ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ



実は、この9月。
ライブ強化月間として3つのライブに参戦します。
(※コンサの試合は除く)

2日は「東京03」
そして、10日はKANちゃんのピアノ弾き語りツアー


「弾き語りばったり #29 責任者はテクニシャン @共済ホール」


このライブに行ってきました!ヽ(^o^)丿




「#29」となっておりますが、ご存じのとおり素数でございます。
ですから、実際は違うのですが「じゃ、なんぼじゃ?」と聞かれると
計算ができないのでここでは控えさせていただきたく存じます。
(・ω・)ノ



すまぬ( ;∀;)









それでは、振り返ってみましょう。











開場時間が少し遅れまして、溢れんばかりのみなさまがロビーに。
ぎゅうぎゅうでございました。
そんな中、スタッフが配る「ピンクカード」
公演中盤でMCタイムとして、ラジオ的な手法をとった形ですね。
では、ピンクカードの実物をどうぞ。
b0006798_15333697.jpg
おや?
ピンクにみえませんね。
( ;∀;)

ちゃんとピンクなんですよ。
気にしないでね。

我が家にこれがあるということは、今回は未記入で持って帰ってきました。
ま、いいか。
で、後ろに並んでいる人たちが言ってましたの。
「東京では何度も読まれたんだけど、札幌は全然ダメ」
「札幌は競争率が激しいの」

なーるほど。
(。 ・ω・))フムフム

札幌のピンクカードタイムは激戦を勝ち抜いた人が読まれるわけね。





やっと開場となり、会場へ。
わたくしの席、思ったよりも結構前目でございまして非常に見やすい席でした。
で、いつものごとくKANちゃんはすでに舞台上でピアノの練習を行っているのでございます。

おや?
(。´・ω・)?

楽器が増えてる。
ピアノだけじゃなくて、しゃららららら~んってやつがある。
ほら、金属のぼっこがならんでいるやつ。
手で、しゃららららら~んってやるやつ。

わからんか?

(・ω・)


ま、いいから。そんな感じの楽器が増えていて、ちょいと楽しみになってきました。






そして、5分遅れでライブは始まります。



1曲目:「50年後も」

「明日の朝もしも僕が死んでいたら君はどうする?」
と、いう衝撃の歌詞で始まる曲です。
30代に作った歌なので、50代の現在のKANちゃんには切実な歌詞になっているようです。
ちなみに、わたくし達夫婦も切実です。
死んでたら、「とりあえずビックリしてそれから考える」ことにしています。


2曲目:「まゆみ」

ほんっとに大好きな曲です。
ま、ピアノひとつで演奏しやすく、歌いやすく、良い曲であるため、
出現回数が多いですな。

「まゆみ」好きとしては非常に結構なことでございます。

あ、言い忘れてました。
今回の弾き語りばったりは、ライブツアーで実施した、バックスクリーンに歌詞を映し出すことを採用しております。
馬場俊英くんのライブに再度影響されたようです。



3曲目:「だいじょうぶ I'M ALL RIGHT」

懐かしいですな。
自分で歌詞を書くようになってからの曲でしたかの?
(・ω・)
で、「英語入れとけばいいや!」という感じで作ったらしいです。
確かそんなことを言ってたはず(違ってたらごめんごめん)



4曲目:「世界でいちばん好きな人」

わたくしとしては、ちと他の曲とかぶる部分があり、混乱します(笑)
でも、いい歌でございますよ。



5曲目:「Lady Madonna」

これはビートルズの曲ですね。ポールマッカートニー作。
今年のアルバムに収録されている「ぽかぽかの日曜日がいちばん寂しい」を作るにあたり、
なんだかんだ影響している曲ということなんですけど。

6曲目:「Why Judy Why」

で、結局できあがったらコード進行がこの「Why Judy Why」に激似ということで。
これは、えーと。いつもの。ビリージョエルさんですね。

7曲目:「ぽかぽかの日曜日がいちばん寂しい」

そして、この曲に至るわけです。
コード進行の激似さを教えてくれまして、
ビリーさんが「僕の曲に似てるじゃないか!」と怒ってきたら対応するってことでした。
影響を受けて作ったんです。いいんです。
ええ、いいんです。
ちゃんと違う曲だもん。





