<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

中身はほとんど宮の沢とは無関係。
( ̄▽ ̄)

ども、わたくしです。
本日、夜から手話関係の会議がございましたので
家に戻らずに、仕事→宮の沢→会議
と、移動することにしました。

したっけ、会議で使う資料を鞄に詰め込んだため
総重量4.2kgの鞄ができあがりました。

資料大杉。
( ̄▽ ̄)

そんなわたくしの鞄ですが、防犯には良いと思うんです、たぶんね。
自転車でひったくられても、自動車でひったくられても
まさかこの鞄が4.2kgもあるとは思わないでしょう。
不意打ちの4.2kgが片手にかかると、自転車は倒れ、自動車から出した片手は捻挫する。

そこで、わたくしは鞄を奪い取り、相手に向けて振り回す。


素晴らしい防犯鞄。







( ̄▽ ̄)







どうだべ?
















さて、
そんな4.2kgの鞄を持って仕事に行き、宮の沢にも行ったわけです。
午後練を見学に。
暑い暑い宮の沢へ。





夏休みだから子供たちがたくさん集まってるかな~。
なんて思いつつ3時近くに到着いたしましたら
思ったよりも子供たちは少なくて、いつもの午後練と変わりませんでした。

でも、後から結構来たかな。うん。来た来た。
d( ̄  ̄)


ピッチでは、なんだかんだと。
青い薄っぺらい人が3人突き刺さった状態でシュート練習していました。
順番を待っている間、前俊は荒野にちょっかいだしたりして
やっぱり、まずは前俊に目が行きました。

うっちーはブルマで。
日高は金髪のように髪が光って。
暑いんだなぁ、と。

このシュート練習、攻撃陣が二人組になってサイドからのボールを
なんだかんだしてシュートするんです。


したっけ、まさかの


フェホと翔太がペアに。
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

なんですか?
これは、どういうことですか?
ギャラリー向けのペアですか?
フェホの大きさが確認できるように翔太ですか?

スゲー面白いんですけどっ!


と、思わず若者言葉になってしまうほどでございました。






で、うっちーは前俊とペアになったわけですが、
なんかいい感じでしたねぇ。
面白いことやってゴール決めてる感じでした。


夢ちゃんも工藤くんも三上も良かったですなぁ。
いい意味でみんなが覚醒して、ひと皮もふた皮も向けた感じがしますね。
みんなのこと期待してるんですよ。でも、なかなか結果が伴わないから
少し、ほんのすこ~し諦めたりした時もございました。

が、しかし。
三上の最近の活躍を見ると
やっぱり諦めないこと、信じ抜くこと、それが一番曵地・・・いや大事なんですねぇ。

あ、この「これが一番曵地」はTwitterで回ってきて
わたくし大爆笑したネタでござます。
φ(..)メモメモ


覚醒するまで待つのは根気が必要です。
時間がかかることもある。あきらめそうになることもある。
でも、覚醒した時の驚きや嬉しさは
ちょっとやそっとじゃ感じることはできません。

それを私たちは今季たくさん感じることができているんですねぇ。


嬉しいことですけど、もっともっと花開くことを待ちましょう。













で。
ミニゲームをやって練習は終了。
うっちーはあっという間にクラブハウスに消え
若手は居残りシュート練習をしたり。
そんな中に砂さんがいて、「まだまだ負けないぜ」感満載のオーラを
身体中から発していたのでございます。

若梟たちも徐々にクラブハウスへ戻り
ピッチには毎度の鳥かごでサッカー少年に戻るコーチ達と
荒野とヒッキーが残っていました。
そして、めんこい女の子。
たぶん、古邊さんのお子さんなのかなあ。



西に傾くお日様に照らされて体幹を鍛えている荒野は美しかったですねぇ。

女の子とボール遊びをするヒッキーがめんこかったですねぇ。

サッカー少年に戻った大人たちは大騒ぎでしたねぇ。


たくさん笑わせてもらいました。
ヽ(^。^)ノ








手話の会議の時間が近づいてきたので
名残惜しいですが、わたくし宮の沢を後にいたしました。





したっけ、帰り道で自転車で帰るくっしーを見る。


d( ̄  ̄)











くっしーも頑張れ。












ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-30 23:57 | サッカー | Comments(2)
おはよん。
(^_^)/


昨日はお疲れ様でした。

お友達連れていこうキャンペーン展開中により
近所の友人を連れて、昨日参戦したわたくし。

まめりんこと生あだっちーを見る事はできませんでしたが、
U-15の対決を見て
弁当食べて
300円のビール飲んで(これは私だけだった)
ゴール裏の凄さに驚いて


そして、肝心の試合があのように楽しかったので
友人は大満足で帰宅いたしました。


次は厚別に行きたいと。
「外の方が好きなんだもの」と。
「でも、雨に濡れるのは嫌」とのこと。

じゃ、確実に晴れる時に引きずっても連れてくぜ!







