともに、世界へ」
確実にこのスローガンが現実味を帯びてきている。


コンサドーレの選んだ道は間違っていない。

もしかしたら、もの凄いパイオニアとなって
Jリーグを引っ張るのかもしれない。

なんか、そんな気がしてきた。



















道内のマスコミは相変わらずハムさん中心である。
コンサが世界を見ていても
どさんこ選手が活躍しても
ホームで勝っても、
天皇杯で勝っても、
きちんと報道はされない。


で、
今回の住友商事のスポンサー契約の記事は
全国ニュースから始まり
日経新聞に掲載された。

つまり、全国から。


道内のマスコミを置いてきぼりにした感じで。







以前、私はブログに書いたことがある。

「外から攻めろ」と。


外から攻めて、外から盛り上がれば
道内のマスコミはやっと重い腰を上げるはず。

今回のニュースの出方を見ると
「外から攻める」の第1歩のような気がしてきた。

道内のマスコミがハムさんだけに目を向けている間に
道外のみなさん、世界のみなさんがコンサに目を向けて
いつの間にか、コンサは世界中で認知されるチームになるのかも。


本当にそんな気がしてきた。


なんだか、ワクワク感が止まらなくなってきた。
















きっと、そのうちに
白い恋人をベトナムのみなさんが美味しく食べて
CLASSICをベトナムのみなさんが美味しく飲んで
ゆめぴりかをベトナムのみなさんが主食として食べて
JALの飛行機でベトナムのみなさんが北海道に来て
kappaのウェアをベトナムのみなさんが着始めて

そして、なんとか頑張ってベトナムのみなさんがJR北海道の汽車に乗る。



と、いうことが期待できる。
いや、そうなる。

だから、企業のみなさん。
世界に羽ばたくコンサドーレのスポンサーに
今のうちからなってくださいよお。

絶対に良いことがあるから。














そして。


活きのいい選手がたくさんいるんだから。
これからの日本代表候補がたくさんいるんだから。
お兄さんたちだって頑張ってるんだから。
今すぐ日本代表が出る可能性だってあるんだから。





ほらほら。
今から目をつけておけば
今後の楽しみは3000倍くらいになるのよ。











さ!
みなさん!
スタジアムへ
レッツらごー!だ。









古いな。

言い方が。

( ̄▽ ̄)









ま、気にしないでね。
d( ̄  ̄)





と、いうことで。





ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-24 21:07 | サッカー | Comments(2)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


ついこの間まで暑い暑い宮の沢だと思ってましたら
すっかり秋で紅葉がきれいでした。

雪虫がどんどこ飛んでおりますけど、
冬前のちょいと一休み的な感じで
とても暖かい秋の午前中。


宮の沢の木々が色づいている中、コンサくん達は元気に練習をしていたのでございます。






到着したら、偶然に友達も来てて
土曜日に買ったばかりのレンズをつけて
写真を撮っておりました。


d( ̄  ̄)


わたくしも、欲しいわ一眼レフカメラ。








で、スティーブはこっちを見ていたのでしょうか?












と、いうことで。

わたくしの、宮の沢での練習見学が始まります。





みんなの分のマットを持ってくるうっちー。
金髪が光る日高。
刈り上げが青々としてる荒野。
じゃんけんに勝って喜ぶ前俊。
レガースを片づける翔太。
ステキなゴールを決める夢ちゃん。
おしりを痛がるキャプテン。
ゴールを守るホスン。
相変わらず声が大きいフルベ。
走りまくるゴメス。
太ももが太い前くん。
ボールさばきが美しい深井くん。