「ぴ~んくか~どたぁ~いむ」
しゃららららら~ん。


そうです。
あの、しゃららららら~んっていう楽器は
この「ピンクカードタイム」のタイトルコールに使用したのでございます。
さすがや。
さすが、KANちゃんや。
贅沢な使い方をしよる。


さて。
今回は、客席にマイクを用意し、ピンクカードで選ばれたお客様と
直接コミュニケーションを取りながら進めて行きました。


ピンクカードに書かれた質問を読むだけとは違いますのね。
お話しが膨らみますの。びっくりです。

息子さんがお風呂で大声で歌うということを書いたお客さんが岩見沢から来た人で、
それから派生して岩見沢のフェスの話になりました。

元ハイファイセットの山本潤子さんにそこで初めて会ったKANちゃん。
衣装はアメフト。
最初は引いていた潤子さんもKANちゃんの歌に惚れたようですな。

で。
更に、打ち上げでKANちゃんは歌を歌ったそうです。

久保田利伸の「Missing」の替え歌「Fishing」


コハダ~に出来るなら~すこ~しはマスさぁああ。

※「Missing」のメロディで

確か、こんな歌詞でした。
爆笑でした。全部覚えたかったけど、さら~っと歌ったもんだから覚えきれなかった・・・。
( ;∀;)

誰か!誰か!「Fishing」の歌詞を私にっ!

そして、潤子さんはこの「Fishing」に感激し、「歌詞を教えてください」と言ったそうな。

さすがや。
さすが、KANちゃんや!
ヽ(^o^)丿


ピンクカードタイムは今年も盛り上がりましたよ~!










その後、曲は色々続きました。


はっ!( ゚Д゚)
忘れてました!
大切な歌を忘れてました!



「はじまりはいつも雨」

そうです。ASKAの曲です。
はじめて影響を受けた邦楽だったそうです。
色々あったけど、曲に罪は無し。
良い曲は良いのでございます。

あらためて、KANちゃんの唄で聞くと沁みましたねぇ。
歌詞もASKAの繊細さが表れていて、色んな意味で感動しました。



その後、
「安息」
「REGRETS」
「よければ一緒に」
安定の「愛は勝つ」を歌ってくれました。



でも、今回のライブでわたくしが一番嬉しかったのは
「Listen to the Music」が聞けたことです。
今年のアルバムに入っていますが、「先行シングル」として2011年にリリースされたと(笑)

2011年かぁ。
色々あったよなぁ。

弾き語りばったりの場合、ピアノだけなのでおとなしい曲ばかりになるため、
少しでもアップテンポな曲を作ろうということで作った曲だそうです。
2011年にリリースされてましたけど。
その間、何度も弾き語りばったりは開催されましたけど。
今回が初披露ですと。
(;´・ω・)


ただ。
この曲、ピアノ用に作ったわりには問題が発生しまして。
途中、サックスが入るんですね。
歌詞にもあるし。
ピアノだけでは表現できない。
かといって、サックス拭きながらピアノは弾けない。


と、いうことで。
サックス部分を口で表現しました(爆)
ええ、JAZZのスキャット的な感じで非常にようございましたわヽ(^o^)丿









今年も本当に楽しいライブでした。
笑って感動して、笑って楽しんで、笑って唄って、これぞKANちゃんのライブ!
いつもいつもありがとう!
ヽ(^o^)丿




そして、年末から来年にかけてストリングスのセルフカバーアルバムをリリース予定で、
ストリングスツアーもあるとのことですっ!
ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿







楽しみでしょうがない。











ぜひ、みなさまもKANちゃんのライブに!
損はさせませんぞ!











ではでは。
ヽ(^o^)丿





[PR]
by keme-0619 | 2016-09-12 17:47 | 音楽 | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30