と、心に誓った土曜日の午後でございました。















さて。

その試合。


頑張りましたわ~、コンサくん達。
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o



わたくし、相変わらず心臓が痛くて。

だってさ。
アウェイで勝ったから、ホームでは負けるかもしれない。
スタメンも前回と違うから、何かしら動きが悪くなるかもしれない。
あだっちーの呪いが発動されるかもしれない。
下位のチームだからと言って、コロッとやられるかもしれない。

などなどと、考えていたら心臓が痛くなりますわな。








そんな中、試合は始まるのであります。




したっけ、やはり鳥取のみなさんは動く。
でも、ちょっとあれだったので、助かった部分はあった。
あれが、J1とか上位チームだったら入れられてたかも。
なんて、ところがちょくちょく。


前半の30分で点数を入れるとコンサは勝つ。
と、いう統計学上の数字を信じて30分までのゴールを待ってたのですが
無い。
30分たってもゴールが無い。

あああ、今日はドローなのか?






と、思った瞬間、向こう側でゴール!
そう、向こう側。
わたくし達からは遠い向こう側。

だから、誰がゴールだかわからず、モニターに映ったうっちーの笑顔から
「わたくしのうっちー!が入れたのねっ!」
と、狂喜乱舞いたしましたら・・・・。

ごめんね、ようすけさん。

間違えてごめんね、ようすけさん。


みんな!海よりも深く反省するんだっ!








で、後半にうっちーのゴールですよ。
びゅーてほーゴール!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

うちらの日高から、うちのうっちーへ。

もおお。痺れましたね。
あたしゃ、痺れましたよ。ほんと。

こっち側でゴールですよ。
だから、しっかり確認できたんですよ。
本当のびゅーてほーゴールですよ。








そして、とどめは荒野ですよ。
覚醒した荒野は後半に交替で入って
慎也くんからのゴールですよっ!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o



臭覚がハンパないですな、荒野。
交替で入って、仕事をこなす。
素晴らしいじゃありませんか!

そうでしょ?

























で、そんな彼らのゴールを心の底から喜んでいたのは

前俊。
あきらめない前俊。


前田俊介なのであります。




ぽっちゃりさんは
しゅっとなり、
絞られた身体を駆使して
アシストをするんです。

ようすけさんへのゴールのために。



そして、ところどころで
抜群の上手さ、巧みさを私たちに見せつけるんです。



コンサドーレのために。





スカパーで確認すると
ゴール後の喜び方が
コンサで一番のような気がするんです。

全身全霊で喜びを表す。

仲間のゴールを心の底から喜ぶ。








そう、いつしか私は前俊の喜ぶ姿を追いかけておりました。








サポミに参加したとき
三上さんは言っていました。

今年残っている選手たちには
北海道のため、コンサのために何ができるかを聞いた、と。
その時、奈良県出身の選手が
コンサのため、北海道のためにできることを明確に答えた、
というような事を言っていた訳です。




奈良県出身の選手。







前俊の今年の喜び方を見ていると
本当にコンサを大切に思ってくれていることが
良くわかります。本当にわかります。




ゴール後の喜びのシーンで必ず見切れる前俊。

荒野を投げ飛ばしたり
荒野をぶっ叩いたり
三上の顔をくしゃくしゃにしたり
うっちーに抱き付いたり
なんだりかんだり、ラジバンダリ。


あの髭面での満面の笑み。






そりゃ、前俊をあきらめませんよ。
そんな姿を見たら。










だから、次は、次こそは
前俊のゴールで、他の仲間たちが喜ぶ姿を見たい。
自分のゴールの時に、どんな風に喜ぶか確認したい。

全身全霊で喜びたい。










私たちは前田俊介をあきらめない。














前俊、よろしく。












ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-28 08:44 | サッカー | Comments(2)
名前って大切。
呼び方って大切。

甥っ子がコンサのジュニアサッカースクールに通っているの。
短期のや~つね。

甥っ子は5歳。

なので、

「U-5」なの。
「ジュニアサッカースクールU-5」
5だし。5。ご。

いいわあ。カッコいいわあ。


これがヤマハ的だと
「ジュニアサッカースクールプライマリー」になり、
学校的になると
「ジュニアサッカースクール幼稚部」となり、
子育てサークル的になると
「ジュニアサッカースクール5歳以下のおともだちクラス」

になるんだべねぇ。

( ̄▽ ̄)


はい?
















