よさこいソーランはどこへ行く。

ども。
わたくしです。
(・ω・)ノ


今、gaccoというサイトでインターネットの講義を受講中です。
無料で受けられて、テスト的なものもあって
面白そうなので申し込んだんです。

色々な講義があるんですけど、仕事でずっとやっている
「インターネット」の知識をきわめて資格的なやつやら、
試験やら受けてみようかなと。

したっけ。
ま~、奥さん。
これがちゃんと講義で。
当たり前なんですけど。
1週目のやつは適当に見てたら、テストがわからなくてねぇ。
2週目も適当にやろうとしてたらすぐに1週間がたって。

で、今日はあわてて講義を見て、テストを受けましたよ。
玉砕ですよ。
適当にやるもんじゃないということを
ひしひしと感じましたよ。

思わず昔買った「TCP/IP」の本を引っ張り出して
IPアドレスの計算方法を再度確認しました。
計算嫌いです。






そんな日曜日。


よさこいソーランの最終日でした。



昨日、娘の学校のお友達が泊まりに来て
今日、二人でファイナルを見に行きました。
あ、このお友達はゴメスの中学時代の同級生ということで
(娘は2こ上)
卒業アルバムを持ってきてくれたんですね。

ぶふ。
ぶふふ。ゴメスめんこい。


それはさておき。




数年前はよさこいが楽しみで楽しみで。
行かない年はないくらいに毎年参戦。
夢想漣えさしが好きで、いろんな場所を移動しながら見ていたもんです。

わたくしも地域のチームで3年間踊っていたので
嫌いではないんですね。
よさこいの友達もいるし。


で、今年は行くのがめんどくさいのと、
gaccoの課題をやらなきゃいけん!というのがあって
全く会場に行くことなく、ファイナルのテレビだけ録画したわけです。







結局。

南中ソーランが一番だなと思いました(爆)






ソーラン節をアレンジするのはいいのですが
アレンジしすぎて訳わからんダンス大会になってくると
すーっと熱がひいていきます。

1フレーズだけ入っていればいいので
アレンジには規制はないんですけどね。


でも、ソーラン節の魂はどこへやら。


人様にお見せするのが大好きな北海道民気質ですから
このダンス大会はとってもいい場所なんですね。
でも、それは「よさこいソーラン」という
素人参加型だから許される部分と
祭り的な部分があるんだという意識で
受け入れられるんですよ。

それが、どんどん祭り的な部分がダンス大会になってきてしまっているので
「へたくそな踊りは見てられない」となるわけです。
自意識過剰集団となりますから。





よさこいソーランとして踊りを作るなら
ソーラン節の気持ちを基本にした踊りがいいなあ。
崩しすぎるとなんだかなあ。


それをふまえると
今年のえさしの優勝は順当でしょうな。

おめでとうございます。


ただ。
えさしの踊り自体はいいのですが、
白い扇子を出すタイミングは
あれじゃない。
あのタイミングじゃない。

くるか?
くるのか?
扇子はくるのか?
と、ためて、ためて、
ためてか~ら~の~
白扇子!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


これが、ベストタイミングだと思います。


だって、このタイミングを観客は待っているのですから。





皆が求めているものを
そのとおりに与えることも大切。
与えるタイミングはもっと大切。









なんてことを思った日曜日の夜でした。













じゃ、明日は
小野伸二に会いに行ってきます!
















ではでは。
おやすみなさい。

[PR]
by keme-0619 | 2014-06-08 23:48 | なんだかんだ。 | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31