愛すべき選手たちは頑張っておりました。



















で、ミニゲームの時。



3分の2くらいのエリアで
黄色さんチームとグレーさんチームに分かれたんです。

そりゃ、白熱したゲームで。
練習だけど、ほんとに面白くて。

その中で、砂さんは赤。

つまり、フリーマン。
フリーダムに動く。
いやいや、そういう意味ではなく。


黄色さんチームにも
グレーさんチームにもなる。

それがフリーマン。





見てたら、
フリーマンて、頭が良くないとできないな~、と思いましてね。

いや、奥さん。
ほんと、そうなの。

黄色さんが攻撃しているときには、黄色さんの攻撃としてフリーマンの砂さんは動く。
で、グレーさんが攻撃になったら、即座に切り替えてグレーさん用に動く。

スイッチが適切に切り替わり、
切り替わると、そのチームのためにゲームを作る。

これって、本当にサッカーを理解して
ゲームを理解して、動きを理解して
全てを理解していないとできないと思ったんですよ。




今日のミニゲームは砂さんばかりを追いかけてました。





後半は河合キャプテンがフリーマンではあったんですけど、
砂さんの勝ちかな。
(=゜ω゜)ノ




たぶん。
みんながフリーマンを美しくできるようになると
チームは強くなるんじゃないでしょうかねぇ。



なんてことを思いました。
秋の宮の沢で。










心地よい日差しの中で練習は終わり
お友達は出待ちへと。
わたくしは洗濯が途中だったので
家に帰りました。



で、クラブハウスの屋上をみたら
うちのうっちーがテレビの取材を受けてました。

どこのテレビかなあ~。
いい感じで放送してほしいなあ~。
放送決まったら教えてほしいなあ~。
VTR放送だけだとHPにアップされないからなあ~。





お手数おかけいたしますが、教えてくださいな。









と、いうことでみんな頑張るべ。
ヽ(^。^)ノ










ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-24 00:57 | サッカー | Comments(2)

なんだかんだで月曜日。

相変わらず、頭痛は治らず。
目から来てるのか
血圧からきてるのか、
脳みそが解けてるからなのか、



それは誰にもわからない。



いや、わかるから。
病院に行け、ということで。
その内、病院にでも行ってみませう。

(・ω・)ノ





結局、人間ドックって基本的な部分を調べるから
他はオプションになるのよね。
今回は、乳がんと子宮がんをオプションにしたので
それだけでお腹いっぱいになりまして。



たまには受けるのもいいわよね、人間ドック。
看護師さんの手際の良さに感動するから。
( ̄▽ ̄)












あ、感動といえば。

「ウレロ未確認少女」を娘が借りてきてくれて
見てるんですけど、やっぱり本当に面白いの。

感動しなけど。
いやいや、別な意味で感動なんだわ。
面白さに感動だわね。


シチュエーションコメディは良いねえ。


借りてきたDVDに1話づつ反省会が収録されてるんだけど、
1話目の収録にはリハーサルに時間をすごいかけたみたいでね。
シチュエーションコメディなので、舞台のように最初から一気に
やると思うのよ。

まさしく舞台だから。

通し稽古を収録前に何度も何度もやって
本番を迎えたようで。

アドリブやキャラクターで笑わせるコントもあるけど、
やっぱり内容を練りに練って完成させたウレロは
質が高くて面白い。


うん。本当に面白い。


続きが楽しみ。














あ、楽しみといえば。


テレビ見てたら「キャリー」のCMが流れてまして。

「キャリー」と言っても、ぱみゅぱみゅではなく。
「キャリー」と言っても、バッグではない。

映画ですよ、映画。
ホラー映画ですよっ!奥さん!

昔流行った「キャリー」のリメイク版。




思えば。

学生の頃ですかね、「キャリー」を見たのは。
それはそれは、怖い内容だったんだけど、
精神的にやられるというか。

で、アメリカの風呂には入らんぞ、と心に決めたのも
「キャリー」を見てからで。


そして、ラストシーンですよ。
本当の恐怖はラストだったんですよ。
あたしゃ、叫びましたね。
恐怖の雄叫びを。


結構、ホラーは見てきてたんです。
わたくしの年代は「エクソシスト」がございましたから、
「ヘルハウス」やら「死霊のはらわた」とか
泣きながら見てましたよ。

でも、「キャリー」はそれとは別の恐怖感があって
もう一回見たいけど、見たくない映画の第1位でした。
(※個人的感想です)


で、そのリメイク。
「キャリー」という一般的な名前は
ぱみゅぱみゅで「カワイイ」となっている現在。

果たして恐怖を植え付けることができるのか。





観たいけどね。

どうする?