と、いうことで
彼のおばであるわたくしは
コンサの「ジュニアサッカースクールU-5/6」を見学してまいりました。
d( ̄  ̄)



で、
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが
この短期スクールのメインコーチは
芳賀さん。
芳賀博信なのです。

去年までトップで頑張ってくれた、我らが芳賀さん。
やんちゃな芳賀さん。いつまでも少年な芳賀さん。

彼がメインコーチ。
そして、サブには現役の若手選手が二人。

本日は、
松本怜大くんと神田夢実くん。

子供たちには「怜大コーチ」「夢コーチ」と呼ばれておりました。










お子さんのいる方ならお分かりでしょうが
この5歳6歳ってかなり成長に差がございましてね。
早生まれだとかなり、動物的です。

ええ、甥っ子は早生まれです。
しかもサッカーに興味がないようです。
ピッチに入る時も自分じゃ入れません。
なので、芳賀コーチに連れて行ってもらうんです。


なんという贅沢な甥っ子。



ただ、彼は芳賀さんがどんなに凄い選手だったが全くわかりません。
彼の母曰く、「おともだちのお父さんだと思っているみたい」
なんだそうです。


なんという贅沢な甥っ子。





ですから、ボールの蹴る方向もわかりませんし
人の話は聞きません。
こうやって、こう走ってね、と言っても
その通りにはやりません。
すぐ疲れるので、動きません。
ミニゲームでも動きません。
ビブスはすぐジャミラにします。
ゴールネットで遊びます。



そんな甥っ子のような子達を
ちゃんと教えるんですよ、芳賀さん。


わたくし、本当に感心いたしました。

保父か?保父さんか?
何故、こんなに慣れているんだ?
出産経験のあるわたくしでも
逃げ出すぞ、この状況。


それを芳賀さんはちゃんと教え
なんとかサッカーができるようにして
子供によって対応の仕方を変え
素晴らしいジュニアコーチの雰囲気を
かもし出していたわけです。





一見怖そうに見える芳賀さんですけどね。
子供たちには大人気でしたよ。

子供はわかりますからねぇ。
子供好きかどうかを。
一瞬にして確認できますから。

芳賀さんはすんごく子供が好きだと思うんです。




いいわあ。
このスクール楽しいわあ。
(^_^)/





猛獣と猛獣使いですけど。
( ̄▽ ̄)








さて。
サブコーチとしてついていた
怜大コーチと夢コーチ。

5歳6歳の扱いは慣れてないみたいで
ちょいとどうしていいのかわからずに。
ま、最後の方ではサブコーチらしくなってましたけど。


でも、最終的には芳賀さんに言われて
腕立て伏せを二人でやってました。
背中に子供のっけて。
( ̄▽ ̄)






that's 罰ゲーム。















U-5/6が終わったら、今度はU-7/8を少し見ました。
コーチ達は変らずそのまま。


で、いきなり
子供たちは大きくなるわけです。
5/6 と 7/8って
こうも違うものかのう、というくらいに。

ちゃんとサッカーしてるし、話は聞いてるし。
動物相手じゃなく、人間相手になっている。



成長しているのね。
子供は成長するのね。

と、いうことを知らしめておりました。




で、このU-7/8のやつで
怜大コーチと夢コーチの見せどころがやってきまして。

何のトレーニングになるのかちょいとわからないのですが。

二人一組になり、一人がうつ伏せで寝て
もう一人が寝てる人をひっくり返そうとする。
寝てる人はひっくり返されないようにしようとする。

と、いう内容で。


子供たちはくるっくるっと
ひっくり返っていたんですけど。


怜大コーチがうつ伏せになった時
プロの身体は違うなあ~と。



夢コーチが怜大コーチを一生懸命ひっくり返そうとするんですけど
なかなかひっくり返らないんです。すごい力でうつ伏せ状態を保ってるんです。
どの筋肉を使っているのかわからないんですけどね。

とにかく、なかなかひっくり返らず。
我々ギャラリーは驚愕の声をあげた訳です。

いや~。
これは面白かった。

できれば、怜大コーチに具体的にどうやっていたのか聞きたかった。









今度教えてくれないかなぁ。

















そんなこんなで、
楽しいサッカースクールでした。
(^_^)/




子供たちにはいい経験だと思いますわ。

選手と元選手が直接指導してくれる。
しかも指導方法が上手。




こんなスクールは他にはありませぬぞ。

U-5/6は短期だけなのかな?










甥っ子よ。
サッカーに目覚めよ!





















そんなステキな元選手の芳賀さんがいた
コンサドーレ札幌の試合は
明日、札幌ドームで行われますの。

ご新規の友人連れて参戦しますっ!
( ̄^ ̄)ゞ










勝つぞ!
勝つんだぞ!
頼んだぞ!













ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-26 22:52 | サッカー | Comments(2)
ども。
お疲れ様です。
(*^^)v

マリノス、勝ちましたな。
楽しい試合でした。
気分爽快とはこのことで。

赤い悪魔をぶったおしたマリノス。
1.8軍相手と言われていますが
マリノスだってベスメンではなく。


て、事は、だ。


コンサも夢じゃないのだ。


いつの日か
深井君やゴメスや古田君が海外に行って
凱旋試合で戻ってきて
コンサと戦って


コンサが勝つ。



なんてことがあり得る訳だ。





も~。
想像するだけでワクワクする。
あさこ、ワクワクするっ!


