カチキルチカラ。

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ






最近、変な夢をみることが多いんです。
この間は、実家の母親が首吊り自殺する夢をみました。
離れて住んでいるはずなのに、夢の中では一緒に住んでいて、
私が1階に下りたらぶら下がってました。
驚きながらも私は冷静に母を降ろしたら、息を吹き返したという
リアル感満載の夢でした。

で、心配になって実家に電話をしたところ、生きてました(笑)

ただ、高いところを拭こうとして、台に乗っていたら
バランスを崩してちょいと落ちたそうです。
でも、大丈夫。元気だったんで一安心です。






そんな夢を見ていたので非常に疲れましたが、
週末はサッカー三昧でございました。

うちのうっちーのイベントに行き、何を喋っているのかさっぱりわからない
「ぼそぼそ内村」を堪能した後、速攻で家に帰り、J1最終戦を視聴。
次の日は、昼からJ2J3入れ替え戦、そして、J1昇格プレーオフ決勝。
と、見まくりましたわ、わたくし。
先週はJ1の降格試合と入れ替え戦とPO準決勝を。



で、思ったのが
 「勝ち切る力」って大切だということ。



雰囲気で語っておりますので、深い意味はないですね。
雰囲気。あくまでも言葉の雰囲気ですから。



「勝ち切る」

勝つことはできるのだろうけど、いざという時、ここぞという時に勝ち切れない。
それは、技術的なこと、気持ち的なこと、運、タイミングなどを全て含めているのだろうけど。

私の中では「勝ち切る」ってそういう感じ。
「勝ち切る」ことができないってなると、
より自分たちの足りない部分を露呈する感じ。
上手く言えませんがね。






では、ここでイメージしてみましょう。

「愛は勝つ」→愛は勝つんですね。
「愛は勝ち切る」→愛が何かと戦って勝ちきりますね。
「愛は勝ち抜く」→愛がトーナメントの戦いに勝ち抜くんですね。

1番強いのは愛が勝ち抜くのはずなんですが、どーも何かが足りない。
でも、「勝ち切る」となるとその1試合にかけるエネルギーの大きさ、強さが
私たちに伝わってくるのではないでしょうか。







・・・・・。



(・ω・)






そんなこたあない。
(・ω・)











ま、とにかく。
イメージというものは大切なので、コンサも勝ちきれるようなチームになっていただきたい。

と、思う今日この頃。外は雪。














で、久しぶりの時間に久しぶりに昼寝をしちゃいました。
テレビでサッカーをかけながらの寝落ちってやつですわね。

したっけ、これまた変な夢を見ました。
今度はサッカーを見に行った夢なんですが、そのサッカースタジアムが
想像のななめ45℃上を行く施設で、まるでディズニーランドのアトラクションのようでした。
いや、違う。どこかのアーティストのコンサート会場のようでもありました。
そんな場所でわたくしが試合を見ていた夢でした。

見ている途中で、席を立ったら戻る場所がわからずに
コンサート会場のようなスタジアムをあちらこちらと彷徨って
最終的には全く違う席で続きを見ているという内容。

そして、なぜかセレッソ戦。
夢の中でセレッソのユニフォームを着ていた知らない選手が挨拶してましたよ。




ちなみに、テレビでかかっていたのは「大宮 対 セレッソ」








あー、夢は疲れる。








ではでは。
(・ω・)ノ






[PR]
by keme-0619 | 2014-12-09 14:53 | なんだかんだ。 | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30