そして、僕らの季節がやってきたんだ宮の沢。

ども。
おはようございます。
(・ω・)ノ


今日は5時に起きましてね、はい。
家族の出勤がみなお早いものだから、
わたくしも早くに起きました。

したっけ、わたくしの出勤まで時間があまりました。
(・ω・)



と、いうことで。
昨日書けなかった練習見学の報告書を(笑)







3月18日の水曜日。
シフト休で平日で、全部自分の時間で、春で、彼らは帰ってきて。
だから、シフトが出たときから決めてました。
「よし!この日は宮の沢だっ!」



わたくしの普段のおこないが良いからなのか、
それとも神様が「ま、少しでも敗戦の傷を癒してね」と思ったからなのか、
昨日はとても天気が良かったんです。

10時ちょいすぎに宮の沢に着いたわたくし。
すでに選手達の練習が始まってました。
左側ではキーパーのみなさん。4人とも。
右奥では選手のみなさん。赤い練習着で。
で、ランニングをしていたのは慎也君くん。


お久しぶりの宮の沢でした。




去年までは到着すると、生足古邊の声が響いてましたけど、
今年は名塚さんの声が響いておりましたね。
でも、その大声に反応して思わず生足古邊氏を探しちゃいました。
「あ、いないんだ・・・」と思ったら少し寂しくてね。

すると、いたんです。
生足が(笑)
エキップの裕太くんが!
「そっか!君が生足を継承しているのねっ!」
と、絶対違いますけど、思っちゃいましたよ。


生足バンザイ!
ヽ(≧∀≦)ノ










右奥で練習していたみなさんが移動してきます。
したっけ、わたくしの真ん前で、次の練習が始まりだしたわけです。
わっこになって、ボール蹴るやつ。

奥さん!奥さん!
誰得って、わたくし得でしたわよ!

だって、
うちのうっちーに
わたくしのゴメスに
諦めない前俊に
都倉に、永坂、河合もね。
(・ω・)ノ



うひょひょひょひょひょ、と自然に笑顔が出てきます。
いや、にやけてきます。
傍から見ると気持ち悪いおばちゃんです。

いや、いつもだわ。
(・ω・)




とにかく。
相変わらず写真は撮りませんが、この眼で彼らを堪能いたしました。




その後の練習も彼らが手前側でやってくれたので、更に堪能。
なんですかね、パス出して、ぴょんぴょんぴょんと跳んで、
ダッシュして、ドリブルしてシュートしてました(爆)

あ、わからん?
わからんね?
しゃーないね。
ごめんね。


その、ダッシュ。ぴょんぴょんの後のダッシュ。
わたくしのゴメスはウォオオオオ!という感じでダッシュしてました。
都倉とうっちーも声が出るくらいのダッシュしてましたな。

見てて気持ちよかったです。
練習に対する気持ちが、ちょいと伝わって気持ちよかったです。









あ、練習用の道具がいくつか増えてました。
ぴょんぴょんで使っていたのは極小ハードル的なやーつ。
青と白とでね。
それから、マーカー。
通常は円錐形のマーカーだったんですけど、
そこに、ぺったらこいマーカーが増えてました。
なので、「ぺったらマーカー」と呼ぶことにしました。
で、いつもの「こんだら」は哲さんが使ってました。



ちょいとワイルドになったうっちー。
声を出してみんなを引っ張る都倉。
一番声が出ていたのは金山。
緑のシューズは稲本。
パーマは似合わないよ中原。
髪が伸びたねゴメス。
誰だかわからなかったよ翔太。
ソンユンと仲がいいのね深井くん。
いつものとおりの前俊。
やっと本物みたよイルファン。
やっぱり上手いわ菊さん。
信頼されてる福森。
茶髪か?茶髪なのか?夢ちゃん。






あ~、これが宮の沢だわあ。










芝生の緑色の匂いがなつかしく
そして、これから始まるんだなあと。

楽しい練習見学でございました。

























で、この時ねちょいと思ったんだけど、別件で。

1万8千人のブーイングは健全だと。
こんな健全なブーイングに心折れちゃいけんと。
試合中の野次も嫌いだけど、健全だわと。
こんな野次に負けちゃいけんと。





そう、1万8千人のブーイングよりも
ひとり手を振る「彼女」の方が恐怖だということを。

















だから。
負けるなみやざー。




と、思った水曜日の練習見学。
















ではでは。
行ってきます。
(・ω・)ノ



















[PR]
by keme-0619 | 2015-03-19 08:11 | サッカー | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31