あたしゃ、あさこじゃないけどね。










あ、今日の結果は
カゴメのCMが放送された時点で
決まっていたかもしれませんな。

d( ̄  ̄)









そんなこんなの火曜日の午後。

わたくし、午後練を観に行きました。宮の沢へ。

思えば久しぶりの練習見学。
いつから練習を見ていないのかわかりませぬ。
先週、見に行くつもりが
午後練中止。
ああ、練習に餓えているわたくし。

張り切って行ってきました、宮の沢。





日差しがきつくてきつくて
日傘越しで焼けそうでしたが
選手たちはその暑い中
元気に、声を出して練習していました。

到着したころ、3組に分かれてなんだかんだやってる途中で。
真ん中の組の近くに座ったら
前俊が大声で何かを訴えてました。

それはそれは楽しそうに。




その後は、みんなでシュート練習ですかね。
入ったり入らなかったり
でも、活気ある練習で、それはそれは楽しゅうございました。





その後はミニゲーム。


フェホがいて、
工藤君がいる。

どんどんどんどん変わっていってるけど
練習を見ていると充実感を感じる。

ま、よくわからないですけどね。
( ̄▽ ̄)

わたくし的には充実感満載ということで。



だってさ。
声出てたよお。
この暑い中。
暑い暑い日差しの中。
汗ダラダラ流しながら
皆動いて
皆声出して。

活気に満ち溢れていましたよ。





で、気づいたんですけどね。


「顔出せ!」
と、いう言葉。
これって、去年言ってたのかな?
今年になって、この言葉をたくさん聞くようになったんです。
もしかすると、去年も言っていたのかもしれないけど。
わたくしが気づかなかっただけかもしれないけど。

「顔出せ!」
今年になって練習を見るたびに気になってました。

動かないから言っているでしょうけど
きっと意識的に違ってくるんでしょうね。
「顔出せ!」だと。
具体的な方法を提示しているというか。


どう動いて良いのかわからない子達に
具体的に教える。
本当は自分で走って身につけるんでしょうけど
少し何か足りない時に
ちょっとしたアドバイスとして
良い言葉なのかもしれません。

「顔出せ!」







練習見ながらそんなことを感じました。









ミニゲームが終了して
年長さんはクールダウン。
うちのうっちーは前俊と楽しそうにランニング。
うちらの日高は髪の毛を人一倍光らせながらランニング。


若梟たちとお兄さんたちがシュート練習。


で、お兄さんたち(慎也くんとかソンジン)が抜けた後
シュート練習にいるのは
若梟とフェホさん。



巨人兵と小人たち。



そんな画でござまして、とても面白かったです。
写真に撮ろうと思ったんですが
iphone出した時には終了となっておりました。

残念。






終わり際。

北原コーチと工藤君が
まさに、わたくしの目の前で
ボールを殺す練習を。

(^_^;)

ボールスピードを消す練習ですな。


これもですね、面白かったですねぇ。
やっぱり、具体的に教えてくれるんですね。
ちょっとしたアドバイスですけど
すぐに納得して理解する。

良いものを見せてもらいました。











すると、向こうの方で叫び声が聞こえてきました。

そうです。戦いです。
古邊と荒野の戦いが始まっていたのです。
ボトルに入っていた氷を取りだし
お互いにぶつけあってました。

戦いは始まりました。
荒野が投げれば、古邊も投げる。
氷を投げる。
ボトルの水を撒く。

以前から始まっていた二人の戦い。

それは、やはり今年も継続中。
夏は夏バージョン。






ほんとに仲がいいんだからああああ。
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o








と、ほのぼのした一日でした。







わたくしのゴメスがクールダウンに入ったのを確認して
帰宅いたしました。








しっかり選手たちを確認して
次の土曜日に頑張ってもらうべく
心の中でエールを送ったわけです。




楽しい宮の沢でした。
(^_^)/












さ、
土曜日は友達連れて参戦となりますっ!

美味いビールを飲むぞっ!














その前に仕事は終わらせようね。
d( ̄  ̄)









ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-24 00:20 | サッカー | Comments(2)
その日、私は戦っていた。
最後の案件を終わらすべく
ツールを開き、
対処方法を確認し、
文章を書く。

お客様に伝わるように文章を書く。


だが、なかなか筆が進まない。
なんだこれは。
なんなんだ、これは。


こんな問い合わせがあっていいのか。


それでも私は文章を書く。











そして、2時7分。
送信。





enterキーを押し
天を見上げる。


間に合う。大丈夫だ。





そう、東京03のライブに間に合う。
( ̄▽ ̄)