どうしよ?















あ、どうしよ、といえば。


どうして、スタジアムDJのみなさんは

「ヴィ・ファーレン」が言えないのでせう。
(・ω・)ノ


記載は「V・ファーレン」

「ブイ」と言いたくなる気持ちもわからんでもない。


でも、「V・ファーレン」のスーパーめんこいアイドルマスコットは

「ヴィヴィくん」
であって
「ブイブイくん」
ではない。




だから、読み方は気をつけましょうね。










とはいえ。

コンサの公式HPで

「うまかな・よかなスタジアム」を
「うまかな・よなかスタジアム」と記載してしまったことに対し
深くお詫び申し上げます。

(・ω・)ノ



直ったけどね。


















さ、資料作ろ。















ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-21 23:21 | なんだかんだ。 | Comments(0)

頭髪の日。
(・ω・)ノ


ども。
わたくしです。

先日の人間ドックでは
とてつもない血圧であったことがわかり、
また、身長が縮んでいたことがわかり、
そして、胃のレントゲン担当の技師さんが
ずんの飯尾にそっくりで、
笑いを堪えるのに必死でございました。
( ̄▽ ̄)






それはさておき。









天皇杯ダイジェストをやっと見て
ミシェルがコンサの事をすごく褒めてくれて。
コンサをフィーチャーしてくれてね。

で、天皇杯の時のスタメンがでででん!と画面に。
ユース出身がこんなにいるんですよ~!と。
7人がユース出身という説明で
ゴメスや夢ちゃんの活躍が紹介されて。

あらためて見たら、このユース出身が7人いて
天皇杯でジュビロに勝つなんて
コンサって凄いんじゃね?

なんて、思いました。
こんなチーム他には無いと思ったんですね。

そうしたら、本当に嬉しくなって、
福住からドームへ歩いているときに
笑みがこぼれてしまいましたとさ。

傍から見たら気持ち悪いおばちゃんになってましたけど。


ま、気にしない気にしない(・ω・)ノ





ドームに近づくにつれて
試合が見れる幸せを感じて
到着したころには感動の嵐でした。

一人で。
ひとり感動の嵐。



これも、また気持ち悪い。


ま、気にしない気にしない(・ω・)ノ












で、友人達と本日観戦となったわけです。
唐突ですけど。

友人、そして友人の友人。
計二人のご新規さん。
彼女たちは熱烈なハムファンで
行ける試合は頑張って行く。


さて、どうかなあ?
彼女たちは楽しんでくれるかなあ?
野球とは違うからどうかなあ?


そんな中試合は始まりました。








通常であれば、色々説明しながら試合を観るんでしょうけど。
本日は、本日の試合はかなりわたくし、試合にのめりこんでしまい
彼女たちをほぼ「ほったらかし状態」に。

しかしながら、二人は二人でプログラム見ながら
「誰がかっこいい」だの
「誰がかわいい」だの
「みんな若い」だの。

勝手に楽しんでくれてたようです。









試合は、かなりのエキサイト。

日高のびゅーてほーなゴール。
砂さんのごーじゃすなゴール。
そして、うちのうっちーのど根性ゴール。

素晴らしいゴールを3つも。

はっ!
頭髪の日ということで、散髪のキャラクターが来てましたわね。

散髪→さんぱつ→三発!
そのとおりに、三発のゴールでしたわああああ!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o







疲れたけど。
本当にサッカーは疲れるけど。

やっぱり楽しかった。
勝ったから特にね。
d( ̄  ̄)







