仕事帰りに仕事人ナイト。

外を出るとそこは地獄絵図となっていた。

若い女の悲鳴。
泣き叫ぶ子供。
そして、逃げ惑う男たち。

暗闇に白く光る羽根はただただ不気味で、
道を進むにつれその数はどんどん増えていく。

何だ?
何なんだ?
これは何なんだ?

助けて!
助けてくれ!


襲われている。
人間たちが襲われている。



まるで、そう、ヒッチコックの「鳥」のように
人間たちが襲われているのだ。




マイマイガーの襲撃。

( ̄▽ ̄)





だが、そんな中、わたくしだけは平然と歩くのであった。


おばちゃんには、虫も寄ってこないのである。
(・ω・)ノ













あ、ども。
わたくしです。
ドームを出るとマイマイガーがわんさかいました。
マイマイガーではありませんね、マイマイガですね。
伸ばすとちょっとめんこくなりますね。




なりません。



ドームにあんなにいたマイマイガーは
北区に帰宅すると全然いませんでした。

マイマイガー。
豊平区限定なのでせうか?

もしかすると、何かしらの何かのメッセージを
わたくし達に伝えにきたのではないでせうか。





そう、やっぱりマイマイガーはわたくし達に言っていたのです。


そんなんで勝てると思うなよ、と。
お祭り騒ぎばかりしてるから、と。
あんたたちの実力なんだよ、と。

みんなしてフッワフワしてたべ?ふっわふわ。
そんなフッワフワしてるもんさ、負けるに決まってるべ?



あー。
マイマイガーにも見透かされたようです。



ふわふわしたわたくし達に喝を入れてくれたのかもしれません。
ハリーか?
そうか、ハリーだったのか?

あ、張本はこの間のワールドカップの時に
「日本ではJ2やっているからそれを報道せい」的な事を言ってくれたようで
少し、ほんの少し見直しました。









とにかく。


この負けはしっかりと皆で受け止めなければなりませぬ。
そして、一度リセットがかかったので、再度挑戦するのです。
挑戦です。
チャレンジです。

コンサドーレは挑戦者なんですから。














そして。
そして。
次こそは内村圭宏の活躍を!

内村圭宏が覚醒した時に、コンサドーレもど~んと飛び上がるんです。

きっと大丈夫。
いつも嵐が唄うけど。
きっと大丈夫。







私は内村圭宏を諦めない。












と、思った水曜日の夜。












ではでは。


[PR]
by keme-0619 | 2014-07-31 01:05 | サッカー | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30