と、いうことで
速攻で会社を出たわたくし。
共済ホールへとダッシュダッシュダッシュ。

しかし。
誰が見に行くんだい。

平日の午後3時。
平日の午後3時開始のライブなんて。



あ、わたくしの為だったのね。


d( ̄  ̄)










1週間日程を間違えていたわたくし。
だから、東京行きの前日が東京03だと思っていたわたくし。

したっけ、19日でした。
そう、19日の金曜日の午後3時。





東京03

「露骨中の露骨」




今回のコントは人間の露骨な部分を
直接的にみせておりまして

それが、まあ、奥さん。
露骨なんですの。

東京03のコントというのは芝居寄り。
だから、なんだか
「あるある。うん、あるある」
と、いう感じにさせられる。

で、爆笑する。
本当に爆笑する。
今回も爆笑した。

質の良い芝居を見ながら爆笑するなんて
なんて贅沢なんでしょ。


で、
今回は何故かユニゾンが多くてね。
角ちゃんと飯塚の息の合ったところがね
非常に心地よくて。


本当はさ。
サッカーで散財したから
行くのどうしようかなあ、と思ってたんだけど。





やっぱり、行ってよかった。
楽しかった。東京03。










相変わらず、観客の平均年齢は高かったけどね。
後ろからみたら、男性の後頭部の寂しい事・・・。
(T_T)



いや、いいの。
この大人な観客。



いい感じだわぁ。


















さて、昼の部では
最後にトークのところでゲストが登場。
どうでしょうでお馴染みの
藤村Dと嬉野さん。

登場した時は歓声も上がってて
わかってる人はわかってる感じだったけど、
知らない人はぽかーんとなってましたな。

実はわたくしもすぐにはわからず。


声を聴いて
「あ、藤村D」と理解したくらいでね。






すまんね。
申し訳ない。











とはいえ。
東京03はまわりに恵まれてるのかな、と。

そんな感じがいたしました。













7月19日金曜日の午後3時。
東京03
「露骨中の露骨」


楽しゅうございました。











d( ̄  ̄)









来年も札幌に来てよね。








来るよね?






ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-23 00:21 | お笑い | Comments(0)
毎度毎度のカオスな会議が終わったころ。
6時14分。
携帯を確認しようと思ったけど

恐いので止めた。


ああ、心臓が痛い。





6時25分。
地下鉄までの道すがら
やっぱり我慢できなくて携帯を確認した。
0-0

ふむ。
頑張れ。
耐えて頑張れ。


やっぱり、心臓は痛い。




6時43分。
バスを待つ間
「前半も終わるべなぁ」と思いながら
やっぱり我慢できずに携帯を開く。

0-1

なに?
なんですとっ!
これって、勝ってるんですねっ!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

慎也君!
ヘッドで決めたのね!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


あ、一気に楽になる。






7時6分。
自宅に到着。
0-1は変わらず。
「腹減ったコール」が渦巻く茶の間で
ご飯支度。


ちょいと、ドキドキ。








7時10分過ぎ。
イカの刺身を作っている途中で
同点にされる。
1-1

( ̄▽ ̄)


心臓と脳みそが痛くなる。








7時20分過ぎ。
イカの刺身と納豆で
イカ納豆丼の出来上がり。

食べながら見てたら
素晴らしいゴール!
ソンジンゴール!!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

1-2


安心してご飯をかきこむ。








7時30分過ぎ。
やっぱり、もう1点ほしい。
安心したい気持ちがいっぱいで
ご飯、食べてるのか食べてないのかわからない。

したっけ、
うっちーのびゅーてぃほーゴール!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

1-3


よし。
ご飯がどこに入ってるかわからんくてもいい。

もう1点だ。



したっけ、
すぐに三上のゴール!
おめでとぅ!初ゴール!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

1-4


これで、これで安心して見れ・・・・ない。

やっぱり、心臓は痛くなる。
きっと、試合終了まで痛いに違いない。

油断大敵。
まだ時間はあるから
もしかしたら、どどどど~と入れられるかもしれない。


心臓が痛い。痛すぎる。
ご飯は残りあとわずか。
箸が滑ってつかめない。

納豆のバカ。








7時45分ちかく。

ほら、入れられた。
2-4

( ̄▽ ̄)


だから、言わんこっちゃない。


耐えろ。耐えろ。
攻めてまくって耐えろ。

ごはんは無事に食べ終わった。
食べ終わったから、あとはサッカーに集中だ。








アディショナルタイム。

長い。4分が長い。
終わらん。カップヌードルは完全にできる時間だ。
いや、伸びる。カップヌードルは伸びる時間だ。

だから、早く終わってくれ。
















終了。

2-4でコンサドーレ札幌の勝ち!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o








あ~、良かったぁ。














心臓が苦しくなるけど、
これが一緒に戦うってことね。












ほんとか?




病院行くべきでは?