天皇杯は若者たちが。
本日の試合はベテランたちが。
それぞれの力を出し切って、勝つために走りぬきました。

それぞれが熱い気持ちで競争して
勝ち抜いた人間が試合に出れる。
素晴らしい競争ですな。


わたくしが一番求めていたチームのあり方。
下から押し上げ、上から引っ張る。
全体的に上がっていく。
上昇していく。

そんなチームが出来始めているのかもしれません。


完成した後には、「名を売る」ための試合ではなく、
「勝つ」ための試合をするんだと、
全ての人たちに認識させることになるでしょう。







と、思った日曜日。













友人達は「また来たい。次はゴール裏に行きたい」というので
連れて行くかもしれません。
「野球の試合がないから、ぜひおいでね!」と言っておきました。
(・ω・)ノ


で、彼女たちは日高の走りっぷりに驚愕しておりました。
やきうは走らんからね。


「あの人、ず~っと走って凄い!」







ふふん。
チームで一番もてる男なのよ。

と、補足説明しておきました。










彼女たちが帰る時

「実はねえ、私たちがドームに来ると勝率が悪いの」
「ふぇ?」
「ハムの試合、ほとんど負けてるの。二人で見た時は」
「なんですとっ?」
「言うわないでおこうと思ったんだけど、勝ったからいっちゃった!てへっ!」








( ̄▽ ̄)







良かった、勝って。
d( ̄  ̄)













ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-21 00:11 | サッカー | Comments(2)

ども。
(=゜ω゜)ノ

ここ最近、めまいが急に襲ってくることが多くて。
わたくし考えるに、これはPC、およびスマホの使いすぎかと。。。

わかってるなら止めなさいという声が聞こえる今日この頃です。










先日のHTP。

会場に入ってから、まずは座る場所を確保しました。

いつも練習を見るときは、建物側の席しか座ることができないので、
練習風景の向こう側はいつも太陽と公園。
ところが、この日は座席は全面開放となりましたので、
いつも座ることができない公園側の座席へと向かいました。

したっけ、景色が違う。本当に違うものですねえ。

あたり前なんだけど、反対側から見るとクラブハウスが良く見える。
中までは見えないけど、なんだか得した気分。
HTPが始まる時に選手たちがわらわら出てきて
クラブハウス前の階段にみんなが座っていて。

普段みることができない光景が嬉しくて。
これだけでも来たかいがあったというものでね。


ほんと、得した気分。

(*^^)v








すると。

ぽつぽつと人がピッチに入り始めてました。

そう、本日は私たちサポーターもピッチに自由に入ることができる。
どれどれ。
わたくしも、芝生の感触を楽しみましょう、とピッチ内に入りました。



その時に、そばにいたスタッフらしき方とお話ししたんです。
どのような立場のスタッフさんなのか、ちょっとわからなかったんですけど。


で、わたくしず~っと疑問に思っていたことを思い切って聞いたわけです。




「あの木はどうしてピッチの中にあるんですか?」







宮の沢の練習場の中。
選手たちが走り回る緑色のピッチの中に
大きな木が1本。ど~んと立っているんです。

何故に木?
この中に木?

きっと何か意味があるに違いない。
そう思っていても誰にも聞けない。
誰かに聞いてもわからない。



で、そばにいたスタッフさんに聞いてみた訳です。


答え
「この練習場が出来た時からずっとあるんですけど、
どうしてあの木だけが残っているのかはわからないんですよ」




なるほど。
なるほど。

そこで、わたくし更にお願いしてみました。



「どうしてあの木が残っているのか気になるんですよ~」

「じゃ、誰かに聞いてみますね」

「ほんとですか?ありがとうございます。
理由がわかったらホームページにでもアップしてもらえますか?」

「あ、そうですね。『よもやま話』的に載せますね」

「楽しみに待ってます(*^^)v」







と、いうことで。
実現するかどうかはわかりませんが、
いつの日か、ピッチにでででんと立っている
あの木について詳細がわかるはずでございます。






お願いしますよっ!











