小さいことからコツコツと。

この間、テレビでやすきよの漫才を見ました。
30年前の漫才ですけど、今見ても面白い。
すんごく面白い。
ほんと、面白い。


やっぱり頂点にいた人たちは違うなあ。


天才やすしを操縦していたきよし師匠。
さすがだな。さすが、「小さいことからコツコツと」の師匠だな。

小さいことからコツコツと。
コツコツ。コツコツ。コツコツ。

10位。
9位。
そして、8位。

コツコツコツコツコツコツコツコツ・・・・・。






コツコツコツコツ上がっていく。






コンサドーレ札幌 対 湘南ベルマーレ


昇格が決まってからのチームとの対戦といいますと
昨年の神戸戦を思い出すわけです。
昇格が決まったばかりの神戸のみなさんが
モチベーションを保つことが難しかったらしく
わたくし達のコンサが勝利したわけですね。

しかし。
湘南ですからね、あのスピード感あふれるサッカーをやられると
こっちは太刀打ちできないと思ってました。
それに、前節負けているらしいので、「なにくそ!」状態で
挑んでくると思われました。

ただ、
少し。ほんの少し「もしかして・・?」なんてことを思ったわけです。




試合開始。
選手たちは走ります。

ん?
湘南ってもっと走ってたよね?
調子悪いの、今日は?

いや、きっとそれ以上にコンサが頑張ってるに違いない!

ん?
ウェリントンは?ウェリントントントン?
いないの?だから?

いや、いないけど、きっとそれ以上にコンサが頑張ってるに違いない!


すると、ホスンが蹴ったボールが都倉に渡って、どおおおおおおおん!
ヽ(^◇^*)/

祈りながら残りの前半を見ていたら
奈良さんからのボールが上里に渡って、どどどどどどおおおん!
ヽ(^◇^*)/


まさかの2-0で前半を終わる訳です。
そりゃ、信じられませんてさ。
で、一番怖い2-0ですから、
この後が怖くなってきました。


後半の長かったこと。
45分が1時間くらいに思えました。
その間、わたくしは祈りっぱなしです。
AT3分はカップヌードルです。
現地参戦でしたので、カップヌードルは作りませんでした。


終了の笛が鳴ったとき、わたくしも倒れこむかと思いました。




こんなに疲れた試合はない。
こんなに気分のいい疲れる試合はない。
けが人もでたけど、
うっちーは決めれなかったけど、
荒野も決めてくれなかったけど、

それでも今年一番の充実した試合でした。

試合前のビールも
帰宅後のビールも
それはそれは美味しく、
自分で作ったキムチ鍋は絶品で、
お腹いっぱいでした。


コツコツ勝つ。
コツコツ勝って、
コツコツ上がる。

小さいことからコツコツやっていくのさ。



ん?
もっと早くにやってれよ。
と、いう声が聞こえてきますが気にしない。
コツコツ勝って、POに行きませう!


















で、
土曜日にレバンガの試合を見て
一体感のある応援が素敵だと思ったら

この日の試合で実現しました。
残り10分くらいかどうかはわかりませんけど
「行けさ~っぽろ!」からのスティング。
ドーム全体で大きな手拍子。
すべての人がコンサを一緒に応援している。
ものすごい一体感。

しびれました。
こりゃ、しびれました。
本当にしびれました。



残りの試合は
私たちも一緒に戦いたい。


そんな札幌ドームでした。







次は、東京ヴェルディ。
がむしゃらにやってくる相手ですから
わたくし達もがむしゃらで返しましょう。

コツコツと。
コツコツと。

















勝つぞ。

















ではでは。










※補足事項

 湘南のベンチから出るA4ぐらいの紙が
 フリップ芸のごとくに見えまして
 「トツギーノか?」
 「トツギーノなのか?」
 「4,5年前のバカリズムなのか?」
 と思ったりなんだりかんだりラジバンダリ。










全部が古い。
(・ω・)
















[PR]
by keme-0619 | 2014-10-27 18:24 | サッカー | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31