ま、いいか。















ユースも準優勝おめでとう!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o















良い一日だった。

お疲れ様でした。




m(__)m







ではでは。
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-20 23:50 | サッカー | Comments(2)

二泊三日の東京の旅。

お疲れ様です。
わたくしです。
(#^.^#)


本当は本日は休日で
練習でも見に行こうと思っていたんですが
「人が足りないんです・・・」と言われて
稼働協力として出勤したんです。

したっけ、クライアント側でトラブルが発生して
その関連のお客様からの電話が多くなると聞き、
いつもはメール対応だけど、
電話の覚悟でのぞんだら

臨みすぎたようです。
( ̄▽ ̄)


ま~、大失敗する。
あ~、困ったこと。
は~、怒られる。
や~、確認は大切。
で~、反省していないわたくし。

もおお。休みのままにすれば良かった。





そんなこんなの木曜日。















東京疲れかも。
















その東京旅行。
基本一人旅。
試合ではお友達と一緒でしたが
他は一人で行動しておりました。


なので、
行きたいところに行こう!
と、いうコンセプトの基
結構いい感じで観光ができました。







ま、到着時は国立に行きましたからね。
楽しゅうございました。
本当、楽しい試合だったわあ。



で、2日目はコンサの試合が始まるまで
渋谷へと繰り出したのです。
KAMOとヒカリエ。
色々買い物して、
自分の服も買っちゃった。
d( ̄  ̄)


給料が飛んでいきました。
果てしない大空に飛んでいきました。
でも、いいんです。
わたくしの服なのでいいんです。



楽しゅうございました。
本当に楽しい渋谷でした。






コンサの試合の時に
お友達と一緒だったのですけど、
その彼女が
「明治神宮に行ってきたの」と。

ほらほら、あれですよ。
有名ななんとかの井戸。
写メして、待ち受けにすると
御利益があるなんとかの井戸。
のある明治神宮。

で、場所が意外に近くて
原宿で降りれば目の前的なとのこと。


なんですとっ!
それなら帰る前に行けそう。

「井戸は早めに行けば大丈夫」


なんですとっ!
混むのかっ!井戸は混むのねっ!
じゃ、早くに起きないとね。

d( ̄  ̄)




と、いうことで目覚ましを5時半にかけてたら
あまりにも疲れすぎてたのか
全然聞こえなくて、起きたら7時でした。
( ̄▽ ̄)

9時前には明治神宮に着きたい。
ここは池袋。
速攻で支度して、
そんな時に限って、荷物も全然纏めてなくて。

どおおおおおおおおお!と叫びながら準備をいたしました。




したっけ、結局は
あまちゃんを見てからホテルを出て
無事に9時前に明治神宮に到着しましたとさ。





めでたしめでたし。















荷物を預けて井戸へ向かいました。



さすが明治神宮です。
外人さんの多い事多い事。
北海道神宮も外人さんは結構来ているんですけど
そんなの比じゃございませんね。

桁が違う桁が。


わたくしは外人さんの間を縫うように歩き
なんとかの井戸へたどり着きました。
早い時間だったので、人は少なく
さくさくさくさく進むことができ、
無事に目の前に井戸を見る事ができました。



井戸の水は
それはそれは透明で
そして、なんだか気のせいかもしれませんけど
POWERを感じたんですよ。
引き込まれそうな。




こりゃ、みんな集まるわ。






写真を撮ってほくそ笑むわたくし。










ミッション完了です。

あ、写真はアップしませんよ。
みなさん、自分で見に行ってね。
携帯ではツイートしましたけど、
PCに入れてないのでこのブログではアップできませんからね。


自分で撮って、自分の携帯の待ち受けにする。



それが正しいなんとかの井戸。
( ̄▽ ̄)













井戸の後は本殿。


ちょうど本殿で何かをやっていたようで
生雅楽を聞くことができました。
おごそかな気分になって
更に歩きます。


したっけ、今度は花嫁さんを発見。
明治神宮で花嫁さん。
絶対に良いことがある!
そんな気がしました。


わたぼうしがめんこくて。
わたくし「わたぼうし」に憧れていたのですが
なんだか、まわりには不評だったので
通常の高島田でございました。

ああ、やっぱりわたぼうしが良かったなあ。





わたぼうしぃぃぃぃ。













さて、その後は
娘へのお土産にお守りを買って
旦那には車のお守りを買って
自分にはおみくじを引いてきました。


ほら、おみくじ。
箱をガチャガチャやって
ぼっこが出てくるおみくじ。

北海道神宮ではぼっこのおみくじがないので
憧れていたんです。ぼっこみくじ。



で、
わたくし、箱をガチャガチャやってぼっこを出すわけです。
巫女さんが「棒の先に番号がありますので」と。
ええと。
ぼっこの先の番号は・・・・「10」

「何番ですか?」
との問いに


思わず
「宮澤です」と答えようとしたわたくし。


いや、「宮澤です」って言ったって
この巫女さんがわかるわけないですな。
こりゃ、そのまま番号を言うしかないですな。


と、頭の中で考えること0.5秒。



「10番です」









で、このおみくじが
普通の「大吉」「中吉」だのというおみくじではなく
神様からのありがたいお言葉ということでした。







「人ごとのよきもあしきも心して
   きけばわが身の為とこそなれ」

結局、人々の言葉には注意して、我が身のためと聞きましょう


とのことでした。
人の話は聞けということで。

耳が痛い。
なので、この日からちゃんと聞くように努力しております。







その後は明治天皇の展示があったので
感心しながら見て。
て、いうか、明治天皇の実際の洋服などが
素晴らしいというか、美しく、いいデザインで
今でも十分に通じると思いましたね。