私待つわ。
いつまでも待つわ。












そんなこんなで、今日は寒いので暖房のスイッチを「ON」
( ̄▽ ̄)






だって、さむいんだもの。
 @けめを






ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-17 00:44 | なんだかんだ。 | Comments(2)

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


今度の試合には友人を連れて行きます。
友人の友人も来ます。

一度サッカーを見てみたいそうです。
ただ、彼女たちは熱烈なハムファンのため
コンサになびくことはないでせう。

最初で最後のコンサの試合だと思うけど
楽しんでくれると嬉しいわぁ。













さて。
本日はハーフタイムパーティでございました。
ハーフタイムといいながら
残り6試合のこの時期に行うという。

でも、いいんです。
本当に楽しかったから。
ヽ(^。^)ノ






選手と一緒にサッカーができる。





なんだか、基本に戻ったみたいで、
お金をかけずに自分たちでやる、てな感じで。

派手なイベントは無いけど
DJは来ないけど
お金もかけられないけど

自分たちのできる範囲でみんなで楽しむ。
そんな感じのHTPでした。






選手やスタッフたちとサッカーができるって本当に素晴らしいと思ったんですよ。
ぐる~っと見て回ってたら、みんなが笑顔でサッカーしてる。
サッカーを心から楽しんでる。
そんなふうに見えました。

私は女性向けサッカーに参加したかったけど、
足が痛かったので断念いたしました。
股関節ですよ、股関節。
最近、股関節が弱いんです。





ま、それはさておき。




まずは、子供たちの中に入ってゲームしている前俊を堪能しました。
本当に楽しそうな前俊で、しかも大人げない。
子供たち相手に、おしゃれな足技満載で戦ってました。
あの前俊の笑顔は、三上に対する笑顔と一緒。


本当に楽しかったんだと思います。




もっとちびっこチームには
ホスン、フェホ、パウロン、ウリさんの顔が濃いチームが参加してました。
子供たちとフェホの身長差ったらありゃしない。
まさに、巨人と小人たち状態。

楽しそうな声と楽しそうな笑顔。
いいよなあ~。絶対楽しいよなあ~。
夏休みにやってたら、絵日記で決まりだよね~。
と、思いながら見ておりました。



ちょいと大きいエリアでは大人の皆さんが参加してましてね。
大人はやっぱり、真剣になっちゃうんでしょうねぇ。
自分のスキルをどうしても見せたい感じで
頑張っちゃってる人が多かったですねえ。
( ̄▽ ̄)

いや、楽しそうだから良いんです。
それで、いいんです。
怪我しなきゃいいんです。





女性チームを見に行きましたら
宏太がいましてね。
こりゃ、考えましたね。
良い人選です。
女性には宏太。
(=゜ω゜)ノ

円陣組んでたり、
ドールズのみなさんが応援してたり、
ラインダンスも一緒にやってたり、
ここはここで、本当に楽しそうでした。
ヽ(^。^)ノ






と、なんだかんだ楽しいゲームを見た後に
コレクションハウスへ行ってみました。
したっけ、おくさんっ!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


良い男満載でしたの!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


まず、見えましたのはミヤザーの一日店長の姿。
お客様対応しておりましてね、
近くで見たら顔がシュっとなってましたの。
顎のあたりが。


で、ちょいと人が集まっているところを見たら
スーツ姿のヤスと砂さんですわよ。
写真撮影会ですね。

ヤスがめちゃかっこよかった!
一緒には写ることはできませんが、
横から選手たちを自由に撮って良いみたいで
娘のために写真を撮りました。

d( ̄  ̄)


したっけ、今度は一日店長がうちのうっちーに交替とのことっ!
接客するうっちー!
購入した品物をお客様に手渡すうっちー!
それが一日店長のお仕事うっちー!

