トップは長崎。U-18は東雁来。

まず。

北海道で熊に出会う確率より
沖縄でハブに出会う確率の方が
何十倍も高いと思われるので、


わたくし、沖縄には住みません。
( ̄▽ ̄)







それは、さておき。







本日はトップの皆さんが長崎なので
スカパーも入っていないわたくし達は
SSAPに行くことにしました。

SSAP→札幌・・さ、さ・・サッカーぁ?・・ぷ?












ま、とにかく。

そのSSAPでプレミアリーグを見に行ってきたのですよ。

コンサドーレ札幌U-18 対 JFAアカデミー福島

高校生年代のみなさんのリーグですね。

昨年、宮の沢でU-18と栃木だったかなぁ?
その試合を見ました。
その次も見ました。
そこで、ユースの面白さを発見しましてね。
今年はSSAPに乗り込もうと決めておりました。

で、本日、娘と共に参戦してきました。
d( ̄  ̄)




東雁来は晴れていたんですけど、風が冷たくて
軽装の娘は案の定「寒い」の連発。
わたくしは、しっかりと着こみましたので
それでも寒かったですが、いつもの寒さより大丈夫でしたね。


結構たくさんのみなさんが見に来てまして、
良い環境だよなぁ、なんて思って。
試合は始まります。

前半は押され気味。
福島のみなさんが結構ボールを奪う。
そんな中、前くんの弟くんがですな、
上手いんですよねぇ。
前寛之くん。
お兄ちゃんよりワイルド感満載。
わたくし、外人さんに見えました。南米の。

でも、マークがきついのか中々ボールはゴールまではいきませぬ。

なんだかんだで後半ですよ。
今度は結構攻め気味になりまして、
なんだかんだやってたら、
平川くんがシュート!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

ええ。お父様も来ていましてよ。





良かったわねぇ。






そのまま1-0で勝ちまして一安心です。
ただ、若いのにガツガツ感が少ないかなぁ、なんて思ったり。
福島の2番の子がしゃしゃしゃしゃしゃ~って動いていたので
コンサももう少ししゃしゃしゃしゃ感が欲しいなあ、と。

擬音文となっておりますが、ご了承ください。
m(__)m





で、昨年、すんごく目を惹いた藤井くんを探したんですけど
そういえば、ケガでいませんでした。
思い出しました。ケガのはずです。

残念。
次に見るときには藤井くんが見たいですな。









試合中。
後ろ側から女性グループの解説が聞こえてきて
わたくしの知らない情報を自動的に教えてくれた感じでした。
ベテランさんの近くに座るって良いわね。
d( ̄  ̄)
そして、解説っていうか、サッカーにすんごい詳しくて
わたくし、「なるほどーなるほどー」の連発でした。

で、その女性たちの様子がなんだかデジャブだと思ったら


よさこいを見てる時のわたくしの友人達と同じだということに気が付きました。
( ̄▽ ̄)



詳しくなって
グループで観戦すると
解説したくなる。
解説しながら見たくなる。


THE 女のサガ。



















試合終了後は
苗穂ジャスコにいって
買い物しながら長崎の試合をテキストで確認。

0-0

引き分け。
頑張ったけど、頑張りきれない。
まだまだ、力は足りないけど、
このキツイ日程で、
今日の試合を0-0にしたのは良かったかも。



次節は厚別。
ロアッソ戦。
southさんには本当に申し訳ないけど、




コンサは勝つから。
勝たせていただきます。
遠くからお越しいただきますが

勝ち点はお土産にはできません。

地産地消でございます。
m(__)m




意味不明だけど。













でも、雪は降らないよね?













降ったらごめんね。
















ではでは。
(*^^)v
[PR]
Commented by aries at 2013-04-29 20:46 x
私、ユースの試合って見たことないんですよね~(>_<)
だから、東雁来も行ったことない……

ウチの若い梟たちもそこで実力をつけてトップに上がってきたんですよね~♪

機会があれば見に行きたいです=^_^=
Commented by keme-0619 at 2013-04-30 22:52
東雁来は遠かった・・・。
そして、寒かった・・・。

でも、面白かった!
o(≧∀≦o)(o≧∀≦)o


ぜひ、行ってみて!
(^_^)/
by keme-0619 | 2013-04-21 21:21 | サッカー | Comments(2)

ただの感想文です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30