縫製もしっかりしていて、
これぞ大人の洋服という感じ。

やはり、あれですな。
人間、着るものによって中身が伴ってくるというか。
着るものは大切だな~と

よれよれの服を着たおばちゃんは思いましたとさ。



年相応の洋服を着るべきだわ、と。








( ̄▽ ̄)











なんだかんだお土産も買い
ちょいと早いけど羽田に向かいました。


そう、うどんを食べに。
憧れの「つるとんたん」で。


並びましたよ。一人で。
30分以上ならんで、めんたい卵とじうどんを食べましたよ。


したっけ、奥さん!
すんごくおいしかったの!
こりゃ、並ぶわ。
本当にひっさしぶりに
美味しい!と感激しました。


娘には羨ましがられましたけどね。
d( ̄  ̄)



東京に行ったら絶対にまた食べようと思いました。



あ~、美味しかった。




で、うどんもそうだったんですけど、
着いた時にパスタを食べたんです。

両方とも
「大盛りできますけど」と言われ
断ると
「なんで大盛りにしないんだ?」的な目で見られました。


なんだい?
あたしゃ、そんなに大食いに見えるのかい?
そんなに食えっていうのかい?



意外に食べれないの。
すまんね。










そんなこんなの東京一人旅(基本)

非常に楽しゅうございました。
ヽ(^。^)ノ










次回のアウェイは熊本っ!
飛行機もホテルも予約したぜ!
これも一人旅だぜ!

でも、堪能するぜ!



southさん!
待っててね!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o



あ、応援はコンサだけどね。


southさんの誕生日が近いからなぁ。
直接プレゼントとかあげたいんだよなぁ。














さて、どうする?

















ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-18 23:15 | なんだかんだ。 | Comments(2)
ヴェルディ戦では

31番の「わたくしのゴメス」のユニを着て
13番の「うちのうっちー」のタオマフを巻き
2番の「うちらの日高」の旗を持って応援しました。

d( ̄  ̄)


誰のファンだよっ!
と、三村的に突っ込まれそうですが



「三人とも大好きです!」
と、無い胸を張って応えるわたくしです。






そんな通常営業開始の火曜日、みなさまいかがおすごしですか?


















大映ドラマが盛んだったころ。
CAがスチュワーデスと呼ばれていた時代。
堀ちえみ主演で繰り広げられていたドラマ
それが、「スチュワーデス物語」


ドジでのろまな亀と自分で言いきっている松本千秋(堀ちえみ)が
幾多の困難を乗り越えて、嫌がらせにも負けずに
スチュワーデスとして成長してく物語。


ヴェルディ戦を見終わって、ホテルに着くまでの
隠微な池袋の街を歩きながら

「コンサドーレは松本千秋だ」と気が付きました。







ドジでのろまな亀。
それが今のコンサドーレ札幌。




異論は認めますともさ。




でも、そう思ったんだもの。
本当に思ったんだもの。


この間の試合。
まあ、負けましたけどもさ。
ゴール裏から見たコンサくん達は
確実に成長していると感じたんです。

負けたけど。
負けたけどさ。

1歩。
いや、半歩。
いやいや、4分の1歩。
8分の1? 16分の1? 32分の1?


とにかく、それくらい進んでいるんです。
ほら、のろまな亀でしょ?


成長しているんだけど、
ドジだから負ける。


ドジでのろまな亀。
ぴったりじゃありませんかのお。


で、
スチュワーデス物語は最終的に
松本千秋がスチュワーデスになるんです。

て、事は
コンサも最終的にJ1で優勝するわけです。
優勝パレードを駅前通りで繰り広げる訳です。

そして、Jリーグアウォーズで
全員がタキシード姿で登場するんです。
イケメンぞろいのコンサですから、
失神者続出するんです。

わたくしは、チケットが当たって
横浜アリーナでその様子を見る訳です。



夢は実現するものだ、と実感しながら。














思えば。


2011年のJリーグアウォーズを見に行ったんです。
横浜アリーナへ。


その時のJ1優勝が柏レイソル。
コンサはJ2で参加していたので、河合キャプテンだけがいました。
実は、前俊もロアッソ南さんもいたんですよね、その場所に。


柏レイソルのJ1優勝の様子を見て
Jリーグアウォーズでの嬉しそうなレイソルの選手たちを見た時から
私は柏レイソルに憧れていたのかもしれません。



目標とするチーム。
こんなチームになればいいなあ、と。







だから、最近レイソル濃度が高くなっているのかもしれませんな。




















ドジでのろまな亀のコンサだけど
わたくしが生きている間に絶対にJ1優勝して
雪の札幌の中をパレードしてくれるはず。









そこまで妄想させる試合だったんですよ。
ヴェルディ戦は。
















何年かかるべ?