で、交替時はミヤザーと二人でレジのところにいましたのでね。
バシャバシャ写真撮っちゃいました。
隣にいた若い子たちは
「連写だ!連写!」と叫びながら写真を撮ってました。

意外にも、うっちーもミヤザーも楽しそうに接客してたんですよ。
笑顔ですよ、奥さん!
笑顔満載だったんですよ!





あ~、眼福眼福。
もう楽しいったらありゃしない!
と、幸せに浸っていたところ

スーツ姿がキャプテンと日高に交替ですよっ!

あーた。ノックアウトですわ。
日高のスーツ姿は、ある意味反則ですな。
女子がどんどこどんどこ集まり、
もちろん日高押しのわたくしのフォロアーさんもいつの間にかいて
横から撮影大会ですよ。


で、わたくし、考えました。
「今回のHTPのスタッフはサポ心のくすぐりどころを
しっかりわかっているのでは?」と。


スーツ撮影会の人選が
日高、キャプテン、ヤス、砂さん。
スーツの似合う皆様ばかり。
昔の乙女も今の乙女も
心くすぐられる人選。

そして、一番大切な「スーツ」というアイテム。



あ~。わかってらっしゃるわぁ。


女子が大好きなスーツ姿をわかってらっしゃる。
d( ̄  ̄)




今回の一番のいい仕事かもしれないですな。
ぐっじょぶ、スタッフ。
d( ̄  ̄)







そして、イベントも終盤。
メインイベントの始まりです。


チームNono 対  チームZai
つまり、
チーム社長 対 チーム監督

全面を使ったサッカー対決。

一般の方。
OBの大森、宏太、曽田。
コーチ陣。
河合、上原、ゴメス、横野の選手たち。


この皆様が入り乱れてのサッカーの試合でございます。


しかも、主審が砂さんで線審があわかくんと夢ちゃん。
実況はヤスで、解説にミヤザーや古田。



で、この試合がなんでもありで凄かった!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

砂さんの自由な判定。
ときたま参加してしまう状態。

意地になる古邊。
本気になる宏太。
大人げない大森。
魅せる曽田。


一般参加の女性が意外に上手でいい場所にいたりして。
男性陣も各自の技を見せたり見せなかったり。

その中で、抜群の上手さを見せる少年たち。


若さはいいわね。
サッカーの未来は明るいわね。
こんなステキなメンツの中に入って
子供たちがサッカーできるんだもの。



こんなに幸せなことはないわ。
ヽ(^。^)ノ





結局、どっちが勝ったのか良くわかりませんでしたが
宮の沢にいた人たち全員が楽しむことができたサッカーでした。










これまで2回HTPには参加して、今回が3回目。
地味な内容だったけど、幸福感は一番あったかも。









本当にありがとうございました。




















帰りに。

お友達が出待ちするというので少しだけご一緒させてもらいました。

したっけ、ゴメスがやってきて
お友達のお友達が慣れたようにお話ししてて
わたくし、その様子を感心しながらみておりました。

すると、その後、
お友達がわたくしの事を紹介するような感じで
ゴメスに声をかけてくれまして。

ただ。
ただ、わたくし。
見かけによらず小心者ですから、
ひとりじゃ何もできませんから、
どうしていいかわからず、一人で右往左往。

お友達が「一緒に写真をとってあげる」というありがたいお言葉をくれたのに。




「いや、いいです」



( ̄▽ ̄)





こら。
こらこら、わたくし。
ゴメスも若干あきれ気味であったかもしれませんが、
「握手だけでいいんです」
と、いうことで、ゴメスと握手しました。
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


そういえば、札幌ファクトリーでも握手したから2回目。
本日2回目の握手。


男の子なのに、柔らかい手でございました。





ガサツなおばちゃんの手でゴメンね。


と、ここで丁重に謝罪しておきます。
( ̄▽ ̄)







ありがと。ゴメス。






ありがと。ariちゃん。


















さ、明日からまた頑張るぞ~!
そして、日曜日には勝利をつかむぞ~!




















ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-14 22:46 | サッカー | Comments(3)

ども。
お疲れ様です。

クリミナルマインドを娘が借りてきて
ずっと見てるんですけどね。
あ、今回はシーズン5なんですけど、

なんだか、絶望的な内容ばかりで
疲れ果てました。





アメリカって怖いよお。
(ノ・Д・)ノ


















36度5分。

試合開始まであと1時間。
お昼だしお腹も空いたので
ラーメン作って食べました。

スタメンを見て、
どさんこ濃度の濃さに驚きつつも
ゴメスがキャプテンと聞いてすんごくわくわく。

でも、ドキドキ。

だって、ジュビロにはず~っと勝ってなくて、
本日の負け路線をまっしぐらに走って行きそうな雰囲気だったから。
いくらジュビロがあんなこんなどんなそんなになっていても
今日はガチメンで挑んでくる。


そりゃ、全力でやってこられちゃ、こっちがやられる。


そこを心配しつつ1時になります。




36度8分。


始まりから10分。
思えば、去年は開始10分で相手側に点が入ることが多くて
10分がんばろ。10分はがんばろ、と思っていたことが多くて。

で、頑張ってる。とりあえず、踏ん張ってる。


したっけ、気が付くと20分、そして30分と時間がたっている。
0-0で試合は進んでいる。


あれ?
なんだか、去年の開幕戦のような気がしてきたぞ。
これ、うまく行けば0-0で行くんじゃね?


PKまでいくかもしれない。


屈辱の群馬戦よりいい試合展開でいくかもしれない。


心臓が苦しいな。
なんだか、心臓が苦しいなあ。
おでこが熱いなあ。









ここで、やっと体温計で熱を測ってみる。









37度5分。

なんですと?
熱?もしや、熱?
わたくし発熱?



あわてて、水分補給。
炭酸水を冷蔵庫から出して飲む。



前半終了0-0


そして、後半が始まる。


札幌よりもずっとずっと暑いヤマハスタジアム。
そのピッチの中を走り回る選手たち。

全部のプレーが突き刺さる。
気持ちが伝わるプレーが続く。


点が欲しいよう。
やっぱり、90分で勝ちたいよう。
こんなに頑張ってるから
1点欲しいようおおおお。




と、泣きそうになった時。




前俊のステキなパスから
夢ちゃんがくるっとまわってシュート!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


ぎゃああああああ!

心臓はバクバクで、驚きで手が震えて
喜びのツイートもなかなか打てなくて
何がなんやらわからなくなって

一人部屋で狂喜乱舞するわたくし。



スコア表の札幌にある「1」



これって・・・勝ってる?今、勝ってる?







再び体温計で熱を測ると

37度9分。
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ほぼ、38度。





おい。
おいおい。
おいおいおい。

これは何の熱だ?
風邪か?風邪なのか?
それとも、知恵熱なのか?
子供か?あたしゃ、子供か?


とにかく。
更に水分補給をして、試合に集中する。







選手たちは走る。
選手たちは全力で走る。
そして、守る。守りまくる。

ジュビロだってプライドがある。
J1のプライドでぶつかってくる。
でも、コンサはそれ以上に気持ちで勝っている。


まさに、そんな感じの試合。



70分。
80分。
時間は過ぎて、90分。
ATは3分。







ああ、カップヌードル時間だあああああああ。





岡山戦ではこの時間帯に同点にされた。
守りきれ、守り切ってくれと祈りながら
カップヌードル時間が過ぎるのを待った。




そして、終了の笛。




喜びにあふれるTL。
安堵するわたくし。
体力消耗したわたくし。
水分がどこかに飛んで行ったわたくし。



選手と同様にソファに倒れこむわたくし。




そう、体重が2kgくらい減ったような気がする。








良い試合だったわあ。

















熱はいつの間にか36度7分に下がっていた。














興奮熱だな。
(・ω・)ノ













やっぱり、勝つっていいねえ。

















スカパー観戦ダイエット。


ぜひ、お試しください。



その前に心臓が爆発するかもしれませんけど。











あ、体重は減ってなかったわ。
( ̄▽ ̄)

















明日はハーフタイムパーティだっ!

