華のあるひと。品のあるひと。

どちらもわたくしには無い。
全く無い。
全然無い。

持ってない。
持てない。
持てやしない。



ところが、世の中にはやっぱりいるのだ。

華のあるひと。品のあるひと。






≪華のあるひと≫

その場にいるだけで、人を魅了する。
言葉を発するだけで、まわりの人を虜にする。

私の友人にひとり華のある人がいて
彼女と出会う人出会う人、その魅力に引きつけられて
誰もが彼女と友達になりたくなる。
そして、彼女がいるだけでその場がぱあ~っと明るくなる。

華のあるひとは私たちとは違う光を発する。


で、私は最近、更に華のある人に出会った。
野々村社長である。
とある委員会で集まった時に現れたののさんは
私たちとは違う光を放っていた。
何かが違っていた。

いや、それまでに私はたくさんののさんを見たはずだ。
テレビや
試合会場や
トークショーや
なんやかんやで。
生ののを見ていたはず。

にもかかわらず、この日に見たののさんには
今まで感じなかった華を感じた。




ああ、この人は上に立つ人間としての華があるんだ。



と、思った。
そう、社長としての華。
私が今まで勤めてきた会社の社長たちとは
絶対的な何かが違う華のある社長。



それが野々村芳和なのだ。





華のある人間だからこそ


スーツはシンプルな方がいい。
シンプルな着こなしの方がののさんの「華」が際立つ。
華のある人間に余計な飾りはいらないのだ。







だから、Jリーグラボで着たあのスーツはおやめなさい(爆)

( ̄▽ ̄)


と、いうのが本日の結論。

( ̄▽ ̄)



そして、意外にも三上GMにも華があることを知る。












≪品のあるひと≫


育ちが良いのは知っていたけど、ここまでセレブ感あふれる人だとは思わなかった。
暮らしのすべてがオシャレな雑誌から抜け出したようで
「なんでだべー」とべーべー言ってるようなわたくしの暮らしとは
高低差ありすぎ。

かといって、その品の良さと育ちの良さを鼻にかけず
気さくな感じがたくさんの人をひきつけ
たくさんの人々に囲まれる。

それが、ムッシュ都倉。
都倉賢なのである。


たくさんの人たちに囲まれる生活を見るたびに
「この人は本当に家族に愛されて育ってきたんだなあ」と思う。


そして、姿形と内面の品の良さは
家族によって培われてきたものに違いない。


全てを兼ね備え、たくさんの人々に囲まれ、
たくさんの人々に愛され、不自由なく生活している・・・。

にもかかわらず、なぜか寂しさが見えてくるのだ。
明るい彼の言動の中に寂しさが見えてくるのだ。


「なんでだべ?なんでこんなにたくさんの人に囲まれてるのに寂しく感じるだべなあ」



どこかで、こんな人を見たことがある。

そう、それは花形満だ。
高校生にして車を乗り回し
野球が上手で
お金持ちで
女の子にモテた
花形満だ。

でも、花形満にも寂しさがつきまとっていた。



なんかそんなところが似てるんだよな~。

都倉賢は花形満。



それが、本日2つ目の結論。







だから、ほら。
誰か、ご飯に誘ってあげなさい。


( ̄▽ ̄)

























もちろん異論は認めますともさ。










じゃ、おやすみ。





[PR]
by keme-0619 | 2014-04-22 00:28 | なんだかんだ。 | Comments(0)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30