まずは次の試合勝ってくれよん。












ではでは。
(*^^)v
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-16 19:25 | サッカー | Comments(2)
日曜日。

試合までに時間があったので、
渋谷に行きまして。
ヒカリエとKAMO。

したっけ、KAMOにいつもおいてたコンサのエンブレム蒔絵シールがありませんでした。
w(゚△゚)w


全部買っとけば良かった。
φ( ̄_ ̄;) うーん






ま、そんなこんなで味スタに行く時間となりました。



待ってろよ!
味スタ!
ヽ(^◇^*)/


b0006798_23495237.jpg



待ってました。
(・ω・)ノ





いつもはSBでまったりと観戦するわたくし。
本日はお友達と共に、がっつりと応援エリアで飛び跳ねました。


……。


うそです。
飛び跳ねてません。
声のみです。
だって、わたくしおばちゃんだもの。
@みつを。



















試合は負けました。
悔しいです。
ほんと、悔しいです。

勝てると思ってたんです。
勝つはずだったんです。







私たちは味スタジャックしました。
たぶんね。
そして、みんな声を出しました。
このサウナの中で試合していた選手たちを鼓舞するために、声を出しまくりました。

伝わっていたと思います。
選手たちにしっかり伝わってたと思います。


でも、勝てなかった。
それは、事実。
紛れもない事実。


何かが、ほんの少しの何かが
今日は足りなかったんでしょう。

それが、コンサ。
そして、J2。

この足りない何かが
加わった時に
成熟したチームへと変わるのかもしれません。

それは、私たちも一緒。
私たちサポーターも一緒。



一緒に成熟する。









そうなったら、国立は近い。
近いはずだ。



私を国立に連れてってくれるはずだ。



必ず連れてってくれるはずだ。






あ〜楽しみで仕方ない。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ













と、思ったそんなこんなの池袋の夜。

隠微な街だわ、池袋。







ではでは。
(・ω・)ノ
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-14 23:25 | サッカー | Comments(2)
さて、試合まではまだ時間があります。
柏サポの皆様と別れて
わたくしはSバック席へと。






国立は美しい。

緑のピッチが映えて。
スタジアムの向こうには
都会のビル群。

右を向けば黄色くて。
左を向くと赤くて。
その赤が、我らの赤黒じゃない事に
少しがっかりして。


でも。
本当に国立競技場は美しかった。



だから、絶対にコンサと共に
この場所にいたいと思った土曜日の午後6時。









で、
お腹も空いたし喉も乾いた。

シウマイとビール。
国立のピッチをツマミに
シウマイとビール。

これがね、この焼売が美味しかったのですよ。
ビールにあってね。
ザ・飲み過ぎ
(ノ・Д・)ノ



したっけ、練習が始まり選手紹介も始まったのです。

これがね、奥さん!
ビックリなの。
スタジアムDJと連動してるというか。
DJが名前を呼ぶと、ゴル裏の皆さんがその選手のチャントやコールをするんです。
それが終わったら、DJが次の選手の名前を叫ぶ。

繋がっている感じ。全てが一体となっている感じがして、感動しました。

いいなぁ。
全てにおいて一体感がある。

柏レイソル恐るべし。






コンサのお友達も無事に到着して
二人で試合を観戦しました。


ちょいと大人な試合というか
落ち着いているというか。
コンサだったら、バタバタするよね、というところも落ち着いていて。

それはサポも一緒で、大人なサポーター、成熟したサポーターという感じでしたね。
これは鹿島サポにも感じましたけど。



試合はご存知の通りにレイソルが逆転勝ちです。
私たちはすっかりレイソルサポのごとく喜んだのでした。
(^。^)


とにかく、楽しい試合でしたわ。

生の試合を見れる幸せ。
それを感じながら、コンサの未来を描くわけです。






そのためには、
試合に、日曜日のヴェルディ戦で
勝たねばならないのです。



レイソルの勝ち運をいただき
日曜日はやってきました。







コンサを勝たせるのは

わたくしの声。



なんて事を思いながら。



(o◞ิ‿◟ิo) ふふふ













つづく。
(・ω・)ノ
[PR]
by keme-0619 | 2013-07-14 22:39 | サッカー | Comments(2)

ただの感想文です。


by keme0619