最高のパーティになるぞおお!
楽しむぞおおお!















ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-14 01:07 | サッカー | Comments(0)

「山下達也」を考える。

ども。
わたくしです。
(ノ・Д・)ノ



来週、人間ドックに行くんです。
初です。初。

専業主婦となり、その後パート勤務のわたくしは
「健康診断」とは一切無縁となり、
その都度その都度、具合が悪けりゃ病院に行く、という
ごくごく普通の生活をしておりました。

その間、手術2回してますが。
入院は3回してますが。
あ、出産入れれば4回ですが。
何か?何か問題でも?




実はちょいとビビっている今日この頃、いかがお過ごしですか?



















本日、木曜日。

仕事前に本屋に行き、スポーツ雑誌のエリアに直行。
立ち読みしているサラリーマンをかき分けて
1冊の雑誌を手に取る。

ピンク色の表紙の「サッカーマガジン」

北海道は2日遅れでやってくる。
こっちに来る前に、ちょいと情報が入ってくる。

なにやら、「山下達也」が記事になっていると。



サラリーマンたちは、わたくしがセレッソのファンだと思ったに違いない。
速攻でサカマガを手に取ったから。
あ~、失敗した。
赤黒を強調して、この雑誌を手に取れば良かったと
少し後悔しながら、スタバに寄ってコーヒーを頼む。








真っ先に開いたのは
もちろん山下のページである。














思えば。


私の感情は山下に振り回されてたなぁ~、と。
特に、去年は。

山下がいれば、こんなに点を取られなかったかも。
山下がいれば、もっと違う展開だったかも。
山下がいれば、J2に落ちなかったかも。


なのに、山下は試合に出ない。
サブにも入らない。
厚別で大ブーイング大会を開こうと思っていたのに
来ない。厚別に来ない。
来やしない。



使われない人間を
私たちは泣く泣く手放したのかと思うと
悔しさが30倍になった。


















そして、今年。

やっと試合に出るようになり、
出るにつれ活躍が増えるようになり、
活躍するにつれ、中継時の「山下」が多くなり、
サカマガにインタビュー記事が4Pも掲載される。


悔しいけど、やっぱり悔しいけど、ちょいと嬉しい感情が現れる。








やっぱり、いいDFなんだ。



悔しいけど。
セレッソに戻って良かったんだと思う。








記事の中で、髪型の事を言っていて
賛否両論だということだが
「賛」の方が多いとな。

おい。
本当に「賛」が多いのかっ?

あたしゃ、「否」ですがね。
短い方が絶対にいいのに。


したっけ、
ゲンを担いでいるらしい。
この髪型から調子が良いから。
そして、覚えてもられるから、と。



そういえば札幌にいた時、
ブログを毎日更新していた事を思い出した。
毎日更新しだしてから、コンサが勝ちだしてきたからという理由で
ずっと毎日更新していた。

で、ネタが無いのか
部屋の「花」だけアップしていた時もありましたな。
φ( ̄ー ̄ )メモメモ


記事を読みながら、そんな事を思い出した。









ま、あれだな。

結局、なんだかんだ言っても、
私は山下の活躍が嬉しいし、
コンササポも山下の事をずっと気にしている。

それが、負の感情でも、
山下に対する感情があるというだけで
それは凄い事なんだと思う。


だって、忘れてないんだもの。





点を入れたということでTLが「強なんで」で溢れるんだもの。





みんな気になってるんだもの。






















サッカーに関しては冷静な目を持つ旦那に
「山下は日本代表になれるべか?」と聞いてみた。


「難しいね」







でも、頑張れ。

頑張って頑張って代表のユニフォームを着てくれ。

元札幌として代表になってくれ。






と、思った夜中の1時。





















ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-10-11 00:57 | サッカー | Comments(2)

ただの感想文です。